前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示
  • 浦戸城

    浦戸城から見た高知城高知城

    戦国時代に長宗我部元親が居城とし、山内一豊も高知城に移るまで居城とした。現在は県の史跡に指定されている。浦戸城 フレッシュアイペディアより)

  • 大手門

    大手門から見た高知城高知城

    元は追手門(おうてもん)と書かれ、高知城など、城によっては現在も追手門と表記しているところもある。これに対して背面の門は搦手門(からめてもん)と呼ばれる。大手門 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正房

    乾正房から見た高知城高知城

    土佐藩上士(小性格・5人扶持切府10石)乾正直(市郎兵衛)の嫡男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。母は森正壽(勘左衛門)の娘。乾正房 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城前停留場

    高知城前停留場から見た高知城高知城

    当停留場は1904年(明治37年)、警察前停留場(けいさつまえていりゅうじょう)の名で開業した。とさでん交通の前身である土佐電気鉄道の創業より存在する停留場である。停留場名はその後本町公園通停留場(ほんまちこうえんどおりていりゅうじょう)に改称されるが、1944年(昭和19年)にいったん営業を休止。1950年(昭和25年)に公園通停留場(こうえんどおりていりゅうじょう)の名で復活し、1978年(昭和53年)より高知城前停留場と称するようになった。高知城前と改称する前は隣の県庁前停留場で下車して高知城へ向かう観光客が多く、名称変更は観光客への案内のためだったとされる。高知城前停留場 フレッシュアイペディアより)

  • 海がきこえる

    海がきこえるから見た高知城高知城

    1993年の単行本化の際には、作者による編集が加えられ、拓と里伽子が高知城前でキスするシーン、拓と里伽子、松野と知沙が四万十川へ泳ぎに行くシーンなどが省かれた。1999年の文庫本化の際には、時の流れによるヒット曲などの変遷(例えばWinkから安室奈美恵へ)により現実と小説にギャップが生じたため、当時の状況に合わせて作者による修正が加えられた。海がきこえる フレッシュアイペディアより)

  • 高知県の観光地

    高知県の観光地から見た高知城高知城

    File:Kochi Castle09.JPG|高知城(重要文化財)高知県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 石山孫六

    石山孫六から見た高知城高知城

    1854年(安政元年)、江戸鍛冶橋の土佐藩江戸藩邸への出入りを許され、藩邸で剣術を指南する。1863年(文久3年)8月25日、正式に土佐藩士(五人扶持二十石、小姓組格)として召し抱えられる。高知城下帯屋町に屋敷を与えられ、藩校致道館の剣術指南役を務めた。石山孫六 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正聰

    乾正聰から見た高知城高知城

    高知城下中島町の拝領屋敷で、土佐藩士・乾加助直建の長男として誕生。母は安積彦之進祥任の女。乾正聰 フレッシュアイペディアより)

  • 人斬り (映画)

    人斬り (映画)から見た高知城高知城

    そうした司馬の快諾を受けて橋本忍が手がけた映画『人斬り』の脚本では、以蔵と武市の関係性や、やがて以蔵が武市に憎悪を感じていき人間的に目覚めていく過程は共通し、最後にそれまでの所業を告白するという点は同じであるが、映画では、以蔵と武市の心理は単純化され、武市は最初から以蔵を利用する道具として見なしている設定である。また、映画では最後、以蔵は入牢中ではなく、小屋で無為に暮らしているところに、武市の差し金の毒酒を飲んで辛くも助かり自ら高知城に自白に出向いていく流れになっている。人斬り (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 長宗我部氏

    長宗我部氏から見た高知城高知城

    天正15年(1587年)、九州征伐従軍から帰国後、大高坂山(現在高知城のある山)に城を築き、岡豊城から居城を移した。しかし、水はけが悪かったため、天正19年(1591年)に元親は3年で大高坂山城を捨て、浦戸に浦戸城を築いた。ただし、元親が大高坂山城を捨てたとする見解は山内氏支配下の江戸時代の二次史料で初めて登場したものであること、浦戸城の規模の小ささや浦戸移転後も大高坂周辺の整備が進められていた形跡があることから、浦戸城は朝鮮出兵に対応した一時的な拠点に過ぎず、大高坂山城の整備も引き続き行われていたとする説もある。長宗我部氏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示

「高知城」のニューストピックワード