152件中 11 - 20件表示
  • 掛川城

    掛川城から見た高知城高知城

    1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの後、一豊は土佐一国を与えられて高知城に移転した。その後、掛川城には多くの譜代大名が入ったが、最終的には太田氏(太田道灌一族の系統)が入り、何度か城の修築も行われている。ところが、幕末の1854年(安政元年)末に、東海地方一帯を大地震が襲い(安政東海地震)、掛川城も天守を含む大半の建物が倒壊した。この際、政務所である二ノ丸御殿は1861年(文久元年)までに再建されたが、天守は再建されることはなかった。掛川城 フレッシュアイペディアより)

  • お〜い!竜馬

    お〜い!竜馬から見た高知城高知城

    1835年11月15日、高知城下・坂本家の末女・坂本乙女はほうき星を見ていた。その日は母・坂本幸が、まもなく出産を迎えようとしていた日。ほうき星に天翔ける竜と白馬の姿を見た乙女は、その星にこう叫ぶ。「今夜生まれてくる子は男にしておくれ!私がきっと強いサムライにしてみせるから!」その言葉に、ほうき星は優しい輝きを見せた。まもなく、産声があがった。産まれたのは元気な男の子。だがちぢれ毛で、背中にたてがみが生えている変な子であった。そんな我が子に呆然とする父・坂本八平を尻目に、乙女はその子を抱きかかえ、「竜馬」と名付けた。お〜い!竜馬 フレッシュアイペディアより)

  • 川越城

    川越城から見た高知城高知城

    現在、城址の大部分は市街地となっており、往時の姿を想像するのは難しいが、市役所(かつての西大手門)の西方600メートルほどに、本丸御殿の一部(大広間と玄関)が現存している事は特筆に値する。本丸御殿大広間が現存しているのは、日本では川越城の他には高知城のみで、貴重な遺構である。本丸御殿南側には富士見櫓跡、西方には中ノ門付近の堀跡が現存している。川越城 フレッシュアイペディアより)

  • 天守

    天守から見た高知城高知城

    復古型は、外観を旧観・旧式のものに近づけた天守のこと。江戸中期から後期に幕府の許可を得て再建された天守である。江戸中期頃には層塔型が主流となっていたが、構造は望楼型のもの層塔型のものどちらも存在する。中でも高知城は焼失以前の望楼型天守を忠実に復興し再建したといわれているものであり、また、松山城大天守は、江戸時代以前の軍事施設として最後に再建された層塔型天守である。天守 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ高知

    テレビ高知から見た高知城高知城

    現行(メンテナンス明け):映像は四万十川周辺→菜の花→桜→桂浜→高知城→石鎚山。画面右下にコールサインが出るが、局名などの表示はない。ナレーションは「高知県の皆様、おはようございます。こちらはJORI-TV(JORI-DTV) テレビ高知です。ただいまから本日の放送を始めます。きょうもテレビ高知の番組をお楽しみ下さい。」テレビ高知 フレッシュアイペディアより)

  • 山内一豊

    山内一豊から見た高知城高知城

    慶長6年(1601年)、掛川から土佐に移封となり、浦戸城に入城する。大幅な加増があり、余所から入部してきた大名は、ただでさえ人手も足りなくなるので地元の元家臣を大量に雇用するのが常であったが、一領具足を中心とした旧長宗我部氏の家臣団は新領主に反発し、土佐国内で多くの紛争(旧主長宗我部盛親の復帰を求めるなど)を起こした。これに対して一豊は、新規召し抱えの家臣は上方で募るなど、重要な役職を主に外来の家臣で固めたが、有益な長宗我部旧臣は懐柔して登用した。当時はまだ土佐領内に不満分子が完全に排除されていなかった為、高知城の築城の際などには一豊と同装束六人衆を影武者として共に現地を視察したと言う。山内一豊 フレッシュアイペディアより)

  • 高知市

    高知市から見た高知城高知城

    高知城やはりまや橋を中心にして中心市街地が形成されており、その地域内に代表的な繁華街である帯屋町商店街(帯屋町アーケード)や京町新京橋商店街などがある。高知市 フレッシュアイペディアより)

  • 大高坂城

    大高坂城から見た高知城高知城

    大高坂城 フレッシュアイペディアより)

  • 日根野弁治

    日根野弁治から見た高知城高知城

    姓組2人扶持5石を賜り、剣術導役・屋敷弘敷役を歴任する。一方で高知城下築屋敷で道場を経営した。日根野家は武術師匠役を務める高級武家であるが、弁治自身が郷士の出身であったために、下士身分の門弟が多く集まった。坂本龍馬もその内の一人である。日根野弁治 フレッシュアイペディアより)

  • 山内忠直

    山内忠直から見た高知城高知城

    慶長18年(1613年)9月11日、土佐藩第2代藩主・山内忠義の次男として高知城で生まれる。明暦2年(1656年)、父が病により長兄の忠豊に家督を譲って隠居したとき、3万石を分与されて断絶していた中村藩を再興した。寛文7年(1667年)6月9日に死去した。享年55。跡を長男の豊定が継いだ。山内忠直 フレッシュアイペディアより)

152件中 11 - 20件表示

「高知城」のニューストピックワード