152件中 51 - 60件表示
  • 清岡道之助

    清岡道之助から見た高知城高知城

    少年時代、高松順蔵(坂本龍馬の姉千鶴の夫)に就いて経史を学び、のち高知城下へ出て、陽明学者岡本寧浦に師事した。江戸遊学の際は佐藤一斉から陽明学を学んだほか、軍学者若山勿堂(壮吉)の下で洋式兵学を学んでいる。文久年間に入ると勤王思想にも影響を受け、藩命で大坂に赴任したことを契機に志士として活動を開始した。文久2年(1862年)には京都で初めて武市瑞山と会い、大いに意気投合したという。清岡道之助 フレッシュアイペディアより)

  • 鯱

    から見た高知城高知城

    瓦・木・石・金属などで作られる。城の天守や主要な櫓や櫓門などにはよく、陶器製(鯱瓦)のものや、銅板張木造のものが上げられる。城郭建築に用いられている銅板張木造鯱のもので最大の現存例は松江城天守(高さ2.08メートル)のものといわれている。青銅製(鋳造)のものでは、高知城天守のものがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 大高坂松王丸

    大高坂松王丸から見た高知城高知城

    土佐郡大高坂郷(現在の高知市)の領主で大高坂城(現在の高知城)に居城。松王丸は南朝方に所属して北朝方の諸将と戦った。建武3年(1336年)3月21日大高坂城大手の合戦、6月からは大高坂城、安楽寺城を中心にした合戦を歴戦した。暦応元年(1338年)には、花園宮満良親王が土佐に入国し土佐国の南朝方は士気が上がった。暦応2年(1339年)堅田氏、津野氏、三宮氏、佐竹氏ら北朝方の豪族が細川定禅の命を受け大高坂城を攻撃し出陣した。暦応3年(1340年)1月新田氏、金沢氏、佐河氏、度賀野氏ら南朝方の諸将が花園宮を奉じて数千の兵を大高坂城の救援のため潮江山に陣をはり、大高坂城と潮江山の間で激戦が行われたが南朝方は敗れ大高坂城が落城した。花園宮は西国に落ち、松王丸はこの戦で戦死したとされる(佐伯文書)。大高坂松王丸 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤長次郎

    近藤長次郎から見た高知城高知城

    高知城下の饅頭商人の息子として生まれ、長次郎自身も饅頭を売り歩いていたため、はじめは苗字がなく饅頭屋長次郎と呼ばれた。幼少期から聡明で土佐では河田小龍、江戸では安積艮斎らに学んだ。その才能を山内容堂にも認められて文久3年(1863年)に名字帯刀を許された上で、神戸海軍操練所に入った。岩崎弥太郎とは知己で、土佐を立つ際には餞別として刀を貰っている。同じく土佐藩出身である坂本龍馬とは仲が良く、龍馬と共に海援隊の前身である亀山社中を設立した。また龍馬の命令で長州藩に赴き、小銃を売り渡している。このとき、長次郎は長州藩主毛利敬親から謝礼の言葉を直々に受けている。近藤長次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 功名が辻

    功名が辻から見た高知城高知城

    一豊は百々越前守に命じて治水工事、土地造成を行ったのち高知城を築き、慶長10年(1605年)、評定中に61歳で高知城で世を去った。千代はその後京に移り住み、権力の帰趨を見届けた後、元和3年(1617年)に、夫と同じ61歳で没した。功名が辻 フレッシュアイペディアより)

  • 源希望

    源希望から見た高知城高知城

    この男子は建久5年(1194年)、亡父の旧友であった夜須行宗に伴われて伯父で鎌倉幕府将軍の源頼朝に拝謁した。頼朝はすぐには信じなかったものの最終的には認め、土佐国吾川郡のうち数千貫を、三河国吉良荘(現 愛知県西尾市)のうち馬の飼場三百余貫を下賜した。男子はこれ以後、吉良八郎希望を名乗って土佐吉良氏の始祖となった。また、母方の平田経遠の子を召し出し、大高坂山(現在高知城の立つ山)に住まわせて大高坂経興(大高坂氏祖)を名乗らせたとされる。源希望 フレッシュアイペディアより)

  • 東野氏

    東野氏から見た高知城高知城

    秀行の次男左馬助行信は、1585年近江国長浜城主となった山内一豊に召抱えられ、300石を得て再び武士となる。小田原征伐、関ヶ原の戦いに出陣し功をなす。関ヶ原の戦いの後、徳川家康から土佐国一国を与えられた一豊に従い、土佐に移る。そのため、土佐東野と近江東野と、系譜が分かれることになる。行信は7千石を与えられ、伊予守を名乗る。山内氏の重臣のひとりとなり、明治に至るまで代々高知城主の家臣として仕えた。行信の子、幸政は1400石を与えられ、江戸城や丹波篠山城の普請に関わった。大坂冬の陣には中備えの大将として従軍し、功をあげた。東野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 本山茂任

    本山茂任から見た高知城高知城

    1826年(文政9年)、土佐藩士(馬廻格)本山茂養(伊平)の嫡男として高知城下に生まれる。母は五藤三郎右衛門正静の娘。本山茂任 フレッシュアイペディアより)

  • 本山茂良

    本山茂良から見た高知城高知城

    土佐藩士(小姓格)乾正壽(宅兵衛)の二男として高知城下に生まれる。母は本山茂苞(安之進)の娘。本山茂良 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本寧浦

    岡本寧浦から見た高知城高知城

    備後福山藩に藩儒として招かれるが、天保9年(1838年)土佐藩主・山内豊資に召されて用人格上下3人扶持を賜り、教授館下役に取り立てられる。また高知城下新町で私塾・紅友社を開いた。後に山内豊熈とともに南学中心だった土佐藩内の儒学に陽明学を導入する事に貢献した。岡本寧浦 フレッシュアイペディアより)

152件中 51 - 60件表示

「高知城」のニューストピックワード