904件中 91 - 100件表示
  • 近衛宰子

    近衛宰子から見た高野山高野山

    その後、宰子は娘の倫子女王を連れて都に戻った。都では良基は高野山で断食して果てた、または御息所と夫婦になって仲良く暮らしているなどと噂された。近衛宰子 フレッシュアイペディアより)

  • 森田豊香

    森田豊香から見た高野山高野山

    父である三代目森田助左衛門春富(通称を田子翁、1744年 - 1812年)の後を継いで四代目となった豊香は学問を好み、信心に厚く、慈善活動も多かった人物であり、高野山に橋を寄進し、日光には多大な奉納金を献上、文化13年(1816年)に足尾銅山が不況におちいった際は、戸谷半兵衛、森田市郎左衛門(『関八州田舎分限角力番付』では、西方二段目「田畑」で名が表記)などと共に一千両を上納し、困窮者の救援にあたり、名字帯刀を許された(帯刀に関しては一代限り)。また、日照りで苦しむ農民の年貢を助ける事も行った。森田豊香 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本弥紀

    岡本弥紀から見た高野山高野山

    和歌山県高野山生まれ。ニックネームは「おかP」岡本弥紀 フレッシュアイペディアより)

  • 下間蓮崇

    下間蓮崇から見た高野山高野山

    文明の頃、高野山へ参拝しようとした際、和田本覚寺の門徒に高野山ではなく本願寺に参詣することを勧められたのが縁で説法を聴取した所、その教えに感銘を受けて蓮如の教えに帰依し、『蓮崇』の名を与えられた。下間蓮崇 フレッシュアイペディアより)

  • 旧大岡寺庭園

    旧大岡寺庭園から見た高野山高野山

    高野山真言宗の寺院で、山号は浄瑠璃山。奈良時代に賢者上人によって大岡山の山中に開創されたと伝わる。平安時代末期には数多くの堂宇を有していた。1495年に全山焼失するが、1500年に本尊である薬師如来が造立され、時代を経て1683年に本堂が再建される。1967年より山麓に移る。旧大岡寺庭園 フレッシュアイペディアより)

  • 朱印地・黒印地

    朱印地・黒印地から見た高野山高野山

    朱印地・黒印地は寺社の私有地ではなく公領という扱いであるが、領内の租税は免除されており、収益は全て寺社のものとなった。しかし、その土地は最も広い高野山や日光東照宮でも1万石程度、最も狭いものではわずか1石で、朱印地・黒印地からの収益だけで寺社の経営が成り立った例はほとんどなく、多くは自ら開墾した土地、あるいは大名などから寄進された米や金銭で経営を維持していた。朱印地・黒印地 フレッシュアイペディアより)

  • 蝉吟

    蝉吟から見た高野山高野山

    寛文6年(1666年)4月25日、25歳で死去。芭蕉は良忠の遺骨を高野山におさめ、それよりして無常を観じて故郷を出奔し、一所不在の身で俳諧に専念するようになったという。蝉吟 フレッシュアイペディアより)

  • 北信景

    北信景から見た高野山高野山

    信景出奔の原因として『祐清私記』は以下のような話を伝えている。ある時利直の朝食に大豆程の小石が混じっており、また汁には大きな魚の骨が入っていたことがあった。大いに怒った利直は、信景の息子で側仕えの北十蔵に料理人を討つよう命じた。まだ元服前の十蔵は不安に思ったが上意では拒むことも出来ず、料理人を討つが自身も大怪我を負い、この傷がもとで亡くなった。息子を失った信景は嘆き悲しみ、屋敷に引き籠り出仕しなくなってしまい、これに怒った利直に閉門を命じられ、後に出奔して高野山に登ったという。北信景 フレッシュアイペディアより)

  • 小田海僊

    小田海僊から見た高野山高野山

    高野山や京都御所の障壁画(1855年)などの大事業を手掛けている。小田海僊 フレッシュアイペディアより)

  • 巨勢寺塔跡

    巨勢寺塔跡から見た高野山高野山

    平安時代に巨勢川(曽我川)が氾濫し村人が窮していたところへ阿吽法師なる人物が現れて、これを救った。村人は法師を崇めて「玉椿精舎(=巨勢寺)」の一坊に寺を構えさせたと伝わる。しかし、1362年(南朝:正平17年、北朝:貞治元年)に火災で全焼し荒廃する。江戸時代に一度、再建されて高野山真言宗の末寺となったが、再び荒廃し1872年(明治5年)に廃寺となった。その後、1880年(明治13年)に村人の手によって仮堂が建てられ、正福寺に預けられていた仏像を迎えて再興する。安曇仙人修行の地として伝えられる。多くの椿が植えられ名所としても有名。巨勢寺塔跡 フレッシュアイペディアより)

904件中 91 - 100件表示

「高野山」のニューストピックワード