152件中 21 - 30件表示
  • 四国歴史文化道

    四国歴史文化道から見た高知城高知城

    ファイル:Kouti siro.JPG|高知城  土佐維新歴史文化道四国歴史文化道 フレッシュアイペディアより)

  • 麻田直養

    麻田直養から見た高知城高知城

    土佐藩士(上士・馬廻格)麻田利太夫の次男として高知城下に生まれる。麻田直養 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原唯八

    小笠原唯八から見た高知城高知城

    高知城下(現高知県高知市江ノ口地区)に、土佐藩士・小笠原弥八郎(馬廻格、250石)の嫡男として生まれる。小笠原唯八 フレッシュアイペディアより)

  • 真辺正精

    真辺正精から見た高知城高知城

    1848年(嘉永元年)3月26日、土佐藩士(小姓格・7人扶持)真辺正粋(勝亥)の嫡男として高知城下永国寺町に生まれる。母は松田善之進の娘。真辺正精 フレッシュアイペディアより)

  • 北村重頼

    北村重頼から見た高知城高知城

    弘化2年(1845年)、土佐藩士(馬廻格、200石)・北村五平の子息として高知城下潮江に生まれる。北村重頼 フレッシュアイペディアより)

  • 島村衛吉

    島村衛吉から見た高知城高知城

    土佐国香美郡下島村郷士・島村潮成の次男。母は島村雅寿の娘・常。幼時に高知城下新町に移住している。島村衛吉 フレッシュアイペディアより)

  • 松山深蔵

    松山深蔵から見た高知城高知城

    庄屋の二男に生まれたため家業を継ぐことができず、高知城城下にて医術を学ぶ。一時は半山郷で開業するが、千屋菊次郎とともに大坂へ医学を学びにいく。松山深蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 高見弥市

    高見弥市から見た高知城高知城

    文久元年(1861年)土佐勤王党に加盟し、長州に使者として出ている他、薩摩へも視察へ向かった。文久2年(1862年)那須信吾・安岡嘉助と計って、高知城下で土佐藩参政の吉田東洋を暗殺し、首級を鏡川河原に晒す。そのまま脱藩し、京都で久坂玄瑞に保護され、後に薩摩藩士・奈良原繁の養子として薩摩藩に所属するようになる。慶応元年(1865年)五代友厚らとともにイギリスへ密留学する。イギリスでは森有礼と下宿を共にしながら測量や機関学、数学を学び、慶応3年(1867年)帰国。高見弥市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎善三郎

    川崎善三郎から見た高知城高知城

    万延元年(1860年)、土佐藩剣術指南役・川崎専輔の子として、高知城下の北新町田淵(現在の高知市桜井町)に生まれる。川崎家は代々無外流剣術で藩に仕えた。無外流は土佐藩の有力な剣術流儀で、藩主山内容堂も学んでいる。善三郎は7歳から父に剣術を学び、鏡新明智流の馬詰栄馬、馬淵桃太郎、小野派一刀流の石山孫六などの指南も受け、上達した。川崎善三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 廃城

    廃城から見た高知城高知城

    当時の建物が現存しないことが廃城の状態ということではなく、存城となっても建物の多くまたは全てが売却が行われて破却や移築するなどして撤去されることがあった。日本が第二次世界大戦に敗れるまで、熊本城や若松城は存城であり、現存する建物がある松本城や高知城は廃城とされていた。廃城 フレッシュアイペディアより)

152件中 21 - 30件表示

「高知城」のニューストピックワード