49件中 21 - 30件表示
  • 高知城

    高知城から見た土佐国

    高知城(こうちじょう、Kōchi Castle, Kōchi-jo)は、高知県高知市(土佐国土佐郡高知)にあった城。別名、鷹城(たかじょう)。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た鏡川

    高知市のある高知平野のほぼ中心に位置する大高坂山(標高44.4m)上に築かれた、梯郭式平山城。山の南を流れる鏡川、北の江の口川をそれぞれ外堀として利用している。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た天守

    江戸時代、土佐藩の藩庁がおかれた。江戸時代に建造された天守や追手門等が現存し、城跡は国の史跡に指定されている。日本100名城に選定されている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た史跡

    江戸時代、土佐藩の藩庁がおかれた。江戸時代に建造された天守や追手門等が現存し、城跡は国の史跡に指定されている。日本100名城に選定されている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た重要文化財

    高知城は本丸の建物が完全に残る唯一の城として知られている。明治6年(1873年)に発布された廃城令や、第二次大戦による空襲を逃れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。現在これらは高知県の所有物となっている。また、この15棟の現存建造物に加えて、土佐山内家宝物資料館に丑寅櫓の一部であると伝わる部材が収蔵されている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た掛川城

    戦国時代以前には大高坂山城(おおたかさかやまじょう/おおたかさやま-)または大高坂城と呼ばれる城が築かれていた。現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成し、土佐藩庁が置かれた。4層6階の天守は、一豊の前任地であった掛川城の天守を模したといわれている。一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、高智山城と名を変えたのち、現在の城名となった。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た廃城令

    高知城は本丸の建物が完全に残る唯一の城として知られている。明治6年(1873年)に発布された廃城令や、第二次大戦による空襲を逃れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。現在これらは高知県の所有物となっている。また、この15棟の現存建造物に加えて、土佐山内家宝物資料館に丑寅櫓の一部であると伝わる部材が収蔵されている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た高知城前駅

    路面電車(土佐電気鉄道伊野線)高知城前駅(最寄り駅)下車、徒歩約5分高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た南朝 (日本)

    大高坂山には、高知城の前身として大高坂山城(または大高坂城)があったとされる。付近の豪族・大高坂氏によって築かれたとされるが、定かではない。記録上では、大高坂松王丸が居城したことが知られている。松王丸は南朝方に付き、延元3年(1338年)には後醍醐天皇の第7子・満良親王を迎えている。しかし興国2年(1341年)、松王丸は北朝方の細川禅定、佐伯経定と戦って敗北、大高坂山城は落城した。その後文献に名がなく、廃城となったと考えられる。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見たデルタ地帯

    慶長6年(1601年)8月、浦戸は城下町を開くには狭いため、一豊は百々綱家を総奉行に任じ、翌月より浦戸湾に面した地の利がある大高坂山に本丸の造営と、城下町の整備のために鏡川・江の口川など川の治水工事に着手した。当時、周辺は湿原が広がるデルタ地帯であった。高知城 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「高知城」のニューストピックワード