144件中 51 - 60件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見た週刊文春

    2009年10月、高畑の新作が日本の古典『竹取物語』を原作に、『鳥獣戯画』のようなタッチで描いた作品であることが報じられた。2010年1月には、高畑のコメントも含んだ形で『週刊文春』で紹介される。この中で高畑は「ストーリーは変えずに印象が全く違う作品にしたいと思っています。なかなか進まなくてだいぶ先になっちゃうかもしれませんが」と語った。高畑が述べたように制作には時間を要し、約3年が経過した2012年12月になって、スタジオジブリは『かぐや姫の物語』のタイトルで2013年夏に公開予定であることを正式に発表した。しかし2013年2月になり、制作の遅れから公開予定が2013年秋に延期されることが発表され、同年11月23日に公開された。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たアニー賞

    アニー賞 高畑勲 ウィンザー・マッケイ賞 受賞映像。(代理出席、ジブリ海外事業担当 ジェフリー・ウェクスラー)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たオープロダクション

    同じ時期に、オープロダクションが自主制作で手がけた『セロ弾きのゴーシュ』の監督も担当し、5年を費やして1981年に完成(劇場公開は1982年)した作品は毎日映画コンクールの大藤信郎賞を受賞した。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た東京ムービー

    『じゃりン子チエ』に前後して、当時テレコム・アニメーションフィルム(および親会社である東京ムービー)が社運をかけて取り組んでいた日米合作の劇場大作『NEMO/ニモ』に参加する。いったんは日本側の監督にノミネートされたが、制作体制の問題から1983年に降板し、テレコム・アニメーションフィルムを退社する(宮崎駿は一足先に退社していた)。『NEMO/ニモ』製作のための渡米時にフレデリック・バックの作品『クラック!』に出合い感銘を受けている。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たトップクラフト

    『風の谷のナウシカ』を制作したトップクラフトは既に解散していたため、宮崎駿と鈴木敏夫は『天空の城ラピュタ』を制作してくれるアニメーションスタジオを探していた。そのとき、高畑が「ならいっそのことスタジオを作ってしまいませんか」と宮崎、鈴木らに提案した。これを受け、1985年、徳間書店が宮崎らの映画製作のためスタジオジブリを設立した。高畑も宮崎に請われてスタジオジブリに参加したが、高畑は「作り手は経営の責任を背負うべきではない」と主張し役員への就任を辞退した。、経営に関わる役職には就いていない。また、ジブリとは別に高畑個人の様々な窓口的事務を行う畑事務所を持つ。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た大月書店

    大塚康生・叶精二・藤本一勇『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店 2006年)高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たおもひでぽろぽろ

    1988年『火垂るの墓』の監督をつとめる。公開時点で清太が野菜泥棒をして捕まる場面など未完成のシーンが残ったままとなり、わずかながらも未完成のままでの劇場公開という不祥事に、いったんアニメ演出家廃業を決意したが、後に宮崎駿の後押しを受けて1991年に『おもひでぽろぽろ』で監督に復帰している。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た平成狸合戦ぽんぽこ

    同じスタジオジブリで映画を制作する関係だが、興行成績では高畑は宮崎の監督作品に遠く及ばない。ジブリでの監督作品では最も高いのが『平成狸合戦ぽんぽこ』が配給収入26.5億円であり、宮崎の『千と千尋の神隠し』の興行収入308億円とは桁違いの差をつけられている。『ホーホケキョとなりの山田くん』は、当時ジブリの親会社だった徳間書店社長の徳間康快が東宝と「ケンカ」してしまったため、東宝よりも配給力で劣っていた松竹で配給せざるを得なくなった。これが原因となって製作費に20億円以上かけながら、興行収入16億円弱・配給収入8億円弱という失敗(松竹は60億円の興行収入を見込んでいた)に終わり、かえって赤字が膨らむことになった。以後、高畑は次の新作まで14年を要することとなった。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たののちゃん

    1999年公開の『ホーホケキョ となりの山田くん』のあとは、10年以上公開作品がなかった。鈴木敏夫は2007年6月のTV番組において、なるべく早く高畑勲に映画を撮らせたいと語った。ただ高畑の場合自分で絵を描くことが出来ないので、彼のイメージを具現化できるアニメーターが必要になるのでその点が難しいが、何とかすると述べた。鈴木は実際に脚本段階まで進んでいる企画が複数あると明かした。2008年に高畑が新作長編を製作していることがアナウンスされた。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た赤毛のアン (アニメ)

    ズイヨー映像(のちに日本アニメーションに改組)に移籍し、『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』の演出を担当、海外ロケハンや徹底的に調べ上げた資料を元に生活芝居を中心としたリアリズムあふれるアニメを構築した。場面設計だった宮崎駿、絵コンテを担当していた富野喜幸に与えた影響は大きい。『未来少年コナン』では数話のコンテ・演出を担当し、初監督で苦しむ宮崎駿をアシストした。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

144件中 51 - 60件表示

「高畑勲」のニューストピックワード