前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
904件中 1 - 10件表示
  • 不動明王

    不動明王から見た高野山高野山

    浪切不動(立像) - 高野山南院に伝わる、空海が唐から将来したと伝える像である。頭部を右下方に向け、右目を見開き、左目をすがめ、両牙を下に出す。空海が唐からの帰途、荒波に襲われた際にこの不動に祈ったところ波が去ったという伝説がある。不動明王 フレッシュアイペディアより)

  • 准胝観音

    准胝観音から見た高野山高野山

    日本の真言宗の開祖である空海が高野山の開基の際に、僧房の次にまず准胝堂を建立し、准胝観音を弟子たちの得度の本尊としてお祀りしたのは有名で、のちに高野山が荒廃した際にも僧俗の手によって庫裡にこの准胝観音を安置し守り続けられた。それゆえ、准胝堂の補修が行なわれた昭和の時代になるまで、高野山では准胝堂で僧侶となるための得度の儀式が執り行なわれていた。また、真言宗醍醐派の開祖・聖宝尊師がこれに倣って醍醐寺の開基に准胝観音を勧請し、その孫弟子の仁海は六観音に准胝観音を加え、その後も長く民衆の信仰を集めている。准胝観音 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀絵里子

    古賀絵里子から見た高野山高野山

    写真家として広告写真や講師、TV出演等で活動しながら2009年より和歌山県高野山へ通い新作撮影を続けている。福岡から大学進学のため上京し、その後、23歳でフォトグラファーになる。古賀絵里子 フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見た高野山高野山

    摂関期の天皇は二所宗廟とされた伊勢神宮と石清水八幡宮をはじめ、賀茂社や松尾社などの神社に奉幣したり行幸したりして権威を高めたが、院政期には白河、鳥羽、後白河の3上皇がみずから出家して法皇となり、仏教によって権威を高めた。白河天皇の建立した法勝寺をはじめとする六勝寺が鴨川の東、白河の地にあいついで造営された。また、洛南の鳥羽に多数建てられた阿弥陀堂はじめ数多くの堂塔や仏像がつくられて盛大な法会をひらき、しばしば紀伊へ熊野詣や高野詣を繰り返した。また、後白河法皇は平清盛とともに蓮華王院本堂をつくり、その宝蔵には古今東西の宝物をおさめた。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 高野街道

    高野街道から見た高野山高野山

    高野街道(こうやかいどう)とは、かつて京・大坂から高野山への参詣道として用いられた街道で、主に大阪府河内長野市から和歌山県橋本市の間を指す。高野街道 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県の観光地

    和歌山県の観光地から見た高野山高野山

    ファイル:Danjogaran Koyasan12n3200.jpg|高野山(金剛峯寺壇上伽藍)和歌山県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 愛染明王

    愛染明王から見た高野山高野山

    ちなみに、高野山には空海の請来になる品物を保管している「瑜祇塔」という建造物がある。この名は、愛染明王と同じく『瑜祇経』を典拠としているが、その正式名称は「金剛峯楼閣瑜祇塔」で、高野山真言宗の総本山である金剛峯寺の呼び名は、この「瑜祇塔」に由来する。愛染明王 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の仏教

    日本の仏教から見た高野山高野山

    真言宗(東密) 開祖は空海(弘法大師)、本山は東寺(東寺真言宗)、高野山金剛峯寺、醍醐寺(醍醐派)、智積院(智山派)、長谷寺(豊山派)、根来寺(新義真言宗)ほか日本の仏教 フレッシュアイペディアより)

  • やぐら

    やぐらから見た高野山高野山

    骨は高野山の金剛三昧院に送られ、頼朝の庶子で実朝の異母兄にあたる貞暁が供養した。やぐら フレッシュアイペディアより)

  • 上杉謙信

    上杉謙信から見た高野山高野山

    天文22年(1553年)9月、初めての上洛を果たし、後奈良天皇および室町幕府第13代将軍・足利義輝に拝謁している。京で参内して後奈良天皇に拝謁した折、御剣と天盃を下賜され、敵を討伐せよとの勅命を受けた。この上洛時に堺を遊覧し、高野山を詣で、京へ戻って臨済宗大徳寺91世の徹岫宗九(てつしゅうそうく)のもとに参禅して受戒し「宗心」の戒名を授けられた。上杉謙信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
904件中 1 - 10件表示

「高野山」のニューストピックワード