1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • 高知城

    高知城から見た湿原

    慶長6年(1601年)8月、浦戸は城下町を開くには狭いため、一豊は百々綱家を総奉行に任じ、翌月より浦戸湾に面した地の利がある大高坂山に本丸の造営と、城下町の整備のために鏡川・江の口川など川の治水工事に着手した。当時、周辺は湿原が広がるデルタ地帯であった。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た浦戸湾

    慶長6年(1601年)8月、浦戸は城下町を開くには狭いため、一豊は百々綱家を総奉行に任じ、翌月より浦戸湾に面した地の利がある大高坂山に本丸の造営と、城下町の整備のために鏡川・江の口川など川の治水工事に着手した。当時、周辺は湿原が広がるデルタ地帯であった。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た九州征伐

    天正15年(1587年)、長宗我部元親は、豊臣秀吉の九州征伐従軍から帰国後、大高坂山に再び城を築いた。ただし、天正13年(1585年)には元親が既に大高坂を本拠にしていたとする説もある。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た浦戸城

    天正19年(1591年)、水はけが悪かったため元親は3年で大高坂山城を捨て、桂浜に近い浦戸に浦戸城を築いた。ただし、元親が大高坂山城を捨てたとする見解は山内氏支配下の江戸時代の二次史料で初めて登場したものであること、浦戸城の規模の小ささや浦戸移転後も大高坂周辺の整備が進められていた形跡があることから、浦戸城は朝鮮出兵に対応した一時的な拠点に過ぎず、大高坂山城の整備も引き続き行われていたとする説もある。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た石垣

    門の入り口は枡形の巨大な石垣で囲まれていて、敵を3方から攻撃できるようになっている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た大手門

    江戸時代、土佐藩の藩庁がおかれた。江戸時代に建造された天守や追手門等が現存し、城跡は国の史跡に指定されている。日本100名城に選定されている。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た高知大空襲

    昭和20年(1945年):高知大空襲で被害を受ける。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た改易

    慶長6年(1601年)、関ヶ原の戦いにおいて元親の子・盛親は西軍に与して改易された。代わって、山内一豊が掛川城から転入し、土佐国一国24万2千石を与えられ、浦戸城に入った。高知城 フレッシュアイペディアより)

  • 高知城

    高知城から見た

    高知城(こうちじょう、Kōchi Castle, Kōchi-jo)は、高知県高知市(土佐国土佐郡高知)にあった。別名、鷹城(たかじょう)。高知城 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示

「高知城」のニューストピックワード