152件中 91 - 100件表示
  • 本山氏

    本山氏から見た高知城高知城

    長宗我部氏の歿落後、本山佐渡守茂定の子孫から出た本山喜左衛門が1614年(慶長19年)山内豊前守へ仕えて以降は、本山氏は土佐藩の上士として優遇され、明治まで家名を永らえた。幕末期の直系の子孫が本山団蔵である。また、江戸初期に分流した本山家の子孫が土佐藩錦旗伝奏役の本山茂任である。また、桂浜の坂本龍馬像や高知城の板垣退助像を製作した彫刻家の本山白雲は、戦国時代に分流した古い傍系の子孫である。本山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡健吉

    片岡健吉から見た高知城高知城

    天保14年(1844年)12月26日) 、土佐藩上士(馬廻格・250石)片岡篤光(俊平)の嫡男として高知城下中島町に生まれる。母は渋谷次兵衛篤輝の妹(幸)。嘉永2年(1849年)7月7日、藩主への御目見えを許される。片岡健吉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢文

    矢文から見た大高坂城高知城

    『土佐物語』巻第十三に、大高坂長門守が大高坂城より小高坂城に内通事があって、遠矢を射た記述があり、両城の間は10余町=約1100メートルもあったが、小高坂城で食事中の武士の飯椀に当たったと記述される。矢文 フレッシュアイペディアより)

  • 高知大空襲

    高知大空襲から見た高知城高知城

    これらの空襲で、高知城の一部が被害を受け、坂本龍馬の生家など江戸時代以来の高知市の貴重な街並みが失われた。高知大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • ひろめ市場

    ひろめ市場から見た高知城高知城

    ひろめ市場は、場所と食を提供することで地場の活性化に中心商店街と連携して貢献したい、という目的で設立された、いわば"お酒の飲めるフードコート"であり、相席での利用が基本の、いわゆる屋台村の形式をとっている。管理会社が食器の配達・回収・洗浄等を管理し、店舗に食器を共同で利用してもらうことで店舗の経費削減を行い、利用客へのサービスに力を入れてもらうシステムとなっている。近隣の高知城や日曜市への観光の休憩所としても利用され、地元客のみならず観光客にも支持されている。ひろめ市場 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正方

    乾正方から見た高知城高知城

    土佐藩上士(馬廻格・500石)乾正祐(與惣兵衛)の嫡男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。乾正方 フレッシュアイペディアより)

  • 乾直建

    乾直建から見た高知城高知城

    土佐藩上士(馬廻格・300石)乾正清(與惣左衛門)の嫡男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。4人兄弟の長男。幼名は虎丞で、通称は、金右衛門、庄助と変わり、最後は加助と名乗った。母は出雲路直元妹。乾直建 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正清

    乾正清から見た高知城高知城

    土佐藩上士(馬廻格・300石)乾正方(庄右衛門)の二男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。通称は長三郎で、のち惣次郎と称し、最後は與惣左衛門と名乗った。母は前野定次(山内内匠)の娘。乾正清 フレッシュアイペディアより)

  • 長弓

    長弓から見た大高坂城高知城

    軍記物であるため、誇張が考えられるが、『土佐物語』巻第十三「勝瑞の城没落の事」に2人の弓の名手の飛距離について記述がある。鶴津丹波守という武士がいたが、ある時、数百人が乗った敵の大船が鶴津の沖(現富岡郡窪川町大鶴津)へ寄せて来た。丹波守居城の上より例の大弓を持って、8町=約870メートルばかり沖の船腹を横様に射抜けば、潮が入って沈没し、敵は1人も残らず死んだ。このことで丹波守は「今為朝」といわれるようになった。もう1人は大高坂長門守で、大高坂城より小高坂城内へ内通事があって、遠矢を射たが、ちょうど小高坂の武士は食事中であり、飯椀に射当たった。両城の間は10余町=約1100メートルあった。長弓 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡謙吉

    長岡謙吉から見た高知城高知城

    高知城下の浦戸町の医師・今井孝順(孝純、玄泉)の長男として生まれる。孝順は坂本龍馬の継母・伊予の縁者であった。幼少期は河田小龍の下で蘭学に励んだ。その後は江戸や大坂に遊学して、医学や文学を学んだ。安政6年(1859年)には家業の医師を継ぐため、長崎で二宮敬作に医学を学ぶ(後年、二宮の師であるシーボルトが再来日した際には英語や国際法の教えを受けた)。しかしこのときに、藩からキリスト教に傾倒したと疑われて帰国を命じられ、処罰として長岡郡鹿児村への蟄居を命じられた。長岡謙吉 フレッシュアイペディアより)

152件中 91 - 100件表示

「高知城」のニューストピックワード