290件中 41 - 50件表示
  • 高知県

    高知県から見た紀貫之

    平安時代には、土佐は日本国の辺境とされてきた。934年 紀貫之解任され帰京(土佐日記成る) 紀貫之の名著『土佐日記』は、女性に仮託された主人公の家族が国司としての勤めを終え京に帰る旅立ちの場面から始まる。高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た橋本大二郎

    第6代 橋本大二郎:1991年(平成3年)12月7日 - 2004年(平成16年)10月12日、2004年(平成16年)12月1日 - 2007年(平成19年)12月6日・4期高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た板垣退助

    高知市内:坂本龍馬、板垣退助、濱口雄幸、後藤象二郎、福岡孝弟、山内容堂、武市半平太、植木枝盛、大町桂月ら幕末〜明治に活躍した人物の生誕地、邸宅跡など高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た大町桂月

    高知市内:坂本龍馬、板垣退助、濱口雄幸、後藤象二郎、福岡孝弟、山内容堂、武市半平太、植木枝盛、大町桂月ら幕末〜明治に活躍した人物の生誕地、邸宅跡など高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た中岡慎太郎

    山内氏は江戸時代を通じて土佐一国を支配した。「土佐藩」では江戸時代初期に野中兼山、末期には吉田東洋などの名家老が出て藩政を行った。武士同士でも「上士」対「下士」といったように厳しい階級社会が形成された中で、幕末には下層階級の『郷士』から坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎らの志士が国許や京都で活躍し、討幕(倒幕運動)の流れを作った。当初は討幕に反対していた藩上層部も最終的には幕府を見限り、山内容堂の指示で後藤象二郎が『大政奉還』案を江戸幕府(徳川慶喜第15代将軍)に提出し、1603年(慶長8年)以降260年余りに及ぶ徳川氏による武家政権に終止符を打たせるきっかけを投じた。鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争)以後は『薩長土肥』の一員として明治維新の実現に貢献した。高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た山内一豊

    関ヶ原の戦いで西側についた長宗我部氏は領地を召し上げられ、代わりに掛川から移った山内一豊が土佐一国を支配した。その際に『一領具足』は全て武士以下の『郷士』となった。高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た濱口雄幸

    高知市内:坂本龍馬、板垣退助、濱口雄幸、後藤象二郎、福岡孝弟、山内容堂、武市半平太、植木枝盛、大町桂月ら幕末〜明治に活躍した人物の生誕地、邸宅跡など高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た徳川慶喜

    山内氏は江戸時代を通じて土佐一国を支配した。「土佐藩」では江戸時代初期に野中兼山、末期には吉田東洋などの名家老が出て藩政を行った。武士同士でも「上士」対「下士」といったように厳しい階級社会が形成された中で、幕末には下層階級の『郷士』から坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎らの志士が国許や京都で活躍し、討幕(倒幕運動)の流れを作った。当初は討幕に反対していた藩上層部も最終的には幕府を見限り、山内容堂の指示で後藤象二郎が『大政奉還』案を江戸幕府(徳川慶喜第15代将軍)に提出し、1603年(慶長8年)以降260年余りに及ぶ徳川氏による武家政権に終止符を打たせるきっかけを投じた。鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争)以後は『薩長土肥』の一員として明治維新の実現に貢献した。高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た長宗我部元親

    高知龍馬空港周辺に、高知県ゆかりの企業であるカシオや三菱電機系の工場があるほか、高知市の浦戸湾内には長宗我部元親時代から続く造船所がある高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た竹内綱

    1946年(昭和21年) 吉田茂が内閣総理大臣に就任する。戦後の政治家・吉田茂は実父・竹内綱(旧土佐藩士)が高知県出身であったが、地元の鉄道敷設の陳情に対し、『私は日本の総理大臣であり、高知県の利益代表ではない。』趣旨の返事をしたと言われている。高知県 フレッシュアイペディアより)

290件中 41 - 50件表示

「高知のできごと」のニューストピックワード