144件中 81 - 90件表示
  • 星野康二

    星野康二から見た高畑勲高畑勲

    『ホーホケキョとなりの山田くん』(いしいひさいち原作、高畑勲脚色・監督、スタジオジブリ、1999年)星野康二 フレッシュアイペディアより)

  • 玉川奈々福

    玉川奈々福から見た高畑勲高畑勲

    2009年 -寺山修司原作『新宿お七』を浪曲化。写真家・森山大道を特集したNHKドキュメンタリー番組で浪曲『新宿お七』を披露。武蔵野芸能劇場でスタジオジブリの高畑勲監督原作『平成狸合戦ぽんぽこ』を浪曲化、披露。玉川奈々福 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井幸博

    荒井幸博から見た高畑勲高畑勲

    1:村川透、高畑勲、瀬川昌治、宮崎駿、崔洋一、原田眞人、山田洋次、相米慎二、根岸吉太郎、冨樫森、山川元、金子修介、土本典昭、木村大作、松井久子、近藤喜文、鈴井貴之、前田哲、阿部勉、栗山富夫、塚本晋也 他荒井幸博 フレッシュアイペディアより)

  • 山本二三

    山本二三から見た高畑勲高畑勲

    長崎県出身。東京デザイナー学院卒業後、東映系の美術スタジオを経て、日本アニメーションに入社。宮崎駿が演出した『未来少年コナン』で初の美術監督をつとめ、その後も高畑勲や宮崎駿の作品の多くに美術監督や背景として参加している。山本二三 フレッシュアイペディアより)

  • 菅野嘉則

    菅野嘉則から見た高畑勲高畑勲

    映画『平成狸合戦ぽんぽこ』から宮崎駿・高畑勲が主宰するスタジオジブリに参加(日本テレビから出向)し、『もののけ姫』ではCGディレクターとして、手描きアニメーションの世界にデジタル表現を導入した。菅野嘉則 フレッシュアイペディアより)

  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見た高畑勲高畑勲

    サタジット・レイは世界中に広く知られたインドそしてベンガルの文化的象徴である。彼の死に、コルカタ市街は悲しみに暮れ、数百数千もの人々が彼の家に集まって別れを惜しんだ。彼はや、インドでは、、、バングラデシュではや、イギリスではなどのベンガル系映画監督に広く深い影響を与えた。広範囲な活動はインド映画の発展に貢献したと、やまたらは評している。インド以外にも、サタジットの映画スタイルは黒澤明らとともに、マーティン・スコセッシ、ジェームズ・アイヴォリー、カルロス・サウラ、高畑勲ダニー・ボイルら他の映画制作者に大きな影響を与えた。グレゴリー・ナヴァ1995年の映画『』では、ラストシーンで『大樹のうた』を再現した。2005年の映画『Forty Shades of Blue』は『チャルラータ』からインスピレーションを受けて制作された。他にも、『Sacred Evil』,やディーパ・メータの「」、ジャン=リュック・ゴダールの作品にもサタジットの要素が含まれる。マイケル・スラゴーは「The Atlantic」誌にて、「1950年代中頃から若者が成人となるドラマが劇場に溢れるようになったのは、オプー三部作の存在に負うところが非常に大きい」と述べた。またこの3部作はバウンス光の技術を導入した。1962年の『カンチェンジュンガ』は後にと呼ばれる技法の先駆的存在であり、1970年の『対抗者』はネガフィルムのフラッシュバックやX線技術を用いた初期の作品である。サタジットはマドビ・ムカージとともに、インド人の映画関係者としては初めて外国(ドミニカ)発行の切手図案に姿が使われた。サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

  • グスコーブドリの伝記

    グスコーブドリの伝記から見た高畑勲高畑勲

    本作について、アニメ映画『セロ弾きのゴーシュ』を監督した高畑勲は1996年に執筆した文章で、原作における人工降雨での施肥や火山噴火を利用したCO2増加による温暖化は賢治の切実な願いに基づく科学の夢だが、現在ではそうした行為が生態系に深刻な影響をもたらすことがわかっているのに、その点を考えずに映画化したことを批判した。グスコーブドリの伝記 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎駿

    宮崎駿から見た高畑勲高畑勲

    その後、しばらくは東映動画で制作されていた作品に魅力を感じることが出来ず、漫画家への未練を断ち切れずにいたが、入社1年後に観たソ連製作長編アニメーション映画『雪の女王』に強い感銘を受け、アニメーションを一生の仕事にしようと決意した。たちまち才能を現してメインスタッフとなると共に、結成間も無い東映動画労働組合の書記長に就任する。1965年秋には、24歳で同じ東映のアニメーターの女性と結婚し、その後2人の男児をもうける。激しい組合活動を行いながら高畑勲・森康二・大塚康生らと共に3年がかりの大作、『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1965-1968年)を作り上げた。宮崎駿 フレッシュアイペディアより)

  • ロカルノ国際映画祭

    ロカルノ国際映画祭から見た高畑勲高畑勲

    2009年 - 日本のアニメ作品を特集した「Manga Impact」が開催され、アニメーション演出家の高畑勲と富野由悠季が Leopard in Honour(名誉豹賞)を受賞ロカルノ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡豊

    藤岡豊から見た高畑勲高畑勲

    アニメ制作会社東京ムービー、同じくテレコム・アニメーションフィルムの創設者である。制作部長時代に『ムーミン』を制作。第26話で当時の社長に打ち切られ、不満を持っていたそうである。因みに『ムーミン』の跡継ぎは、虫プロダクションであった。その後は東京ムービーの社長として『巨人の星』『ルパン三世』など、数々のアニメの製作を手がけた。国際放映、三協映画では実写映画の製作者としても名を連ねた。野心的な企画と巧みな勧誘で、長浜忠夫、大隅正秋、宮崎駿、高畑勲、大塚康生、楠部大吉郎ら優秀なクリエイターを東京ムービーへ招くことに成功。東京ムービー作品を制する制作会社として楠部が設立したAプロダクションは後のシンエイ動画となった。藤岡豊 フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「高畑勲」のニューストピックワード