262件中 21 - 30件表示
  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た篠原修

    また通行量の多い都市部などでは騒音が問題となることがあり、こうした日本の高速道路の多くは、延々と続く巨大な遮音壁を持つようになった。当初は臨時工作物のような防音壁であったが、東京大学教授の篠原修は、高速道路の防音壁デザイン検討委員会の一員だった当時、武者塀をイメージしたとされる防音壁のデザインを提案し、これ以来、道路の内側を包み込むような形態の、場合によっては透明アクリル板などを使用した防音壁デザインのものへと広く定着していった。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た菅原通済

    高速道路建設の着想自体は実業家の菅原通済が1929年(昭和4年)に東京 - 大阪間に306マイル64チェーン(約493 km)の自動車専用舗装道路を事業費8,000万円(当時)で建設し、民間で運営する構想を打ち出したのが最初である。この「日本自動車道株式会社」計画は道路運営会社自体も旅客・貨物輸送(バス・トラック運行)を行い一般の自動車にも有料通行をさせるという鉄道事業と有料道路事業の折衷的構想で計画書も当局に提出されたが、自動車が一般に本格普及する以前の時代で不況とそれに続く戦時体制によってまったく実現しなかった。日本で初めて高速道路構想が持ち上がったこのころの戦前の道路計画では、弾丸よりも速く走れるという意味で弾丸道路と呼ばれていた。東海道新幹線の原形となった鉄道が「弾丸列車」と称したところから命名されたものである。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た首都圏中央連絡自動車道

    道路建設についてその土地の自然環境や住環境が悪化する可能性があり、その点を鑑みた付近の住民による反対運動が起こる事がある。また河川の上に高架で高速道路を建設した場合の河川の環境が悪化、もしくは河川そのものを潰して道路がつくられる場合もありその際は自然環境ばかりか景観の悪化という問題も生じる。実際、環境問題に絡む紛争は各地で勃発しており、特に圏央道では沿線住民や環境保護団体から工事差し止め運動が頻発した。これらを考慮して近年整備される道路では、対策のひとつとして、道路の外側に10〜20mの用地幅をとって、植樹帯や遮音壁を設けた環境施設帯を設ける方法が取られている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た関越自動車道

    3月30日:関越自動車道・越後川口IC - 長岡IC、常磐自動車道・谷田部IC - 千代田石岡IC、山陽自動車道・龍野西IC - 備前ICの3区間が開通し、供用延長が3,000kmを突破。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た上信越自動車道

    11月14日:磐越自動車道・津川IC - 安田IC、上信越自動車道・小諸IC - 更埴JCT、山陽自動車道・神戸JCT - 三木小野ICが開通し、供用延長が6,000kmを突破。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た磐越自動車道

    11月14日:磐越自動車道・津川IC - 安田IC、上信越自動車道・小諸IC - 更埴JCT、山陽自動車道・神戸JCT - 三木小野ICが開通し、供用延長が6,000kmを突破。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た世界銀行

    日本政府が高速道路建設の実現に向けて世界銀行に融資を求めた際に、1956年(昭和31年)に来日したアメリカのワトキンス調査団から日本の高速道路実現の是非について提出された報告書、通称「ワトキンス・レポート」の冒頭の内容は、当時の日本の道路事情の劣悪さを痛烈に批判するものであった。ワトキンスの発言に刺激された日本政府は、翌年の1957年(昭和32年)に高速自動車国道法を制定し、これまで鉄道優先としてきた陸上交通政策から高速道路建設へと舵を切ることとなった。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た道央自動車道

    北海道縦貫自動車道(道央自動車道):「E5」、北海道横断自動車道(札樽自動車道):「E5A」日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た富士吉田線

    昭和40年代以降、日本の高速道路建設は本格的に推し進められてゆき、1968年(昭和43年)に、東名高速道路の部分開通が始まり、翌1969年(昭和44年)には東名高速道路の東京 - 名古屋地区間(東京IC - 小牧IC、346.8 km)が全線開通した。また、同じ年に中央自動車道富士吉田線も開通しており、1982年(昭和57年)に中央自動車道の全線が開通した。東京・大阪の二大都市間が高速道路で結ばれ、物資輸送の大動脈として活躍することとなり、これ以後も北海道から九州・沖縄までの各地で高速道路が着々と開通してゆき、現在も高速道路建設は各地で進められている。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た松山自動車道

    7月28日:松山自動車道・伊予IC - 大洲ICが開通し、松山自動車道全線が開通。日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

262件中 21 - 30件表示

「高速道路情報」のニューストピックワード