152件中 81 - 90件表示
  • 乾正祐

    乾正祐から見た高知城高知城

    土佐藩上士(馬廻格・300石)乾正行(金右衛門)の嫡男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。母は毛利治郎右衛門の娘。乾正祐 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正春

    乾正春から見た高知城高知城

    土佐藩士(小姓格)乾正壽(宅平)の嫡男として高知城下町に生まれる。母は本山茂苞(安之進)の娘。乾正春 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正直

    乾正直から見た高知城高知城

    土佐藩上士(馬廻格・300石)乾正行(金右衛門)の二男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。乾正直 フレッシュアイペディアより)

  • 狭間

    狭間から見た高知城高知城

    など、設置の仕方を工夫しているものもある。江戸城や大坂城などの枡形門、高知城の追手門の塀の狭間の配置など多くの例があり、長い路地の場合、左右の塀の狭間から挟撃も可能。狭間 フレッシュアイペディアより)

  • 美正貫一郎

    美正貫一郎から見た高知城高知城

    土佐藩医師・下村惇斎の二男として高知城下南奉公人町に生まれる。男気があり智にして鋭敏な人であったという。美正貫一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 満良親王

    満良親王から見た大高坂城高知城

    南朝再建計画の一環として、延元3年/暦応元年(1338年)9月牧宮懐良親王とともに伊勢大湊から出港して土佐に入る。新田綿打入道・金沢左近将監など四国の南軍を従えて、延元5年/暦応3年(1340年)正月大高坂松王丸の救援のため潮江山に布陣し、細川定禅の要請を受けた北軍と交戦するも、遂に敗北して大高坂城は陥落した。興国3年/康永元年(1342年)頃にはほぼ勢力を失って、西国へと落ち延びたらしい。その後の消息は不詳だが、遠江方広寺を開山したとされる臨済宗の無文元選や、正平6年/観応2年(1351年)周防で盛んに令旨を発給している常陸親王(ひたちのしんのう、以下の節で記述)は、花園宮の後身であるとする説がある。満良親王 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年自由民主党総裁選挙

    2008年自由民主党総裁選挙から見た高知城高知城

    9月13日(土) 街頭演説会(大阪府大阪市なんば高島屋前、高知県高知市高知城追手門広場・板垣退助銅像前)2008年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 純信

    純信から見た高知城高知城

    当時の純信は37歳、馬は17歳。僧侶は妻帯が禁止されていたが、安政2年(1855年)5月19日深夜、馬と駆け落ちして笹口番所の裏道から阿波に入り、讃岐琴平の旅籠に泊まっていたところ、関所破りで捕まる。同年9月、高知城下の晒し場で面晒しの刑を受け、国外追放になる。純信 フレッシュアイペディアより)

  • 桂浜

    桂浜から見た高知城高知城

    上竜頭岬が北東端に、下竜頭岬が南西端にあり、その間に挟まれて弓形に砂浜が延びている。下竜頭岬には竜王宮があり鳥居が立っている。桂浜の近くには、1591年(天正19年)長宗我部元親が北側の丘陵部に浦戸城を築き、一時この地が岡豊城に代わって土佐の中心地になった時期もあった。しかし、初代土佐藩主として土佐入りした山内一豊がこの地では手狭であると感じ、1603年(慶長8年)高知城を築いて移ったため浦戸城は廃城となった。現在は、坂本龍馬記念館・桂浜水族館・大町桂月記念碑などの文学碑等がある。桂浜 フレッシュアイペディアより)

  • 四国国分

    四国国分から見た高知城高知城

    九州平定ののちも、長宗我部氏は天正18年(1590年)の小田原征伐、天正20年(1592年)から慶長3年(1598年)にかけての2度の朝鮮出兵に参加した。その間、香宗我部親泰は秀吉から大量の造船用材の供出を命じられ、元親自身も大船数艘の建造などを求められた。軍役等さまざまな負担は決して軽いものではなかった。その一方で元親は、この機会を利用し、支配体制の再編、検地の実施、慶長2年(1597年)3月には四男長宗我部盛親とともに分国法『長宗我部元親百箇条』を定めるなど諸法規の制定をふくむ新政策をつぎつぎに実行にうつした。また、元親・盛親父子は、本拠地を岡豊城(高知県南国市)から大高坂山城(現在の高知城)、さらに浦戸城(高知市)へとうつして、城下町の整備にも力を注いだ。四国国分 フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「高知城」のニューストピックワード