123件中 61 - 70件表示
  • 柏原長宅

    柏原長宅から見た高知城高知城

    高知城築城の時に一豊が巡視を行った際、一豊と同装束六人衆(野中玄蕃・市川大炊・柏原長宅(半右衛門)・乾宣光(七郎左衛門)・乾和三(猪助))の一人に抜擢され、藩主の側近として仕えている。柏原長宅 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤猛太郎

    後藤猛太郎から見た高知城高知城

    1863年(文久3年)、土佐藩士(上士・馬廻格)後藤象二郎の二男として、高知城下に生まれる。母は寺田剛正(左右馬)の二女(磯子)。象二郎の長男の後藤貞馬が夭逝した為、猛太郎は、事実上の長男として育てられた。後藤猛太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正祐

    乾正祐から見た高知城高知城

    土佐藩上士(馬廻格・300石)乾正行(金右衛門)の嫡男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。母は毛利治郎右衛門の娘。乾正祐 フレッシュアイペディアより)

  • 乾宣光

    乾宣光から見た高知城高知城

    土佐では、一豊から信任の厚い乾和三の兄ということで、一豊からも歓迎され、一豊が高知城の築城の視察にあたり、身の安全のために仕立てた影武者・同装束六人衆(野中玄蕃・市川大炊・柏原長宅(半右衛門)・乾宣光(七郎左衛門)・乾和三(猪助))の一人に選ばれている。乾宣光 フレッシュアイペディアより)

  • 本山茂良

    本山茂良から見た高知城高知城

    土佐藩士(小姓格)乾正壽(宅兵衛)の二男として高知城下に生まれる。母は本山茂苞(安之進)の娘。本山茂良 フレッシュアイペディアより)

  • 桂浜

    桂浜から見た高知城高知城

    上竜頭岬が北東端に、下竜頭岬が南西端にあり、その間に挟まれて弓形に砂浜が延びている。下竜頭岬には竜王宮があり鳥居が立っている。桂浜の近くには、1591年(天正19年)長宗我部元親が北側の丘陵部に浦戸城を築き、一時この地が岡豊城に代わって土佐の中心地になった時期もあった。しかし、初代土佐藩主として土佐入りした山内一豊がこの地では手狭であると感じ、1603年(慶長8年)高知城を築いて移ったため浦戸城は廃城となった。現在は、坂本龍馬記念館・桂浜水族館・大町桂月記念碑などの文学碑等がある。桂浜 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡健吉

    片岡健吉から見た高知城高知城

    1844年2月14日(天保14年12月26日) 、土佐藩上士(馬廻格・250石)片岡篤光(俊平)の嫡男として高知城下中島町に生まれる。母は渋谷次兵衛篤輝の妹(幸)。片岡健吉 フレッシュアイペディアより)

  • 高知大空襲

    高知大空襲から見た高知城高知城

    これらの空襲で、高知城の一部が被害を受け、坂本龍馬の生家など江戸時代以来の高知市の貴重な街並みが失われた。高知大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た高知城高知城

    高知城・五台山より桂浜へのみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 鯨肉

    鯨肉から見た高知城高知城

    流通の常(つね)で生産地の周辺地域に広く消費される傾向にあるが、大坂など近傍経済圏にもこの頃に生まれた伝統的な鯨肉料理が存在する。京都では「鯨の吸い物」が食べられているのを井原西鶴が著書の中で紹介している。十返舎一九も東海道中膝栗毛のなかで大坂の淀川で「鯨の煮付け」を紹介している。高知県では土佐藩の高知城下を中心に数々の鯨料理が伝承されており、特に「はりはり鍋」は代表的な物の一つである。江戸城下では鯨肉を素材に調理した「鯨鍋」や「みそ汁」や「澄まし汁」などが食され、「ホリホリ」「鯨のし」などと称した頭部の軟骨を加工した珍味も売られていた。全体的な傾向としてはシロデモノと総称された皮下脂肪や尾羽が好まれ、尾の身も高級品とされていたが、赤肉については房総半島の一部などを除くとあまり歓迎はされなかったようである。鯨肉 フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示

「高知城」のニューストピックワード