130件中 81 - 90件表示
  • 日本の鉄道

    日本の鉄道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    昭和30年代までは全体的に増加傾向にあったが、昭和40年代以降は、まず高度経済成長期の産業構造の変化にともなう人口分布の変化(大都市への集中)と、自家用車の普及により地方中小私鉄の輸送量減少が進み、多くの中小私鉄が廃線となった。昭和40年代後半(1970年代)以降は航空運賃の低廉化、道路特定財源制度等を利用して高速道路建設等の道路整備、オイルショック後の石油の低価格化による自動車・航空機の増加で、鉄道による長距離輸送の需要減が進んだ。日本の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 磐越自動車道

    磐越自動車道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    磐越自動車道(ばんえつじどうしゃどう、)は、福島県いわき市のいわきJCTから、郡山市を経由して新潟県新潟市江南区の新潟中央ICへ至る高速道路(高速自動車国道)である。高速自動車国道の路線名および、国土開発幹線自動車道の路線名は東北横断自動車道いわき新潟線である。磐越自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸自動車道

    三陸自動車道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    三陸自動車道(さんりくじどうしゃどう)()は、宮城県仙台市宮城野区から岩手県宮古市に至る日本の高速道路(国道45号と宮城県道8号仙台松島線の自動車専用道路)である。略称は三陸道()。三陸自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の国道

    台湾の国道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    快速公路の標識:背景色が赤色。ただし、縁取りは藍色。日本の高速道路に似ている。台湾の国道 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾省道

    台湾省道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    省道快速公路:背景色が赤色。ただし、縁取りは藍色。日本の高速道路に似ている。台湾省道 フレッシュアイペディアより)

  • のりかえ券

    のりかえ券から見た日本の高速道路日本の高速道路

    のりかえ券(のりかえけん)とは、路面電車・路線バスなど原則的に1回乗車するごとに運賃を車内で支払う方式の公共交通機関や、日本の高速道路において、別の路線に乗り継ぐ際に発行される券のこと。乗り換え券、乗換券と表記する場合もあるほか、乗り継ぎ券、乗継券(のりつぎけん)と呼称する場合もある。のりかえ券 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    高松自動車道(たかまつじどうしゃどう、)は、徳島県鳴門市から香川県を経由して愛媛県四国中央市へ至る高速道路(高速自動車国道 + 一般国道自動車専用道路(A'))である。略称は高松道。国土開発幹線自動車道の路線名は、高知自動車道・松山自動車道の一部と併せて四国横断自動車道である。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取自動車道

    鳥取自動車道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    鳥取自動車道(とっとりじどうしゃどう、)は、兵庫県佐用郡佐用町の佐用JCTから岡山県を経由し鳥取県鳥取市の鳥取ICへ至る、高速道路(高規格幹線道路)である。鳥取道()と略される。法定路線名は、播磨自動車道と併せて、中国横断自動車道姫路鳥取線(姫路市-鳥取市)である。鳥取自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海北陸自動車道

    東海北陸自動車道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    東海北陸自動車道(とうかいほくりくじどうしゃどう、)は、起点の愛知県一宮市から岐阜県を経由して富山県砺波市へ至る、東海地方と北陸地方を縦断する高速道路(高速自動車国道)である。東海北陸道()と略される。東海北陸自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 道東自動車道

    道東自動車道から見た日本の高速道路日本の高速道路

    道東自動車道(どうとうじどうしゃどう、)は、北海道千歳市を起点とし北海道釧路市と北海道北見市へ至る予定の、高速道路(高速自動車国道)である。道東自動車道 フレッシュアイペディアより)

130件中 81 - 90件表示

「高速・自動車道事故」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画