144件中 11 - 20件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見た富野由悠季

    ズイヨー映像(のちに日本アニメーションに改組)に移籍し、『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』の演出を担当、海外ロケハンや徹底的に調べ上げた資料を元に生活芝居を中心としたリアリズムあふれるアニメを構築した。場面設計だった宮崎駿、絵コンテを担当していた富野喜幸に与えた影響は大きい。『未来少年コナン』では数話のコンテ・演出を担当し、初監督で苦しむ宮崎駿をアシストした。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たかぐや姫の物語

    2009年10月、高畑の新作が日本の古典『竹取物語』を原作に、『鳥獣戯画』のようなタッチで描いた作品であることが報じられた。2010年1月には、高畑のコメントも含んだ形で『週刊文春』で紹介される。この中で高畑は「ストーリーは変えずに印象が全く違う作品にしたいと思っています。なかなか進まなくてだいぶ先になっちゃうかもしれませんが」と語った。高畑が述べたように制作には時間を要し、約3年が経過した2012年12月になって、スタジオジブリは『かぐや姫の物語』のタイトルで2013年夏に公開予定であることを正式に発表した。しかし2013年2月になり、制作の遅れから公開予定が2013年秋に延期されることが発表され、同年11月23日に公開された。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た日本テレビ放送網

    予算管理については甘いと指摘されている。特に、『柳川堀割物語』を監督した際には、高畑が巨額の製作費をつぎ込んだため、宮崎駿が調達した資金だけでは足りず、結果的に宮崎が自宅を抵当に入れざるを得なくなるという騒動が起きている。この『柳川堀割物語』騒動について、鈴木敏夫は「高畑さんはプロデューサーとしては予算管理ができても、自分が監督となると際限なくお金を使ってしまう」と指摘している。また、製作費50億円という日本映画としては破格の予算をつぎこんだ『かぐや姫の物語』の完成報告会見では、自ら「お金も時間もたくさんかけてやっと完成した。お金のことは考えずに作っちゃうのですが、できてしまうと、後はどう回収するか。問題はそればかり」と述べた。『かぐや姫の物語』にこれだけの製作費を投入できたのは、高畑の監督作品、とりわけ『ホーホケキョ となりの山田くん』を気に入った日本テレビ会長(当時)の氏家齊一郎が、「高畑さんの新作を見たい。大きな赤字を生んでも構わない。金はすべて俺が出す。俺の死に土産だ」という意向で製作を要請し、氏家の逝去後もそのパトロンとしての遺志が尊重されたことが要因であると鈴木敏夫は述べている。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た新潮社

    宮崎駿・鈴木伸一・おかだえみこ『アニメの世界 とんぼの本』(新潮社 1988年)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た岩波書店

    『漫画映画(アニメーション)の志―「やぶにらみの暴君」と「王と鳥」』(岩波書店 2007年)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た大塚康生

    趣味は音楽鑑賞と勉強。音楽に関しては特に造詣が深く、ピアノも弾け、譜面も読めるが、大塚康生によるとあまりそのことを表に出さないという。『かぐや姫の物語』では挿入歌である「わらべ唄」「天女の唄」を作曲している。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た小田部羊一

    1971年6月10日、宮崎駿、小田部羊一と共にAプロダクション(現・シンエイ動画)へ移籍。『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』『パンダコパンダ』『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』『荒野の少年イサム』に参加。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たジャック・プレヴェール

    上京した大学生時代にフランスの詩人・脚本家であるジャック・プレヴェールの作品と出会い、影響を受け後に彼の名詩集《Paroles》(邦訳題名『ことばたち』)の日本初完訳(2004年)という仕事を行う。また、フランスの長編アニメーション映画でプレヴェールが脚本を執筆した『王と鳥』の字幕翻訳も手がけた。『紅の豚』の劇場用パンフレットではさくらんぼの実る頃(原題: Le Temps des cerises)の訳詞を載せている。東京大学文学部仏文科卒業。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たとなりのトトロ

    その後、宮崎駿らと共にAプロダクションに移籍、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』後半パートの演出を宮崎と共に担当し、のちのルパンシリーズの原型を作り上げた。また、映画『パンダ・コパンダ』『パンダ・コパンダ 雨降りサーカスの巻』の演出を務めた。この作品は脚本の宮崎駿のアイデアが存分に盛り込まれ『となりのトトロ』のルーツとされる。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たじゃりン子チエ

    1980年、『赤毛のアン』が終わりのんびりしていた高畑のもとに、漫画『じゃりン子チエ』の映画化の企画が持ち込まれた。高畑は原作を熟読した上で「やってみたい」と返事し、その後、大阪の下町へのロケハンも敢行した。1981年に公開された映画は、非常に制約の多い中で制作されたにもかかわらず、興行的にも成功した。その後、TV版が制作されることになり、再び高畑の元へと依頼が来る。この時、高畑は引き受ける条件として、映画版で主役・竹本チエを務めた中山千夏、準主役・竹本テツを務めた西川のりおを起用すること、それ以外の声優に関しても、ナチュラルな大阪弁が話せる声優を起用すること、という条件を出したが、制作側がその条件を呑み、チーフディレクターを務めることとなった。高畑自身、この作品を非常に気に入っており、別名を使ってコンテを切ったり演出をしている。その時に使っていた別名は、本作で西川のりおが演じた竹本テツをもじった「武元哲」である。『チエ』が公開された1981年にテレコム・アニメーションフィルムへ移籍した。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「高畑勲」のニューストピックワード