266件中 61 - 70件表示
  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見た山川健一

    1989年、作家山川健一の書き下ろしで、「高見沢俊彦」を主人公とする小説『蜂の王様』が発表され、一部のファンの間で物議を醸す。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たエドワード・ヴァン・ヘイレン

    他のアーティストシグネチャーモデルへの造詣も深い。ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ブライアン・メイ、ロイ・ブキャナン、アルヴィン・リー、ニール・ショーン、ピート・タウンゼント、ジョン・サイクス、エドワード・ヴァン・ヘイレン、ジェームズ・ヘットフィールド、カーク・ハメット、ジミー・ウォレス、ゲイリー・ムーア、ドン・フェルダー、デイヴ・ギルモア、ジミ・ヘンドリクス、ザック・ワイルド、バケットヘッド、The Ventures、加山雄三等のシグネチャーモデルも使用している。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たそうる透

    2008年、前年に引き続きアルフィーの夏の野外イベントが中止となったことに伴い、再びソロ活動を行い、シングル「月姫」をリリース。ドラムのそうる透に加え、吉田太郎も参加し、ツインドラムでコンサートツアーを行う。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たスティーブ・ヒレッジ

    1991年、アルフィーとしての活動を半年間休止し、ロンドンでレコーディングされた初めてのソロアルバム『主義-ism:』を発売(「いずむ」と発音されることが多い)。コンサートツアーも実施した(第1期ソロプロジェクトと呼ばれている)。このアルバムは、スティーブ・ヒレッジ、デビッド・モーション、マイク・ヴァーノン、マーティン・ラシェントの4人のプロデューサーを立てて製作された。比較的ポップな曲調ではあるが、ロンドンを意識してか随所にアンビエントな要素が伺える。帰国後のインタビューで、アラン・パーソンズからもプロデュース承諾の返事をもらったがレコーディングがすでに進行していて逆に断ってしまったと話している。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たジミ・ヘンドリックス

    エフェクターは一時はシンプルにしようと考えたというが、現在はラックに組み込んだエフェクターが巨大なクローゼットのようにステージ横に積み上げられる。複数のギターをステージで使い分けるため、ワイアレスシステムを含め、必然的に複数の系統で鳴らすため、巨大なラックとなっている。新しいエフェクターを見つけると、何らかの形で取り入れる傾向が強い。イーブンタイド社のウルトラハーモナイザーや、デジテックのワーミーなどがそれである。レコーディングで効果的に使用したり、ライブでは突拍子もない音を出したり、劇的な効果を与えてギターソロを盛り上げるファクターとして使用するが、本人としては基本的にアンプで音を作るのが理想だという。またジミ・ヘンドリックスが使用していたVOX製ワウ・ペダルを所有しており『とんねるずのみなさんのおかげでした』で披露したこともある。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たバケットヘッド

    他のアーティストシグネチャーモデルへの造詣も深い。ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ブライアン・メイ、ロイ・ブキャナン、アルヴィン・リー、ニール・ショーン、ピート・タウンゼント、ジョン・サイクス、エドワード・ヴァン・ヘイレン、ジェームズ・ヘットフィールド、カーク・ハメット、ジミー・ウォレス、ゲイリー・ムーア、ドン・フェルダー、デイヴ・ギルモア、ジミ・ヘンドリクス、ザック・ワイルド、バケットヘッド、The Ventures、加山雄三等のシグネチャーモデルも使用している。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たマーティー・フリードマン

    マーティー・フリードマン※東京ファイナル公演のみのゲスト出演高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たボーカル

    明治学院高等学校に進学後は、「ツェッペリン・ジュニア・スペシャル」というバンドで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルなどに傾倒し、その高音ボーカルを買われてコピーバンドのボーカルを担当していた。同校の同期の一人に桜井賢がいた。当時、高見沢はD組に所属、桜井はF組に所属していた為、ディープ・パープルのD、フォークのFと話題にされることがある。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見た織田信長

    日本史が好きで、特に織田信長が好きである。2007年7月20日放送の『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演したえなりかずきによると、信長について、1時間熱く語れるほどだという。翌日の同番組出演時には、「革新的・革命的なところ」が好きな理由、と答えた。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見たBE∀T BOYS

    CD等に収録はされていないが、パーソナリティを担当していた「ALFEEのオールナイトニッポン」内でデモテープを放送したり、BE∀T BOYS名義でのコンサートでセルフ・カバーして歌唱した事がある(ビデオ『GREAT PROMOTION』収録)。高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

266件中 61 - 70件表示

「高見沢俊彦」のニューストピックワード