267件中 11 - 20件表示
  • Kaleidoscope (高見沢俊彦のアルバム)

    Kaleidoscope (高見沢俊彦のアルバム)から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    『Kaléidoscope』(カレイドスコープ)は、2007年7月18日にリリースされた高見沢俊彦の2枚目のフルアルバム。Kaleidoscope (高見沢俊彦のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • TOK10

    TOK10から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    原曲は近藤真彦(1981年)・編曲は高見沢俊彦TOK10 フレッシュアイペディアより)

  • water (ロックバンド)

    water (ロックバンド)から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    演奏力の高いメンバー同士の親交はその後も続き、2002年、江沼学は鎌田雅人とGANESHAを結成。一度だけライブを行ったが活動を取りやめている。宮永治郎と鎌田雅人は、2001年、THE CONVOYの武道館ライブに出演した。吉田太郎と中川量は高見沢俊彦のライブで、鎌田雅人と中川量は岸谷香のライブで、宮永治郎と中川量は、hitomiのライブ、鎌田雅人と吉田太郎は山田タマルのライブで共演した。鎌田雅人と中川量と宮永治郎は東宝ミュージカル「RENT」で演奏していたなど、枚挙にいとまがない。そして、鎌田雅人と宮永治郎はプロデューサーとしても活躍している。water (ロックバンド) フレッシュアイペディアより)

  • ARISA (観月ありさのアルバム)

    ARISA (観月ありさのアルバム)から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    小室哲哉、小林武史、辛島美登里、尾崎亜美、奥居香、高見沢俊彦といった有名ミュージシャンが楽曲を提供している。ARISA (観月ありさのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 桜井賢

    桜井賢から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    明治学院高校在学中の1970年、同級生とフォークグループ「コンフィデンス」を結成し、サイモン&ガーファンクルなどのコピーを歌っていた。1972年に、山野楽器で催されたビクター音楽産業主催のフォークコンテストにコンフィデンスとして出場し優勝する。その会場で、ソロで出場していた坂崎幸二(のちの幸之助)に出会ったことが現在のアルフィーの原点である。コンフィデンスには、後に坂崎、高見沢俊彦(桜井と同じ高校出身)が加入し、アルフィーの母体となった。桜井賢 フレッシュアイペディアより)

  • ハートブレイカー (小泉今日子の曲)

    ハートブレイカー (小泉今日子の曲)から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    タイトル曲は、作者である高見沢俊彦がプロデュースを担当したボーカル・ユニット、Skirtのアルバム『SCOPE』(1996年)でカヴァーされた。ハートブレイカー (小泉今日子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 木枯しに抱かれて (小泉今日子の曲)

    木枯しに抱かれて (小泉今日子の曲)から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    作詞・作曲を手がけた高見沢俊彦の所属するバンド、THE ALFEEが1987年にリリースされた「サファイアの瞳」でB面としてセルフカバー(タイトルは「木枯しに抱かれて…」となっており、間奏の変更とその後の新たな歌詞の追加、サビの歌詞が変更されるなど大幅にアレンジ)した。なお、1980年には松山千春も同名のアルバム『木枯しに抱かれて』をリリースしている。木枯しに抱かれて (小泉今日子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 勇者30

    勇者30から見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    高見沢俊彦を始めとし、作曲者やイラストレーター等の数々のクリエイターが参加している。また、ゲーム内のアイデアを一般から募集していた。マップやキャラクター等は全てレトロゲームを思わせるドット絵を拡大したものとなっている。勇者30 フレッシュアイペディアより)

  • 生きよう

    生きようから見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    タイトル曲は2012年の大阪国際女子マラソンイメージソング。マラソンのイメージソングがシングルタイトル曲となるのは4回目である。リードボーカルは高見沢俊彦。とちぎテレビ「イブニング6」3月の月間エンディングテーマ。JTU公式トライアスロン応援ソング。生きよう フレッシュアイペディアより)

  • 瀬能あづさ

    瀬能あづさから見た高見沢俊彦高見沢俊彦

    歌唱力を買われ、いち早くCoCoから脱退し、高見沢俊彦(THE ALFEE)にその才能を認められ、セカンドアルバム「HORIZON」のほとんどの曲を高見沢が作曲するなど、アイドルとしてよりも歌手としての評価が高まっていった。瀬能自身はアイドルという殻を脱ぎ捨てて心機一転を図っていたが、多くのファンは最後までCoCo時代と同様の扱い(ライブ中のコール、バラード熱唱中の手拍子など)をやめなかった。瀬能あづさ フレッシュアイペディアより)

267件中 11 - 20件表示

「高見沢俊彦」のニューストピックワード