152件中 61 - 70件表示
  • 乾宣光

    乾宣光から見た高知城高知城

    慶長6年(1601年)、宣光は土佐藩家老となっていた弟・和三を頼り土佐国に来住し、土佐藩主・山内一豊に仕えた。一豊から信任の厚い和三の兄ということで歓迎され、一豊の高知城築城の視察にあたり、身の安全のために仕立てた影武者・同装束六人衆(野中玄蕃・市川大炊・柏原長宅・乾宣光・乾和三)の一人に選ばれている。乾宣光 フレッシュアイペディアより)

  • 明神善秀

    明神善秀から見た高知城高知城

    土佐藩士(野根在番役・230石)明神信善(只右衛門)の嫡男として高知城下に生まれる。母は真辺弘明(練馬)の姉。明神善秀 フレッシュアイペディアより)

  • 柏原長宅

    柏原長宅から見た高知城高知城

    1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いの功績により主君・山内一豊が土佐国へ封入されると、御入国御先達の御人数を差下されるに付き、11月18日「御掟御書附」を渡され、先達って土佐国へ入国し、諸事を下知することを仰せ付けられた。その後、知行500石を格別に下し置かれ、御扈従組頭を仰せ付けられた。また、高知城築城の時に一豊が巡視を行った際、一豊と同装束六人衆(野中玄蕃・市川大炊・柏原長宅(半右衛門)・乾宣光(七郎左衛門)・乾和三(猪助))の一人に抜擢され、藩主の側近として仕えている。柏原長宅 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮池町通停留場

    蓮池町通停留場から見た高知城高知城

    「蓮池町通」は停留場が置かれている交差点より東に伸びる通りの名前。「蓮池」の名は高知城の城下町を築く際、当地に現在の土佐市蓮池から住人を移住させたことに由来する。蓮池町通停留場 フレッシュアイペディアより)

  • 武田秀山

    武田秀山から見た高知城高知城

    嘉永6年(1853年)、高知城下南与力町(現在の高知市)に生まれる。明治3年(1870年)、土佐藩兵伍長で御親兵に選ばれ、陸軍中尉に任官。武田秀山 フレッシュアイペディアより)

  • 県庁前停留場 (高知県)

    県庁前停留場 (高知県)から見た高知城高知城

    停留場は電車通りと南北の通りが交わる交差点に置かれている。交差点からは高知城の天守閣を望むことができ、隣の高知城前停留場が1978年に公園通停留場から改称する前は、高知城を訪れる観光客が当停留場で下車することが多かった。交差点より北の通り沿いには、高知県庁をはじめ高知市役所など官公庁の建物が立ち並ぶ。通りの南端は鏡川の土手にあたり、河畔には山内神社や旧山内家下屋敷長屋がある。県庁前停留場 (高知県) フレッシュアイペディアより)

  • 吉松速之助

    吉松速之助から見た高知城高知城

    幼名は保都衛、のち秀枝(ほつえ)。弘化2年(1845年)1月23日、高知城下本丁筋(現在の高知市)の土佐藩士・吉松省平の長男に生まれた。母は前野氏の出。文久3年(1863年)、藩兵として上洛。明治元年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いには藩兵隊長として伏見を守る。その時の速之助の決断が官軍としての土佐藩の以後の行動を決定する。さらに迅衝隊第八隊長として戊辰戦争に加わり、今市、日光と、会津と転戦した。吉松速之助 フレッシュアイペディアより)

  • 板垣鉾太郎

    板垣鉾太郎から見た高知城高知城

    慶応4年5月15日(1868年7月4日)土佐藩士・板垣退助の嫡男として土佐国高知城下に生まれる。母は土佐藩士・小谷正臣(善五郎)の娘、鈴。板垣鉾太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田義平

    岡田義平から見た高知城高知城

    土佐国、香美郡神通寺・郷士田所家の次男として生まれるが、のち男児に恵まれなかった岡田家に養子として入り、岡田姓を継ぐ。青年期、一時高知城下へ単身で移り、足軽の公募に乗じて兵役を務めた。武芸を鍛錬し、とくに槍術に長けたという。その後、組頭・森田治右衛門に仕え四人扶持の禄を得て生計を立てる。結婚後は江ノ口村に住み、土佐藩家老・桐間将監下の家老足軽格として勤め、天保9年(1838年)に長男以蔵を授かったという。岡田義平 フレッシュアイペディアより)

  • 一木政利

    一木政利から見た高知城高知城

    室津港改修工事が難行したために、その一身を海神にささげることを約して竣工を祈願したという。室津港改修後は、潔くその身を海神に捧げたために、地元町民がその死を悼み、港を見下ろす山の中腹に神社を建立したという。しかし、実際は痛風を患って、高知城下への帰参がかなわず、自刃したという説もある。一木政利 フレッシュアイペディアより)

152件中 61 - 70件表示

「高知城」のニューストピックワード