123件中 21 - 30件表示
  • 岡田義平

    岡田義平から見た高知城高知城

    土佐国、香美郡神通寺・郷士田所家の次男として生まれるが、のち男児に恵まれなかった岡田家に養子として入り、岡田姓を継ぐ。青年期、一時高知城下へ単身で移り、足軽の公募に乗じて兵役を務めた。武芸を鍛錬し、とくに槍術に長けたという。その後、組頭・森田治右衛門に仕え四人扶持の禄を得て生計を立てる。結婚後は江ノ口村に住み、土佐藩家老・桐間将監下の家老足軽格として勤め、天保9年(1838年)に長男以蔵を授かったという。岡田義平 フレッシュアイペディアより)

  • 山田良水

    山田良水から見た高知城高知城

    文久元年12月、高知城下大川筋に土佐藩士・山田嘉周の次男として生まれた。1886年(明治19年)6月、陸軍士官学校(旧8期)を卒業し、歩兵少尉任官。1891年(明治24年)11月、陸軍大学校に入学したが、日清戦争出征のため中退。戦後に復校し、1896年(明治29年)3月、陸大(10期)を卒業した。山田良水 フレッシュアイペディアより)

  • 本丸

    本丸から見た高知城高知城

    現存する本丸御殿は非常に少なく、高知城、川越城、松前城などである。本丸 フレッシュアイペディアより)

  • 山内忠直

    山内忠直から見た高知城高知城

    慶長18年(1613年)9月11日、土佐藩第2代藩主・山内忠義の次男として高知城で生まれる。明暦2年(1656年)、父が病により長兄の忠豊に家督を譲って隠居したとき、3万石を分与されて断絶していた中村藩を再興した。寛文7年(1667年)6月9日に死去した。享年55。跡を長男の豊定が継いだ。山内忠直 フレッシュアイペディアより)

  • 浜幸

    浜幸から見た高知城高知城

    浜幸の特徴的なマークは高知城内にある欄間と同じものであり、鯨と黒潮の波をモチーフにしている。浜幸 フレッシュアイペディアより)

  • ひろめ市場

    ひろめ市場から見た高知城高知城

    高知城や日曜市と連携して、中心商店街の地盤沈下を食い止めることができるかが課題である。ひろめ市場 フレッシュアイペディアより)

  • 石山孫六

    石山孫六から見た高知城高知城

    1854年(安政元年)、江戸鍛冶橋の土佐藩邸への出入りを許され、藩邸で剣術を指南する。1863年(文久3年)8月25日、正式に土佐藩士(五人扶持二十石、小姓組格)として召し抱えられる。高知城下帯屋町に屋敷を与えられ、藩校致道館の剣術指南役を務めた。石山孫六 フレッシュアイペディアより)

  • 龍尾神社

    龍尾神社から見た高知城高知城

    また、一豊が高知城に移転すると、現在の高知市の薊野駅の近く(高知城から見て北東の郊外)にも龍尾神社が勧請され、前任地・掛川に因んで掛川神社と命名された。龍尾神社 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬の歴史 (四国地方)

    競馬の歴史 (四国地方)から見た高知城高知城

    高知県においては明治以前から祭典競馬が盛んに行われていた。また、1886年には国道(高知・徳島国道)開通を記念して高知公園東側広場に円形の馬場(1周約600m、幅員5-6m)を建設し、県内から100頭あまりの馬を集め、4日間にわたって競馬(マッチレースによるトーナメント方式による)が行われた。それ以降も、農閑期になると田畑を掘り上げて設置された臨時の馬場を用い、盛んに競馬が行われた。さらに1908年に競馬規程が制定されると、県内の数ヶ所に常設の競馬場が設けられ競馬が行われるようになった。競馬の歴史 (四国地方) フレッシュアイペディアより)

  • 堀詰駅

    堀詰駅から見た高知城高知城

    近辺は国道32号線上を走っており、周辺には都市機能の多くが集まる。当駅からグランド通駅までは「本町」と称され、高知市の中心街である。「堀詰」の地名は現在はないが、堀川がこの近辺で屈折しており、かつて船により高知城へ接近する際は、船で入ることが可能な場所が当停留所近くにある中央公園の付近であったとされる。そのためこの周辺は古くは交通の要所であったが、後にはりまや橋近辺へ移った。なお、近くの中央公園はよさこい祭りの競演場の一つであるほか、立志社跡の碑がある。堀詰駅 フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「高知城」のニューストピックワード