前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
650件中 1 - 10件表示
  • 和歌山県の観光地

    和歌山県の観光地から見た高野山高野山

    ファイル:Danjogaran Koyasan12n3200.jpg|高野山(金剛峯寺壇上伽藍)和歌山県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野山

    吉野山から見た高野山高野山

    大正13年(1924年)12月には国の名勝・史跡に指定され、昭和11年(1936年)2月 には吉野熊野国立公園に指定された。また平成16年(2004年)7月には吉野山・高野山から熊野にかけての霊場と参詣道が『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。平成2年(1990年)には日本さくら名所100選に選定された。吉野山 フレッシュアイペディアより)

  • 紀の川

    紀の川から見た高野山高野山

    中世、紀伊国は山名氏・大内氏・畠山氏などが守護を務めていた。だが高野山や粉河寺、紀三井寺といった寺社勢力が強い地域であり、中央集権的な統治は不可能であった。従って在地豪族は自立性が強く、大勢力に従うことには抵抗を見せた。戦国時代、織田信長は石山本願寺に通じる雑賀衆・太田党や根来寺の討伐を行ったが、それは他の一向一揆に比べて峻烈なものではなく、和睦という形で決着を見た。このため寺社勢力はその影響力を保持したままであった。紀の川 フレッシュアイペディアより)

  • 清風中学校・高等学校

    清風中学校・高等学校から見た高野山高野山

    3月下旬(終業式・中学卒業式後)に、清風学園から高野山までの100kmを歩く。しかし、中学1年生は途中の泉ヶ丘駅の30km地点で終了となる。ウォーキングが詳しい。清風中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見た高野山高野山

    摂関期の天皇は二所宗廟とされた伊勢神宮と石清水八幡宮をはじめ、賀茂社や松尾社などの神社に奉幣したり行幸したりして権威を高めたが、院政期には白河、鳥羽、後白河の3上皇がみずから出家して法皇となり、仏教によって権威を高めた。白河天皇の建立した法勝寺をはじめとする六勝寺が鴨川の東、白河の地にあいついで造営された。また、洛南の鳥羽に多数建てられた阿弥陀堂はじめ数多くの堂塔や仏像がつくられて盛大な法会をひらき、しばしば紀伊へ熊野詣や高野詣を繰り返した。また、後白河法皇は平清盛とともに蓮華王院本堂をつくり、その宝蔵には古今東西の宝物をおさめた。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉謙信

    上杉謙信から見た高野山高野山

    天文22年(1553年)9月、初めての上洛を果たし、後奈良天皇および室町幕府第13代将軍・足利義輝に拝謁している。京で参内して後奈良天皇に拝謁した折、御剣と天盃を下賜され、敵を討伐せよとの勅命を受けた。この上洛時に堺を遊覧し、高野山を詣で、京へ戻って前大徳寺住持の徹岫宗九(てつしゅうそうく)のもとに参禅して「宗心」の法名を授けられた。上杉謙信 フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀次

    豊臣秀次から見た高野山高野山

    しかし文禄2年(1593年)に秀吉に実子・秀頼が生まれると、秀吉から次第に疎まれるようになる。秀頼と秀次の娘を婚約させるなど互いに譲歩も試みられたが、結局文禄4年(1595年)7月8日、秀吉の命令で高野山に追放され、出家した。以降、出家した元の関白=禅閤となり、豊臣の姓から豊禅閤〈ほうぜんこう〉と呼ばれた。同年7月15日に切腹を命じられ青巌寺・柳の間にて死亡。享年28。辞世は、「磯かげの松のあらしや友ちどり いきてなくねのすみにしの浦」。豊臣秀次 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県

    和歌山県から見た高野山高野山

    令制国では、紀伊半島の由来ともなった紀伊国の大半に当たる(一部は三重県となっている)。江戸時代は初期には浅野家、のちに御三家の紀州徳川家の領地(紀州藩)であった。附家老として田辺に安藤家、新宮に水野家を置いた。古くから「木の国」と謳われたほど山林が多く(中山間地域の比率が7割超)、紀伊水道や熊野灘を挟んで変化に富んだ海岸線が続く。また、このような深山幽谷の地形から高野山開基による仏教寺院や熊野三山などの神社信仰が発達しており、その一方で中世から近代にかけては紀ノ川沿岸を中心に全国から見ても大規模な都市が形成されていた。和歌山県 フレッシュアイペディアより)

  • 天見温泉

    天見温泉から見た高野山高野山

    紀見峠は古くより高野山参拝に用いられ、庶民や貴族を初め、多くの往来があった。そのため、南北朝時代に近郷の流谷八幡神社の宮司が病弱に苦しむ人のために湯治場を開くと、大いにもてはやされた。この功績から高野山から寺領を寄進され、流谷神社は神仏習合し、流谷極楽寺が建立された。それゆえ、参拝客らは極楽寺を参拝してから高野山に参ることが慣習化し、そのことから極楽温泉などと呼ばれるまでに隆盛を極めたが、後の寛延3年に神社が焼失、極楽寺にあった極楽湯室も類焼し、全てが灰燼に帰した。爾後の再建は叶わず、そのまま廃湯となり、遺址だけが往事を偲ばせるものとなった。なお、天見とは神社のあった地名、天見村に因む。天見温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大日坊

    大日坊から見た高野山高野山

    この寺は、寺伝によれば825年(天長2年)空海の開山、弟子である渡海を開基として開かれたと伝えられる。出羽三山参道のうち大網口に位置している。出羽三山神社では蜂子皇子を出羽三山の開祖としているが、大日坊及び注連寺では空海を開祖としている。大網の名は、湯殿山の本地仏である大日如来と月山の本地仏である阿弥陀如来を掛け合わせた「大阿弥」から来ており、地元では、大網を「空海によって聖地として定められ、清められた地」としており、湯殿山を高野山と対なる聖地としている。大日坊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
650件中 1 - 10件表示

「高野山」のニューストピックワード