115件中 21 - 30件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見た叶精二

    『王と鳥 スタジオジブリの原点』大塚康生,叶精二,藤本一勇共著 大月書店 2006高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たしかたしん

    アニメーション以外にも、人形劇の演出も手がけている。「おもひでぽろぽろ」をつくる前に、しかたしん原作の『国境』をもとにして、日本による中国への侵略戦争、加害責任を問う企画を進めていたが、1989年に起きた天安門事件の影響で企画が流れた。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たユーリ・ノルシュテイン

    ロシアのアニメ作家ユーリ・ノルシュテインとも交流があり、ノルシュテインの代表作『話の話』の研究書(徳間書店)も刊行している。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た大隅正秋

    1971年 ルパン三世 (TV第1シリーズ) (演出)(大隅正秋降板後、宮崎と共に「Aプロダクション演出グループ」名義で参加)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た小田部羊一

    1971年6月10日、宮崎駿、小田部羊一と共にAプロダクション(現シンエイ動画)へ移籍。「ルパン三世 (TV第1シリーズ)」「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」「荒野の少年イサム」に参加。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た徳間康快

    同じスタジオジブリで映画を製作する関係だが、興業成績では高畑は宮崎の監督作品に遠く及ばない。ジブリでの監督作品では最も高いのが「平成狸合戦ぽんぽこ」が配給収入26.5億円であり、宮崎の「千と千尋の神隠し」の興行収入304億円とは桁違いの差をつけられている。「ホーホケキョとなりの山田くん」は、当時ジブリの親会社だった徳間書店社長の徳間康快が東宝と「ケンカ」してしまったため、東宝よりも配給力で劣っていた松竹で配給せざるを得なくなった。これが原因となって制作費に20億円以上かけながら、興行収入16億円弱・配給収入8億円弱という失敗(松竹は60億円の興行収入を見込んでいた)に終わり、かえって赤字が膨らむことになった。以後、高畑は次の新作まで14年を要することとなった。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た鈴木伸一

    (宮崎駿・鈴木伸一・おかだえみこ)『アニメの世界』(とんぼの本 新潮社 1988年)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た奈良美智

    プレヴェール『鳥への挨拶』編訳(ぴあ 2006年 奈良美智絵) 高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た土光敏夫

    三重県宇治山田市(のちの伊勢市)出身。父は、岡山県の教育制度発展に尽力し、第4代経団連会長土光敏夫らと共に岡山県で初めての名誉県民に選ばれた元岡山県教育長・高畑浅次郎で1、7人兄弟の末っ子。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た三鷹の森ジブリ美術館

    高畑は「となりのトトロ」について、「子供たちは森にトトロがいる可能性を感じられるようになった」と評価している。また、宮崎が基本設計した「三鷹の森ジブリ美術館」を激賞し、その建築的意義を称えている。また、宮崎は、その三鷹の森ジブリ美術館で開催された「アルプスの少女ハイジ展」で、高畑の演出を評価しながら詳細な解説を行ったり、「千と千尋の神隠し」の制作の際には、視点がずっと千尋を追うことに対し「パクさん(高畑)に怒られるな」とぼやいていたという。これは演出に際し、そういうことだけは絶対にやるなと高畑に教わったためである。鈴木敏夫によると、宮崎が一番自分の作品を見せたい相手は高畑で、宮崎が見る夢にはいつも高畑しか出てこないと話したことがあるという。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

115件中 21 - 30件表示

「高畑勲」のニューストピックワード