115件中 91 - 100件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見たキリクと魔女

    近年は、講演活動やフランスのミッシェル・オスロ監督の長編アニメーション映画「キリクと魔女」などの一連の作品の日本語版の字幕翻訳・演出に従事。さらに原作本の翻訳も手がけている。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たドキュメンタリー映画

    2012年、ドキュメンタリー映画「いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜」(出演)公開。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た映画監督

    高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、プロデューサー、翻訳家。別名義として武元 哲(たけもと てつ)を使用したこともある。株式会社スタジオジブリ所属、畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たパンダ・コパンダ

    その後、宮崎駿らと共にAプロダクションに移籍、ルパン三世・第一シリーズ後半パートの演出を宮崎と共に担当し後のルパンシリーズの原型を作り上げた。また、映画「パンダ・コパンダ」「パンダ・コパンダ 雨降りサーカスの巻」の監督を務めた。この作品は脚本の宮崎駿のアイデアが存分に盛り込まれ「となりのトトロ」のルーツとされる。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た徳間記念アニメーション文化財団

    高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、プロデューサー、翻訳家。別名義として武元 哲(たけもと てつ)を使用したこともある。株式会社スタジオジブリ所属、畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たオープニングアニメーション

    1969年 1970年 もーれつア太郎 (演出)(カラー版OP/ED演出も担当)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たアパッチ野球軍

    1959年3月、東京大学卒業。4月、東映動画に演出助手として入社。「安寿と厨子王丸」「鉄ものがたり」「わんぱく王子の大蛇退治」「狼少年ケン」「太陽の王子ホルスの大冒険」「ひみつのアッコちゃん」「ゲゲゲの鬼太郎(第1作)、(第2作)」「もーれつア太郎」 「アパッチ野球軍」などに参加。東映動画労働組合で副委員長に就き、仕事では無く組合運動を通じ宮崎駿と知り合い親交を深める。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た配給収入

    同じスタジオジブリで映画を製作する関係だが、興業成績では高畑は宮崎の監督作品に遠く及ばない。ジブリでの監督作品では最も高いのが「平成狸合戦ぽんぽこ」が配給収入26.5億円であり、宮崎の「千と千尋の神隠し」の興行収入304億円とは桁違いの差をつけられている。「ホーホケキョとなりの山田くん」は、当時ジブリの親会社だった徳間書店社長の徳間康快が東宝と「ケンカ」してしまったため、東宝よりも配給力で劣っていた松竹で配給せざるを得なくなった。これが原因となって制作費に20億円以上かけながら、興行収入16億円弱・配給収入8億円弱という失敗(松竹は60億円の興行収入を見込んでいた)に終わり、かえって赤字が膨らむことになった。以後、高畑は次の新作まで14年を要することとなった。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たアニメーション

    アニメーション以外にも、人形劇の演出も手がけている。「おもひでぽろぽろ」をつくる前に、しかたしん原作の『国境』をもとにして、日本による中国への侵略戦争、加害責任を問う企画を進めていたが、1989年に起きた天安門事件の影響で企画が流れた。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たホーホケキョとなりの山田くん

    しかしながら制作のスピードに関しては、宮崎が「パクさんはナマケモノの子孫です」と譬えるほど遅筆である。「太陽の王子 ホルスの大冒険」では、製作の遅れの責任を取って、プロデューサーが何度も交代するほどであった。「ホーホケキョとなりの山田くん」では「製作は順調に遅れています」という異色の予告編が製作された。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

115件中 91 - 100件表示

「高畑勲」のニューストピックワード