152件中 31 - 40件表示
  • 島村雅事

    島村雅事から見た高知城高知城

    文政4年(1821年)1月29日、土佐藩郷士・島村正壽(助四郎)の三男として高知城下新町田渕(現 高知県高知市桜井町)に生まれる。島村雅事 フレッシュアイペディアより)

  • 宮地久寿馬

    宮地久寿馬から見た高知城高知城

    1872年(明治5年)、高知城下大川筋(現在の高知市)に生まれた。海南中学校(現在の高知県立高知小津高等学校)を経て、1894年(明治27年)7月、陸軍士官学校(5期)を卒業。同年9月、歩兵少尉に任官。1902年(明治35年)11月、陸軍大学校(16期)を卒業した。宮地久寿馬 フレッシュアイペディアより)

  • 山田良水

    山田良水から見た高知城高知城

    文久元年12月、高知城下大川筋に土佐藩士・山田嘉周の次男として生まれた。1886年(明治19年)6月、陸軍士官学校(旧8期)を卒業し、歩兵少尉任官。1891年(明治24年)11月、陸軍大学校に入学したが、日清戦争出征のため中退。戦後に復校し、1896年(明治29年)3月、陸大(10期)を卒業した。山田良水 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県立県民文化ホール

    高知県立県民文化ホールから見た高知城高知城

    また高知城の南、旧山内家下屋敷長屋など江戸時代の建築や旧跡が数多く残る城下町の本町に位置することから、高さを抑えるなど、周辺環境に配慮されたものとなっている。高知県立県民文化ホール フレッシュアイペディアより)

  • 山内忠義

    山内忠義から見た高知城高知城

    慶長8年(1603年)に伯父・一豊の養嗣子となり、徳川家康・徳川秀忠に拝謁し、秀忠より偏諱を賜って忠義と名乗る。同10年(1605年)に家督相続したが、年少のため実父康豊の補佐を受けた。慶長15年(1610年)、松平姓を下賜され、従四位下土佐守に叙任された。また、この頃に居城の河内山城の名を高知城と改めた。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では徳川方として参戦。なお、この時預かり人であった毛利勝永が忠義との衆道関係を口実にして脱走し豊臣方に加わるという珍事が起きている。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では、暴風雨のために渡海できず参戦はしなかった。山内忠義 フレッシュアイペディアより)

  • 百々綱家

    百々綱家から見た高知城高知城

    関ヶ原の戦い後は西軍方の重臣という立場で浪人していた。この頃、戦功により土佐一国を与えられたがしかし高知城の築城普請に苦労していた土佐藩主山内一豊の請願により、家康から百々に対する赦免状が出され、6000石の築城総奉行として乞われて土佐山内氏に仕えた。当時綱家は築城の、特に石垣普請の名手として知られており、同郷の近江坂本の石工集団「穴太衆」の技術力を駆使して、低湿地で難工事であった高知城の築城および城下の町割りの全てを任された。慶長6年(1601年)には江戸城の石垣修復にも山内氏の配下として参画している。引き続き高知城築城の総奉行を務めていた途上、慶長14年(1609年)に天下普請で作られる予定の丹波篠山城の石垣普請に山内氏として参画するため兵2000を率いて赴くが、心労が重なって病に倒れる。篠山より良い治療ができる京に移送されて静養したが、病死した。享年63。百々綱家 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹城

    鷹城から見た高知城高知城

    鷹城 フレッシュアイペディアより)

  • 中村貫一

    中村貫一から見た高知城高知城

    土佐国高知城下中島町で土佐藩士・中村美正の息子として生まれる。土佐藩の大監察を務めた。中村貫一 フレッシュアイペディアより)

  • 細川風谷

    細川風谷から見た高知城高知城

    1867年、土佐国高知城下(現高知県高知市)に生まれる。1869年には父広世と共に上京し、杉浦重剛の称好塾に学ぶ。1885年渡米、サンフランシスコの太平洋商業学校で学んだ後、1890年に帰国。文学結社の硯友社社友として尾崎紅葉の下に私淑するが、この時紅葉の勧めにより風谷と号した。細川風谷 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡時敏

    松岡時敏から見た高知城高知城

    土佐国高岡郡日下村(現日高村)で、土佐藩郷士・松岡甚吾の長男として生まれる。その後、高知城下北奉公人町に転居。江戸に遊学し安積艮斎の指導を受ける。安政に入り吉田東洋に用いられ山内容堂の侍読となり、藩の法典『海南政典』と土佐藩史の編纂に従事し、『藩志内篇』を執筆した。松岡時敏 フレッシュアイペディアより)

152件中 31 - 40件表示

「高知城」のニューストピックワード