123件中 81 - 90件表示
  • 山内神社

    山内神社から見た高知城高知城

    文化3年(1806年)、土佐藩10代藩主豊策により、初代藩主の一豊とその夫人の見性院(千代)、2代藩主忠義を祀るために高知城内に造営された藤並神社に始まる。当時、初代藩主を神として祀ることが各藩で行われていた。天保6年(1835年)、「藤並大明神」の神号が贈られた。山内神社 フレッシュアイペディアより)

  • 明神善秀

    明神善秀から見た高知城高知城

    土佐藩士(野根在番役・230石)明神信善(只右衛門)の嫡男として高知城下に生まれる。母は真辺弘明(練馬)の姉。明神善秀 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場辰猪

    馬場辰猪から見た高知城高知城

    1850年、土佐藩士・馬場来八(小姓組格、のち馬廻役)の二男として高知城下中島町に生まれる。藩校文武館で学び、江戸留学の藩命を受けて(慶応2年)1862年に鉄砲洲にあった、中津藩邸の福沢塾(後の慶應義塾)で政治史、経済学を学ぶ。その後、長崎に赴いて長崎英語伝習所にてオランダ人宣教師グイド・フルベッキに英語を習う。1869年、慶應義塾に戻り、のちに教師も務める。1870年、土佐藩の留学生として真辺正精、国澤新九郎、深尾貝作、松井正水らと英国に留学し、海軍や法学について学ぶ。イギリス留学中、土佐藩イギリス留学生らの団長を務める真辺正精と決闘を行い、真辺を負傷させている。1874年に帰国。翌年、岩倉遣米欧使節団の一員として再び渡英し、イギリス滞在中に政府留学生となる。その際にはフランスにも赴いた。1878年に帰国。この留学で彼の思想の中核となる言論思想の自由、「公議輿論」の重要さを学んだ。馬場辰猪 フレッシュアイペディアより)

  • 北村重頼

    北村重頼から見た高知城高知城

    弘化2年(1845年)、土佐藩士(馬廻格、200石)・北村五平の子息として高知城下潮江に生まれる。北村重頼 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正春

    吉田正春から見た高知城高知城

    1852年6月6日(嘉永5年4月19日)、土佐藩参政(上士)吉田東洋の嫡男として、高知城下に生まれる。母は後藤正澄の三女(琴)。吉田正春 フレッシュアイペディアより)

  • 本山茂任

    本山茂任から見た高知城高知城

    1826年(文政9年)、土佐藩士(馬廻格)本山茂養(伊平)の嫡男として高知城下に生まれる。母は五藤三郎右衛門正静の娘。本山茂任 フレッシュアイペディアより)

  • 安政南海地震

    安政南海地震から見た高知城高知城

    嘉永七年甲寅十一月五日庚午の申下刻(七ツ半)(1854年12月24日、日本時間16 - 17時頃)、紀伊半島から四国沖を震源(北緯33.0°、東経135.0°)とする巨大地震が起きた。フィリピン海プレートがユーラシアプレート下に沈み込む南海トラフ沿いで起きた海溝型地震である。当日、土佐は小春日和の快晴で、高知城下は南川原にて相撲巡業があり、見物客が群集をなすところに地震が襲い、一時大混乱に陥った。『桑滄談』の記録によれば土佐入野(現・黒潮町大方地区)においては、初めゆるゆる震い次第に強くなりやがて激震になったという。安政南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 東野氏

    東野氏から見た高知城高知城

    秀行の次男左馬助行信は、1585年近江国長浜城主となった山内一豊に召抱えられ、三百石を得て再び武士となる。小田原征伐、関ヶ原の戦いに出陣し功をなす。関ヶ原の戦いの後、徳川家康から土佐国一国を与えられた一豊に従い、土佐に移る。そのため、土佐東野と近江東野と、系譜が別れる事になる。行信は七千石を与えられ、伊予守を名乗る。山内氏の重臣のひとりとなり、明治に至るまで代々高知城主の家臣として仕えた。行信の子、幸政は千四百石を与えられ、江戸城や丹波篠山城の普請に関わった。大坂冬の陣には中備えの大将として従軍し功をあげた。東野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 伽耶院

    伽耶院から見た高知城高知城

    行者堂 ― 1630年築。土佐高知城主・山内忠義の寄進。役行者像を安置伽耶院 フレッシュアイペディアより)

  • 岡豊城

    岡豊城から見た高知城高知城

    国親の子・元親の時代に長宗我部氏は飛躍した。天正2年(1574年)主家であった一条兼定を豊後に追放し土佐を平定。この城を拠点に天正13年(1585年)には四国を統一した。しかし、同年、羽柴秀吉の進攻により降伏し土佐一国に押し込められた。この後、天正16年(1588年)大高坂山城(現在の高知城)に本拠を移したが治水の悪さから再び岡豊を本拠とした。しかし、天正19年(1591年)新たに浦戸城を築いて移った為、長宗我部氏累代の本拠・岡豊城は廃城となった。岡豊城 フレッシュアイペディアより)

123件中 81 - 90件表示

「高知城」のニューストピックワード