144件中 41 - 50件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見た岡山市

    1935年(昭和10年)、三重県宇治山田市(現・伊勢市)で、高畑浅次郎の7人目の末子として生まれる。1943年(昭和18年)に浅次郎が岡山一中校長となり、岡山市へ転居。1954年(昭和29年)3月、新制の岡山県立岡山朝日高等学校を卒業。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た柳川市

    その後、宮崎が監督する『風の谷のナウシカ』に参加しプロデューサーを務める。この『風の谷のナウシカ』が成功を収めたことから、宮崎はこの映画で得た資金を有意義に使いたいと考え、今度は高畑が監督する映画を製作しようと提案した。その結果、水の都福岡県柳川市の風情をとらえた映画『柳川堀割物語』を撮影することになり、高畑が脚本・監督を務め、宮崎の個人事務所「二馬力」が製作を担当した。しかし、高畑があまりにも巨額な製作費を費やしたため、宮崎が用意した資金を全て使い果たした挙句、宮崎の自宅を抵当に入れざるを得ない事態となった。困惑した宮崎は徳間書店の鈴木敏夫に相談し、『柳川堀割物語』の製作費を回収するには、新作アニメーション映画を製作しその収入で賄うしかないとの結論に至る。その後、宮崎と鈴木は新作映画『天空の城ラピュタ』の製作を目指し奔走することになる。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たひみつのアッコちゃん

    1959年3月、東京大学卒業。4月、東映動画に演出助手として入社。『安寿と厨子王丸』『鉄ものがたり』『わんぱく王子の大蛇退治』『狼少年ケン』『太陽の王子ホルスの大冒険』『ひみつのアッコちゃん』『ゲゲゲの鬼太郎(第1作)、(第2作)』『もーれつア太郎』『アパッチ野球軍』などに参加。東映動画労働組合で副委員長に就き、組合運動を通じ宮崎駿と知り合い親交を深める。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たドラえもん

    1977年、Aプロダクション時代に面識のあった楠部三吉郎がシンエイ動画での『ドラえもん』の再アニメ化を原作者の藤本弘(藤子・F・不二雄)に持ち込み、藤本から「どうやって『ドラえもん』を見せるのか、教えてもらえませんか」と問われた際に、楠部は高畑の自宅を訪れ『ドラえもん』の単行本を読ませた上で、企画書の執筆を依頼した。高畑は目にした『ドラえもん』を「子供の心をぐいっとつかまえる力がある」と絶賛した上で企画書を書き、数日後に楠部と二人で藤本を訪れると、企画書を読んだ藤本はアニメ化を承諾したという。楠部は高畑を『ドラえもん』の「恩人のひとり」と記している。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たナマケモノ

    しかしながら制作のスピードに関しては、宮崎が「パクさんはナマケモノの子孫です」と譬えるほど遅筆である。『太陽の王子 ホルスの大冒険』では、製作の遅れの責任を取って、プロデューサーが何度も交代するほどであった。『ホーホケキョとなりの山田くん』では「製作は順調に遅れています」という異色の予告編がつくられた。『かぐや姫の物語』がいったん『風立ちぬ』と同日公開とされたのは、制作作業の遅れ(絵コンテの進捗が1ヶ月で2分相当で、企画から5年経過の時点で30分しか完成しなかった)に業を煮やしたプロデューサーの西村義明が鈴木敏夫と相談の末、高畑を奮起させて進捗を回復させるために打った「大博打」だったという。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た三鷹の森ジブリ美術館

    高畑は『となりのトトロ』について、「子供たちは森にトトロがいる可能性を感じられるようになった」と評価している。また、宮崎が基本設計した「三鷹の森ジブリ美術館」を激賞し、その建築的意義を称えている。また、宮崎は、その三鷹の森ジブリ美術館で開催された「アルプスの少女ハイジ展」で、高畑の演出を評価しながら詳細な解説を行ったり、『千と千尋の神隠し』の制作の際には、視点がずっと千尋を追うことに対し「パクさん(高畑)に怒られるな」とぼやいていたという。これは演出に際し、そういうことだけは絶対にやるなと高畑に教わったためである。鈴木敏夫によると、宮崎が一番自分の作品を見せたい相手は高畑で、宮崎が見る夢にはいつも高畑しか出てこないと話したことがあるという。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た日本共産党

    組合活動以来の縁で選挙では一貫して日本共産党を支持している。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た鳥獣戯画

    2009年10月、高畑の新作が日本の古典『竹取物語』を原作に、『鳥獣戯画』のようなタッチで描いた作品であることが報じられた。2010年1月には、高畑のコメントも含んだ形で『週刊文春』で紹介される。この中で高畑は「ストーリーは変えずに印象が全く違う作品にしたいと思っています。なかなか進まなくてだいぶ先になっちゃうかもしれませんが」と語った。高畑が述べたように制作には時間を要し、約3年が経過した2012年12月になって、スタジオジブリは『かぐや姫の物語』のタイトルで2013年夏に公開予定であることを正式に発表した。しかし2013年2月になり、制作の遅れから公開予定が2013年秋に延期されることが発表され、同年11月23日に公開された。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た日本大学

    高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。日本大学芸術学部講師、学習院大学大学院人文科学研究科主任研究員などを歴任、紫綬褒章受章。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た校長

    1935年(昭和10年)、三重県宇治山田市(現・伊勢市)で、高畑浅次郎の7人目の末子として生まれる。1943年(昭和18年)に浅次郎が岡山一中校長となり、岡山市へ転居。1954年(昭和29年)3月、新制の岡山県立岡山朝日高等学校を卒業。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

144件中 41 - 50件表示

「高畑勲」のニューストピックワード