115件中 51 - 60件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見たフランダースの犬 (アニメ)

    1973年、宮崎駿、小田部羊一と共にズイヨー映像(現日本アニメーション)へ移籍。「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「ペリーヌ物語」などに参加。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たセロ弾きのゴーシュ

    1982年、「セロ弾きのゴーシュ」(脚本・監督)公開。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た王と鳥

    東京大学文学部仏文科卒業。学生時代からフランスの詩人・脚本家であるジャック・プレヴェールの作品を愛好し影響を受けており、彼の名詩集《Paroles》(邦訳題名『ことばたち』)の日本初完訳(2004年)という仕事も行っている(フランスの長編アニメーション映画でプレヴェールが脚本を執筆した「王と鳥」の字幕翻訳も手がけた)。「紅の豚」の劇場用パンフレットではさくらんぼの実る頃(原題: Le Temps des cerises)の訳詞を載せている。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た千と千尋の神隠し

    高畑は「となりのトトロ」について、「子供たちは森にトトロがいる可能性を感じられるようになった」と評価している。また、宮崎が基本設計した「三鷹の森ジブリ美術館」を激賞し、その建築的意義を称えている。また、宮崎は、その三鷹の森ジブリ美術館で開催された「アルプスの少女ハイジ展」で、高畑の演出を評価しながら詳細な解説を行ったり、「千と千尋の神隠し」の制作の際には、視点がずっと千尋を追うことに対し「パクさん(高畑)に怒られるな」とぼやいていたという。これは演出に際し、そういうことだけは絶対にやるなと高畑に教わったためである。鈴木敏夫によると、宮崎が一番自分の作品を見せたい相手は高畑で、宮崎が見る夢にはいつも高畑しか出てこないと話したことがあるという。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たペリーヌ物語

    1973年、宮崎駿、小田部羊一と共にズイヨー映像(現日本アニメーション)へ移籍。「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「ペリーヌ物語」などに参加。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たののちゃん

    1999年、「ホーホケキョとなりの山田くん」(脚本・監督)公開。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た紫綬褒章

    三重県宇治山田市(のちの伊勢市)出身。東京大学文学部仏文科卒業。紫綬褒章受章。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たルパン三世 (TV第1シリーズ)

    1971年6月10日、宮崎駿、小田部羊一と共にAプロダクション(現シンエイ動画)へ移籍。「ルパン三世 \(TV第1シリーズ\)」「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」「荒野の少年イサム」に参加。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た文学部

    三重県宇治山田市(のちの伊勢市)出身。東京大学文学部仏文科卒業。紫綬褒章受章。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た未来少年コナン

    ズイヨー映像(のちに日本アニメーションに改組)に移籍「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」の演出を担当、海外ロケハンや徹底的に調べ上げた資料を元に生活芝居を中心としたリアリズムあふれるアニメを構築した。場面設計だった宮崎駿、絵コンテを担当していた富野由悠季に与えた影響は大きい。「未来少年コナン」では初監督で苦しむ宮崎駿を演出としてアシストした。のちにテレコム・アニメーションフィルムへ移籍。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

115件中 51 - 60件表示

「高畑勲」のニューストピックワード