115件中 41 - 50件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見た瑞鷹 (アニメ制作会社)

    ズイヨー映像(のちに日本アニメーションに改組)に移籍「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」の演出を担当、海外ロケハンや徹底的に調べ上げた資料を元に生活芝居を中心としたリアリズムあふれるアニメを構築した。場面設計だった宮崎駿、絵コンテを担当していた富野由悠季に与えた影響は大きい。「未来少年コナン」では初監督で苦しむ宮崎駿を演出としてアシストした。のちにテレコム・アニメーションフィルムへ移籍。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た平成狸合戦ぽんぽこ

    日本で長編のアニメーション映画が本格的に製作されるようになった最初期から、制作に携わってきた演出家である。「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」「じゃりン子チエ」「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの演出、監督などで知られる。別名義にテレビ版「じゃりン子チエ」の演出時に使った武元哲(たけもと てつ)がある。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た赤毛のアン (アニメ)

    日本で長編のアニメーション映画が本格的に製作されるようになった最初期から、制作に携わってきた演出家である。「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」「じゃりン子チエ」「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの演出、監督などで知られる。別名義にテレビ版「じゃりン子チエ」の演出時に使った武元哲(たけもと てつ)がある。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たアルプスの少女ハイジ (アニメ)

    日本で長編のアニメーション映画が本格的に製作されるようになった最初期から、制作に携わってきた演出家である。「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」「じゃりン子チエ」「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの演出、監督などで知られる。別名義にテレビ版「じゃりン子チエ」の演出時に使った武元哲(たけもと てつ)がある。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たおもひでぽろぽろ

    1988年「火垂るの墓」の監督をつとめる。公開時点で清太が野菜泥棒をして捕まる場面など未完成のシーンが残ったままとなり、わずかながらも未完成のままでの劇場公開という不祥事に、いったんアニメ演出家廃業を決意したが、後に宮崎駿の後押しを受けて1991年に『おもひでぽろぽろ』で監督に復帰している。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た柳川堀割物語

    その後、宮崎が監督する『風の谷のナウシカ』に参加しプロデューサーを務める。この『風の谷のナウシカ』は成功を収めたことから、宮崎はこの映画で得た資金を有意義に使いたいと考え、今度は高畑が監督する映画を製作しようと提案した。その結果、水の都福岡県柳川市の風情をとらえた映画『柳川堀割物語』を撮影することになり、高畑が脚本・監督を務め、宮崎の個人事務所「二馬力」が製作を担当した。しかし、高畑があまりにも巨額な製作費を費やしたため、宮崎が用意した資金を全て使い果たした挙句、宮崎の自宅を抵当に入れざるを得ない事態となった。困惑した宮崎は徳間書店の鈴木敏夫に相談し、『柳川堀割物語』の製作費を回収するには、新作アニメーション映画を製作しその収入で賄うしかないとの結論に至る。その後、宮崎と鈴木は新作映画『天空の城ラピュタ』の製作を目指し奔走することになる。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た母をたずねて三千里

    日本で長編のアニメーション映画が本格的に製作されるようになった最初期から、制作に携わってきた演出家である。「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」「じゃりン子チエ」「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの演出、監督などで知られる。別名義にテレビ版「じゃりン子チエ」の演出時に使った武元哲(たけもと てつ)がある。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た太陽の王子 ホルスの大冒険

    長編アニメ映画「やぶにらみの暴君」(「王と鳥」の原型)に感銘を受けて、アニメ業界入りを決意。大学卒業後に東映動画に入社。「わんぱく王子の大蛇退治」で演出助手になり、テレビアニメ「狼少年ケン」で演出デビュー。その仕事ぶりを認められ、長編アニメ「太陽の王子 ホルスの大冒険」の演出(≒監督)に抜擢される。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た天空の城ラピュタ

    その後、宮崎が監督する『風の谷のナウシカ』に参加しプロデューサーを務める。この『風の谷のナウシカ』は成功を収めたことから、宮崎はこの映画で得た資金を有意義に使いたいと考え、今度は高畑が監督する映画を製作しようと提案した。その結果、水の都福岡県柳川市の風情をとらえた映画『柳川堀割物語』を撮影することになり、高畑が脚本・監督を務め、宮崎の個人事務所「二馬力」が製作を担当した。しかし、高畑があまりにも巨額な製作費を費やしたため、宮崎が用意した資金を全て使い果たした挙句、宮崎の自宅を抵当に入れざるを得ない事態となった。困惑した宮崎は徳間書店の鈴木敏夫に相談し、『柳川堀割物語』の製作費を回収するには、新作アニメーション映画を製作しその収入で賄うしかないとの結論に至る。その後、宮崎と鈴木は新作映画『天空の城ラピュタ』の製作を目指し奔走することになる。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た狼少年ケン

    長編アニメ映画「やぶにらみの暴君」(「王と鳥」の原型)に感銘を受けて、アニメ業界入りを決意。大学卒業後に東映動画に入社。「わんぱく王子の大蛇退治」で演出助手になり、テレビアニメ「狼少年ケン」で演出デビュー。その仕事ぶりを認められ、長編アニメ「太陽の王子 ホルスの大冒険」の演出(≒監督)に抜擢される。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

115件中 41 - 50件表示

「高畑勲」のニューストピックワード