123件中 31 - 40件表示
  • 鏡川

    鏡川から見た高知城高知城

    土佐藩初代藩主山内一豊により鏡川と北部の江ノ口川を外堀に利用した城(のちの高知城)の建設と城下町整備が始まり、治水工事が行われる。城は慶長8年(1603年)に本丸と二の丸が完成し、両川にちなみ河中山(こうちやま)城と名付けられた。しかし鏡川が度重なるはん濫を起こしたため、2代藩主忠義は河中の名を忌み嫌い、高智山城と改名した。後に城の名は省略されて高知城、城下町は高知と呼ばれるようになる。鏡川 フレッシュアイペディアより)

  • 四国歴史文化道

    四国歴史文化道から見た高知城高知城

    ファイル:Kouti siro.JPG|高知城  土佐維新歴史文化道四国歴史文化道 フレッシュアイペディアより)

  • 1/500スケール

    1/500スケールから見た高知城高知城

    艦船モデル以外の、1/500スケールの模型としては、城郭等の建築物の模型がある。かつては東宝模型から東京タワーや霞が関ビルなどのプラモデルが1/500スケールで発売されたことがあり、2011年現在でも、童友社より姫路城、高知城、松江城などが発売されている。航空機のプラモデルでも、かつてはジャンボジェットなどが発売されたことがあった。宇宙戦艦ヤマトなど、1/500と設定されたキャラクターモデルも何点か発売されており、2011年の10月にはファインモールドから『宇宙戦艦ヤマト』に登場した沖田艦と古代艦(ゆきかぜ)の基となった松本零士のオリジナルデザインを発展させた、艦隊旗艦とミサイル護衛艦の1/500スケールキットが発売された。1/500スケール フレッシュアイペディアより)

  • 源希望

    源希望から見た高知城高知城

    この男子は建久5年(1194年)、亡父の旧友であった夜須行宗に伴われて伯父で鎌倉幕府将軍の源頼朝に拝謁した。頼朝はすぐには信じなかったものの最終的には認め、土佐国吾川郡のうち数千貫を、三河国吉良荘(現 愛知県西尾市)のうち馬の飼場三百余貫を下賜した。男子はこれ以後、吉良八郎希望を名乗って土佐吉良氏の始祖となった。また、母方の平田経遠の子を召し出し、大高坂山(現在高知城の立つ山)に住まわせて大高坂経興(大高坂氏祖)を名乗らせたとされる。源希望 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本寧浦

    岡本寧浦から見た高知城高知城

    備後福山藩に藩儒として招かれるが、天保9年(1838年)土佐藩主・山内豊資に召されて用人格上下3人扶持を賜り、教授館下役に取り立てられる。また高知城下新町で私塾・紅友社を開いた。後に山内豊熈とともに南学中心だった土佐藩内の儒学に陽明学を導入する事に貢献した。岡本寧浦 フレッシュアイペディアより)

  • 中村亀三郎

    中村亀三郎から見た高知城高知城

    高知城西唐人町(現在の高知市)に京観世高安流8代、中村能成の二男として生れる。1905年11月海軍兵学校(33期)を卒業し、1906年に海軍少尉任官。海軍大学校航海術専修学生を優等で卒業し、砲艦「宇治」航海長、海防艦「武蔵」航海長、海防艦「秋津洲」航海長、巡洋艦「利根」航海長、海軍兵学校教官などを経て、1917年、海軍大学校(甲種第15期)を卒業。以後、戦艦「香取」航海長、横須賀鎮守府参謀、軍令部参謀、第3艦隊参謀、練習艦隊参謀、海軍大学校教官、軽巡洋艦「那珂」艦長、「利根」艦長、軍令部第1班第2課長、ロンドン軍縮会議随員、重巡洋艦「加古」艦長、戦艦「長門」艦長、第2艦隊参謀長などを歴任し、1931年海軍少将に進級。中村亀三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 原敬太郎

    原敬太郎から見た高知城高知城

    1885年(明治18年)10月、高知城下本町(現在の高知市)に生まれた。高知県尋常中学校を経て、1905年(明治38年)11月、海軍兵学校(33期)を卒業。翌年12月、海軍少尉任官。海軍砲術学校高等科で学び、優等で卒業。次いで1920年(大正9年)11月、海軍大学校(甲種18期)を卒業。原敬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松山深蔵

    松山深蔵から見た高知城高知城

    庄屋の二男に生まれたため家業を継ぐことができず、高知城城下にて医術を学ぶ。一時は半山郷で開業するが、千屋菊次郎とともに大坂へ医学を学びにいく。松山深蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 橋詰佐織

    橋詰佐織から見た高知城高知城

    3時のあなた(「全国キャラバン」高知城からの中継を担当)橋詰佐織 フレッシュアイペディアより)

  • 四国国分

    四国国分から見た高知城高知城

    九州平定ののちも、長宗我部氏は天正18年(1590年)の小田原征伐、天正20年(1592年)から慶長3年(1598年)にかけての2度の朝鮮出兵に参加した。その間、香宗我部親泰は秀吉から大量の造船用材の供出を命じられ、元親自身も大船数艘の建造などを求められた。軍役等さまざまな負担は決して軽いものではなかった。その一方で元親は、この機会を利用し、支配体制の再編、検地の実施、慶長2年(1597年)3月には四男長宗我部盛親とともに分国法『長宗我部元親百箇条』を定めるなど諸法規の制定をふくむ新政策をつぎつぎに実行にうつした。また、元親・盛親父子は、本拠地を岡豊城(高知県南国市)から大高坂山城(現在の高知城)、さらに浦戸城(高知市)へとうつして、城下町の整備にも力を注いだ。四国国分 フレッシュアイペディアより)

123件中 31 - 40件表示

「高知城」のニューストピックワード