123件中 91 - 100件表示
  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た歩行者

    自動車(125ccをこえる自動二輪を含む)だけの通行に限られる。歩行者、軽車両、ミニカー、125cc以下の自動二輪、原付は通行できない(高速自動車国道及び最低速度制限のある自動車専用道路では小型特殊自動車やほかの車をけん引している自動車など、50km/h以上の速度を出せない自動車も通行不可)。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見たヒラギノ

    2010年には、レイアウトが変更され、日本語書体はヒラギノ、英字はVialog、数字はフルティガーに変更された。新しいレイアウトでは、文字サイズが大きくなり、フォントが変更されたことによって視認性が旧タイプの標識より向上している。また、旧レイアウトでは英字が日本語の半分以下のサイズだったのに対し、新レイアウトでは英字のサイズが日本語の半分以上のサイズになっている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た線形 (路線)

    自動車の高速通行に適した線形になっていること。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た

    日本の高速道路・自動車専用道路の道路標識は1963年に制定され、緑色に白色で書かれたものが使われている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た貨物輸送

    日本における高速道路の本格的な実現は戦後の高度成長期に持ち越される。昭和30年代に入ると同時期に進行したモータリゼーションを背景として大都市間を結ぶ幹線高速道路、そして東京をはじめとする大都市内の都市高速道路が急ピッチで建設されていくようになる。これらは国家的施策として計画が立案され、日本道路公団に管理を委ねるかたちで21世紀初頭まで引き続いて高速道路網の整備が促進され続けた。その進展と共に、日本の貨物輸送の主力は従来の鉄道からトラックによる自動車輸送を主軸とするようになっていった。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た最高速度

    最高速度・最低速度については、それぞれ各項目を参照のこと。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た問題

    道路建設についてその土地の自然環境や住環境が悪化する可能性があり、その点を鑑みた付近の住民による反対運動が起こる事がある。また河川の上に高架で高速道路を建設した場合の河川の環境が悪化、もしくは河川そのものを潰して道路がつくられる場合もありその際は自然環境ばかりか景観の悪化という問題も生じる。また社会情勢など様々な事情で計画自体が凍結、変更されることが問題となることもある。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た速度

    「高速道路とは、高速自動車国道と自動車専用道路をいいます。高速道路では、ミニカー、総排気量125cc以下の普通自動二輪車(小型自動二輪車)、原動機付自転車は通行できません。また、農耕用作業車のように構造上毎時50km以上の速度の出ない自動車やほかの車をけん引しているため毎時50km以上の速度で走ることのできない自動車も、高速自動車国道を通行することはできません。」日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た戦後

    日本における高速道路の本格的な実現は戦後の高度成長期に持ち越される。昭和30年代に入ると同時期に進行したモータリゼーションを背景として大都市間を結ぶ幹線高速道路、そして東京をはじめとする大都市内の都市高速道路が急ピッチで建設されていくようになる。これらは国家的施策として計画が立案され、日本道路公団に管理を委ねるかたちで21世紀初頭まで引き続いて高速道路網の整備が促進され続けた。その進展と共に、日本の貨物輸送の主力は従来の鉄道からトラックによる自動車輸送を主軸とするようになっていった。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た省略

    書体は視認性を重視し、日本道路公団が開発した独自の書体の道路公団標準文字(公団文字・公団ゴシック)と呼ばれるものが使用されていた。1963年の名神高速開通に間に合わせる形で実用化に向け標識に使用する書体のパターンが何種類か作られ、視認性などのテストが行われた。公団文字は、標識として掲示した際、100km/hで100-150m手前から6秒以内で認識できるように制作された。そのため、文字は角ばっており、画数の多い文字の一部を省略したりバランスを崩して視認性を確保したりとしているため、非常に独特な文字である。過去には、文字を省略したがゆえに「間違っているのではないか」と指摘を受けたこともある。ただ、新規の高速道路やICが開通する際に名称に使う文字がない場合には新たに作成する必要がある上、文字の組み合わせによっては文字の上下がそろっていないため、「東京」や「京都」等では、同じ文字を二度作る手間があった。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

123件中 91 - 100件表示

「高速・自動車道事故」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画