115件中 71 - 80件表示
  • 高畑勲

    高畑勲から見た文化庁

    文化庁優秀映画『火垂るの墓』高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た興行収入

    同じスタジオジブリで映画を製作する関係だが、興業成績では高畑は宮崎の監督作品に遠く及ばない。ジブリでの監督作品では最も高いのが「平成狸合戦ぽんぽこ」が配給収入26.5億円であり、宮崎の「千と千尋の神隠し」の興行収入304億円とは桁違いの差をつけられている。「ホーホケキョとなりの山田くん」は、当時ジブリの親会社だった徳間書店社長の徳間康快が東宝と「ケンカ」してしまったため、東宝よりも配給力で劣っていた松竹で配給せざるを得なくなった。これが原因となって制作費に20億円以上かけながら、興行収入16億円弱・配給収入8億円弱という失敗(松竹は60億円の興行収入を見込んでいた)に終わり、かえって赤字が膨らむことになった。以後、高畑は次の新作まで14年を要することとなった。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た日本

    高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、プロデューサー、翻訳家。別名義として武元 哲(たけもと てつ)を使用したこともある。株式会社スタジオジブリ所属、畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たもーれつア太郎

    1959年3月、東京大学卒業。4月、東映動画に演出助手として入社。「安寿と厨子王丸」「鉄ものがたり」「わんぱく王子の大蛇退治」「狼少年ケン」「太陽の王子ホルスの大冒険」「ひみつのアッコちゃん」「ゲゲゲの鬼太郎(第1作)、(第2作)」「もーれつア太郎」 「アパッチ野球軍」などに参加。東映動画労働組合で副委員長に就き、仕事では無く組合運動を通じ宮崎駿と知り合い親交を深める。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た名誉県民

    三重県宇治山田市(のちの伊勢市)出身。父は、岡山県の教育制度発展に尽力し、第4代経団連会長土光敏夫らと共に岡山県で初めての名誉県民に選ばれた元岡山県教育長・高畑浅次郎で1、7人兄弟の末っ子。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たパンダコパンダ

    1971年6月10日、宮崎駿、小田部羊一と共にAプロダクション(現シンエイ動画)へ移籍。「ルパン三世 (TV第1シリーズ)」「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」「荒野の少年イサム」に参加。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たNEMO/ニモ

    1983年、「NEMO/ニモ」の準備作業をするが米国側と意見が合わず演出を降板。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たリトル・ニモ

    1982年 ニモ/NEMO (日本側演出) ※1983年3月12日に降板高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見た絵巻物

    『十二世紀のアニメーション―国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの』徳間書店、1999 ISBN 978-4-19-860971-9高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たフランス

    東京大学文学部仏文科卒業。学生時代からフランスの詩人・脚本家であるジャック・プレヴェールの作品を愛好し影響を受けており、彼の名詩集《Paroles》(邦訳題名『ことばたち』)の日本初完訳(2004年)という仕事も行っている(フランスの長編アニメーション映画でプレヴェールが脚本を執筆した「王と鳥」の字幕翻訳も手がけた)。「紅の豚」の劇場用パンフレットではさくらんぼの実る頃(原題: Le Temps des cerises)の訳詞を載せている。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示

「高畑勲」のニューストピックワード