前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示
  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た中日本高速道路

    高速自動車国道法第四条(高速自動車国道の意義及び路線の指定)に基づく高速自動車国道の路線を指定する政令で指定される路線。本来国道の建設及び管理は道路管理者である国土交通大臣が行うことになっているが、高速自動車国道については法令により、東日本・中日本・西日本の各高速道路会社(民営化以前は日本道路公団(JH))に委任されている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た田中角栄

    建設開始当初、高速自動車国道は原則として建設時の借入金が返済されるまで無料開放をしない有料道路との位置付けであった。このため各路線ごとの借入金がそれぞれの路線の収益により返済された後は、無料開放される予定であった。だが田中角栄内閣によって料金プール制が導入され全国の高速道路の収支を合算することとなったため、東名高速道路をはじめとする利用者の多い路線の収益で他の赤字路線の借入金を返却する状態となった。赤字国債によって建設費を賄ったこともあり、無料化は度々先送りされた。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た有料道路

    高速道路建設の着想自体は実業家の菅原通済が1929年に東京-大阪間に306マイル64チェーン(約493km)の自動車専用舗装道路を事業費8,000万円(当時)で建設し、民間で運営する構想を打ち出したのが最初である。この「日本自動車道株式会社」計画は道路運営会社自体も旅客・貨物輸送(バス・トラック運行)を行い一般の自動車にも有料通行をさせるという鉄道事業と有料道路事業の折衷的構想で計画書も当局に提出されたが、自動車が一般に本格普及する以前の時代で不況とそれに続く戦時体制によってまったく実現しなかった。発案者の菅原自身が多分に投機的・冒険的な政略家であり、欧米の事例に倣って構想のみを先走らせた感も強い。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た東名高速道路

    営業路線名:東名高速道路(略称:東名高速、東名)日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た牽引自動車

    自動車(125ccをこえる自動二輪を含む)だけの通行に限られる。歩行者、軽車両、ミニカー、125cc以下の自動二輪、原付は通行できない(高速自動車国道及び最低速度制限のある自動車専用道路では小型特殊自動車やほかの車をけん引している自動車など、50km/h以上の速度を出せない自動車も通行不可)。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た東日本高速道路

    高速自動車国道法第四条(高速自動車国道の意義及び路線の指定)に基づく高速自動車国道の路線を指定する政令で指定される路線。本来国道の建設及び管理は道路管理者である国土交通大臣が行うことになっているが、高速自動車国道については法令により、東日本・中日本・西日本の各高速道路会社(民営化以前は日本道路公団(JH))に委任されている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た西日本高速道路

    高速自動車国道法第四条(高速自動車国道の意義及び路線の指定)に基づく高速自動車国道の路線を指定する政令で指定される路線。本来国道の建設及び管理は道路管理者である国土交通大臣が行うことになっているが、高速自動車国道については法令により、東日本・中日本・西日本の各高速道路会社(民営化以前は日本道路公団(JH))に委任されている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た首都高速道路

    自動二輪に関しては2005年の法改正に伴い2人乗りの禁止が解禁され、20歳以上かつ免許(大型二輪または普通二輪)を受けていた期間が3年以上であれば運転者以外の人を乗車させて運転できる(首都高速道路の一部区間は除く)。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た田中清一

    財団法人 田中研究所(田中清一により設立)日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た菅原通済

    高速道路建設の着想自体は実業家の菅原通済が1929年に東京-大阪間に306マイル64チェーン(約493km)の自動車専用舗装道路を事業費8,000万円(当時)で建設し、民間で運営する構想を打ち出したのが最初である。この「日本自動車道株式会社」計画は道路運営会社自体も旅客・貨物輸送(バス・トラック運行)を行い一般の自動車にも有料通行をさせるという鉄道事業と有料道路事業の折衷的構想で計画書も当局に提出されたが、自動車が一般に本格普及する以前の時代で不況とそれに続く戦時体制によってまったく実現しなかった。発案者の菅原自身が多分に投機的・冒険的な政略家であり、欧米の事例に倣って構想のみを先走らせた感も強い。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示

「高速道路情報」のニューストピックワード