前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 高知城

    高知城から見た山内一豊

    戦国時代以前には大高坂山城(おおたかさかやまじょう/おおたかさやま-)または大高坂城と呼ばれる城が築かれていた。現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成し、土佐藩庁が置かれた。4層6階の天守は、一豊の前任地であった掛川城の天守を模したといわれている。一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、高智山城と名を変えたのち、現在の城名となった。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た見性院 (山内一豊室)

    また、城内には山内一豊と妻・千代(見性院)、板垣退助の銅像が立つ。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た山内忠義

    戦国時代以前には大高坂山城(おおたかさかやまじょう/おおたかさやま-)または大高坂城と呼ばれる城が築かれていた。現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成し、土佐藩庁が置かれた。4層6階の天守は、一豊の前任地であった掛川城の天守を模したといわれている。一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、高智山城と名を変えたのち、現在の城名となった。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た高知市

    高知城(こうちじょう、Kōchi Castle, Kōchi-jo)は、高知県高知市(土佐国土佐郡高知)にあった城。別名、鷹城(たかじょう)。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た百々綱家

    慶長6年(1601年)8月、浦戸は城下町を開くには狭いため、一豊は百々綱家を総奉行に任じ、翌月より浦戸湾に面した地の利がある大高坂山に本丸の造営と、城下町の整備のために鏡川・江の口川など川の治水工事に着手した。当時、周辺は湿原が広がるデルタ地帯であった。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た徳川家康

    南北に千鳥破風、東西には唐破風をつけた安土桃山時代の様式である。最上階の高欄は、徳川家康の許可を得て造ったものといわれている。創建時のものは享保12年(1727年)に焼失し、延享4年(1747年)に焼失以前のものを忠実に再建されたものといわれており、高欄を設けるなどのやや古風な形式(復古型)をとっている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た長宗我部盛親

    慶長6年(1601年)、関ヶ原の戦いにおいて元親の子・盛親は西軍に与して改易された。代わって、山内一豊が掛川城から転入し、土佐国一国24万2千石を与えられ、浦戸城に入った。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た豊臣秀吉

    天正15年(1587年)、長宗我部元親は、豊臣秀吉の九州征伐従軍から帰国後、大高坂山に再び城を築いた。ただし、天正13年(1585年)には元親が既に大高坂を本拠にしていたとする説もある。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た山内豊敷

    享保14年(1729年):8代豊敷は、深尾帯刀(ふかお たてわき)を普請奉行に任じ、城の再建に着手。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た板垣退助

    また、城内には山内一豊と妻・千代(見性院)、板垣退助の銅像が立つ。高知城 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「高知城」のニューストピックワード