152件中 71 - 80件表示
  • 前田元敏

    前田元敏から見た高知城高知城

    安政4年(1857年)5月4日土佐国高知城下(高知県高知市廿代町11番地)に土佐藩槍指南前田元幸の嫡男として生まれた。文久3年(1863年)寺子屋に学び、慶応3年(1867年)5月15日祖父及と藩主山内豊範に御目見した。前田元敏 フレッシュアイペディアより)

  • よさこい

    よさこいから見た高知城高知城

    慶長年間(1596年 - 1615年)、山内一豊が入国して高知城を築いたとき、作事場で歌われた木遣り唄のヨイショコイという掛け声が変化したとする説(この場合はヨイショコイという掛け声の意)。よさこい フレッシュアイペディアより)

  • 競馬の歴史 (四国地方)

    競馬の歴史 (四国地方)から見た高知城高知城

    高知県においては明治以前から祭典競馬が盛んに行われていた。また、1886年には国道(高知・徳島国道)開通を記念して高知公園東側広場に円形の馬場(1周約600m、幅員5-6m)を建設し、県内から100頭あまりの馬を集め、4日間にわたって競馬(マッチレースによるトーナメント方式による)が行われた。それ以降も、農閑期になると田畑を掘り上げて設置された臨時の馬場を用い、盛んに競馬が行われた。さらに1908年に競馬規程が制定されると、県内の数ヶ所に常設の競馬場が設けられ競馬が行われるようになった。競馬の歴史 (四国地方) フレッシュアイペディアより)

  • 香長平野

    香長平野から見た高知城高知城

    関ヶ原の戦いの後、山内一豊が土佐郡大高坂に高知城を築き、土佐国の政治の中心は現在の高知市に移った。香長平野 フレッシュアイペディアより)

  • 吉良氏

    吉良氏から見た高知城高知城

    しかし、希秀の孫・希雄が土佐守護細川氏の傘下に走って以降は北朝方となり、南朝方の篭る大高坂城(のちの高知城)の攻撃に参加するなどしている。希雄の後は、嫡男の希定、その弟宣実が継いでいったとされるが、この時から通字が「希」から「宣」に変更されており、ましてや兄弟に共通の文字もないことから、宣実については血流の変化が指摘されている。また、この頃から土佐守護職を世襲するようになった細川氏に従っていたとみられ、実際応仁・文明期には、宣通が細川勝元の将として上洛、応仁の乱においてそれなりの軍功を立てたといわれている。吉良氏 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本神社 (南国市)

    坂本神社 (南国市)から見た高知城高知城

    坂本龍馬の先祖は、源氏の流れをくむ明智氏であるともいわれ、近江から四国へ渡った際に、現在の南国市才谷に居を構えたと伝わる。後年、高知城下で今で言う質屋を開業するが、屋号は先祖の出身地である才谷の地名をとり才谷屋としている。そして、龍馬はこうしたいきさつを踏まえた事もあり、自身の変名を才谷梅太郎としたのである。この坂本神社の敷地内には、坂本家先祖の墓所を示す石碑および、龍馬の銅像と公園が整備されている。坂本神社 (南国市) フレッシュアイペディアより)

  • 高知県立武道館

    高知県立武道館から見た高知城高知城

    武道その他のスポーツの振興とそれに伴う健全な心身の育成を目的に1979年(昭和54年)に開設された。本館は高知城付近にある城西公園内の藩政時代に16代藩主山内豊範の命を受けた吉田東洋により開設された教育施設「文武館(致道館)」の跡地(明治以降1976年(昭和51年)まで高知刑務所)に建つ。分館の弘徳館は高知城西の丸に設けられている。高知県立武道館 フレッシュアイペディアより)

  • 細川きよし

    細川きよしから見た高知城高知城

    明治維新後1869年(明治2年)一家で高知城下に移住して、土佐藩の官費生として致道館で学ぶ。1871年(明治4年)、廃藩置県により土佐藩が消滅すると、高知県により設立された英学校で学ぶ。細川きよし フレッシュアイペディアより)

  • 馬場辰猪

    馬場辰猪から見た高知城高知城

    嘉永3年(1850年)、土佐藩士・馬場来八(小姓組格、のち馬廻役)の二男として土佐国高知城下中島町に生まれる。藩校「文武館」で学び、江戸留学の藩命を受けて慶応2年(1866年)、鉄砲洲にあった中津藩邸の福沢塾(後の慶應義塾)で政治史、経済学を学ぶ。その後、長崎に赴いて長崎英語伝習所にてオランダ人宣教師グイド・フルベッキに英語を習う。明治2年(1869年)、慶應義塾に戻り、のちに教師も務める。明治3年(1870年)、土佐藩の留学生として真辺正精、国澤新九郎、深尾貝作、松井正水らとイギリスに留学し、海軍や法学について学ぶ。イギリス留学中、土佐藩イギリス留学生らの団長を務める真辺正精と決闘を行い、真辺を負傷させている。明治7年(1874年)に帰国。翌年、岩倉使節団の一員として再び渡英し、イギリス滞在中に政府留学生となる。留学中、1873年出版の『ELEMENTARY GRAMMAR OF THE JAPANESE LANGUAGE WITH EASY PROGRESSIVE EXERCISES』(日本語文典)の序文にて、森有礼の国語英語化論を批判し、日本語論争などのちに「国語国字問題」とよばれるものに発展し、大槻文彦の『言海』や前島密らの漢字論などと共に「国語」以前の日本語論争の先駆けとなった。その後、フランスにも赴いた。明治11年(1878年)に帰国。この留学で辰猪の思想の中核となる言論思想の自由、「公議輿論」の重要さを学んだ。馬場辰猪 フレッシュアイペディアより)

  • 乾信武

    乾信武から見た高知城高知城

    1778年(安永7年)、高知城下中島町の拝領屋敷にて、土佐藩士乾丈右衛門正聰の長男として誕生。母は林藤左衛門勝周の女。乾信武 フレッシュアイペディアより)

152件中 71 - 80件表示

「高知城」のニューストピックワード