152件中 111 - 120件表示
  • 半田富久

    半田富久から見た高知城高知城

    高知県立郷土文化会館「波の塔」(高知県高知城内)1969年半田富久 フレッシュアイペディアより)

  • 欄間

    欄間から見た高知城高知城

    ファイル:Kochi Castle 05.JPG|高知城の欄間欄間 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永地震

    宝永地震から見た高知城高知城

    地盤沈下した高知城下周辺は浦戸湾から侵入した津波によって一帯が海となり、久万、泰泉寺、薊野、一宮、布師田、介良、大津の山の根まで浸水した。『谷陵記』には「堅固ニ設タル家ハ、地震ニ倒レ、或ハ破損、御城ハ全シ、潮ハ町ハ真如寺橋ヨリ北見通シ限リ、江ノ口堀筋ハ常通寺橋ヨリ、潮江川ハ常通寺島限リ、新町下知ハ海ニナル」との記録もある。宝永地震 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐藩

    土佐藩から見た高知城高知城

    土佐藩(とさはん)は、廃藩置県以前に土佐国(現在の高知県)一円を領有した外様藩。明治初年の正称は高知藩(こうちはん)。藩庁は高知城(高知市)にあった。大広間詰国持大名。一貫して山内氏が支配した。土佐藩 フレッシュアイペディアより)

  • 山内神社

    山内神社から見た高知城高知城

    文化3年(1806年)、土佐藩10代藩主豊策により、初代藩主の一豊とその夫人の見性院(千代)、2代藩主忠義を祀るために高知城内に造営された藤並神社に始まる。当時、初代藩主を神として祀ることが各藩で行われていた。天保6年(1835年)、「藤並大明神」の神号が贈られた。山内神社 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た高知城高知城

    江戸時代になると、吉晴は松江城に、一豊は高知城に移転する。代わって、遠江国には浜松藩と掛川藩が設置され、譜代大名が入れ替わりで入った。また、江戸時代には、伊那盆地や水窪の木材が、天竜川の舟運を利用して遠江国平野部に運搬された。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • マキキ聖城教会

    マキキ聖城教会から見た高知城高知城

    アメリカ合衆国ハワイ州のオアフ島ホノルル市ペンサコラ通りにあるプロテスタント教会である。1894年に、ハワイへ移民した日本人である奥村多喜衛(おくむらたきえ)によって開かれ、現在の教会建築は1932年に建てられた。外観は、奥村が高知県出身であることにちなみ高知城天守を模している。マキキ聖城教会 フレッシュアイペディアより)

  • 堀詰停留場

    堀詰停留場から見た高知城高知城

    伊野線の軌道は国道32号線上を走っており、国道沿いには都市機能の多くが集まる。当停留場からグランド通停留場までは「本町」といい、高知市の中心街である。「堀詰」の地名は現在はないが、堀川がこの近辺で屈折しており、かつて船により高知城へ接近する際は、船で入ることが可能な場所が当停留場近くにある高知市中央公園の付近であったとされる。そのためこの周辺は古くは交通の要所であったが、後に播磨屋橋近辺へ移った。なお、中央公園はよさこい祭りの演舞場の一つであるほか、立志社跡の碑がある。堀詰停留場 フレッシュアイペディアより)

  • 高松城 (讃岐国)

    高松城 (讃岐国)から見た高知城高知城

    天守は独立式層塔型3重4階、地下1階、初層平面が東西13間2尺(約26.2メートル)×南北12間2尺(約24.2メートル)、高さ13間半(約24.5メートル)にもおよんだといい、現存している3重5階の高知城天守(高さ約18.6メートル)や松山城(高さ約20メートル)の天守を凌ぎ四国最大の規模であった。また、4階平面が3階平面より大きい、いわゆる唐造で、1重めも天守台から外には張り出させて石落としを開いていたと考えられている。ほかに、1重目と2重目の比翼入母屋破風と唐破風、4階の火灯窓などの特徴があった。創建時の天守は下見板張りの黒い外観であったが、1671年(寛文11年)の松平氏による大改修の際に、白漆喰総塗籠の天守に改築されたと見られている。高松城 (讃岐国) フレッシュアイペディアより)

  • 本丸

    本丸から見た高知城高知城

    現存する本丸御殿は非常に少なく、高知城、川越城、松前城などである。この中で、高知城の本丸は天守、御殿、城門、櫓、塀がそろって現存する例である。本丸 フレッシュアイペディアより)

152件中 111 - 120件表示

「高知城」のニューストピックワード