650件中 21 - 30件表示
  • 青龍寺 (青森市)

    青龍寺 (青森市)から見た高野山高野山

    青龍寺(せいりゅうじ)は、青森県青森市にある高野山の青森別院。青龍寺 (青森市) フレッシュアイペディアより)

  • 西行

    西行から見た高野山高野山

    年次に従って言えば、出家直後は鞍馬などの京都北麓に隠棲し、天養初年(1144年)ごろ奥羽地方へはじめての旅行。久安4年(1149年)前後に高野山(和歌山県高野町)に入り、仁安3年(1168年)に中四国への旅を行った。このとき善通寺(香川県善通寺市)でしばらく庵を結んだらしい。後高野山に戻るが、治承元年(1177年)に伊勢二見浦に移った。文治2年(1186年)に東大寺勧進のため二度目の奥州下りを行い、伊勢に数年住ったあと河内弘川寺(大阪府河南町)に庵居。建久元年(1190年)にこの地で入寂した。かつて「願はくは花の下にて春死なん、そのきさらぎの望月のころ」と詠んだ願いに違わなかったとして、その生きざまが藤原定家や僧慈円の感動と共感を呼び当時名声を博した。西行 フレッシュアイペディアより)

  • 寺林峻

    寺林峻から見た高野山高野山

    寺林 峻(てらばやし しゅん、1939年8月8日 - )は日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。兵庫県姫路市夢前町生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。日本文芸家協会、日本ペンクラブ会員。実家は高野山真言宗鹿谷山薬上寺で、僧侶の資格を持っている。寺林峻 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の仏教

    日本の仏教から見た高野山高野山

    その後これら寺院群は政治に口を出すようになった。桓武天皇は、彼らの影響力を弱めるために平安京に遷都し、空海及び最澄を遣唐使とともに中国に送り出し、密教を学ばせた。新しい仏教をもって、奈良の旧仏教に対抗させようとしたのである。最澄(天台宗)、空海(真言宗)には、それぞれ比叡山と高野山を与えて寺を開かせ、密教を広めさせた。平安時代中期は釈迦入滅の二千年後にあたる。正法の千年・像法の千年の後、仏教が滅びる暗黒時代、すなわち末法の世が始まったと考えられた。末法の世にはどんなに努力しても誰も悟りを得ることができない。国が衰え人々の心も荒み、現世での幸福も期待できない。このような人々の状況から、ひたすら来世の幸せを願う浄土信仰が流行した。貴族も阿弥陀仏にすがり、極楽浄土に迎えられることを願って来迎図などを盛んに描かせ、その究極として宇治の地に平等院を建立した。その鳳凰堂の姿形は、正に極楽の阿弥陀仏の宮殿(くうでん)を模したものである。だが、平安時代末期に入ると社会不安が増大し、広大な所領の持ち主であり裕福であった大寺院は盗賊などに狙われる危険性が高くなった。そこでこうした外部からの侵入者から防衛するために僧侶や信徒が武装したのが僧兵である。だが、次第に僧兵そのものが勢力拡大のための武装集団と化し、対立宗派・寺院への攻撃や朝廷への強訴などの武力行使を行う集団として社会の不安要素の1つになっていった。また、寺院内に石垣や堀を巡らせる等の一種の城塞化を進める寺院も現れた。日本の仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 覚鑁

    覚鑁から見た高野山高野山

    生誕の藤津庄が京都仁和寺領であったため、13歳で仁和寺成就院へ入り、16歳で得度・出家。奈良東大寺等で学び、20歳で高野山へ入る。古式な真言宗の伝法の悉くを35歳の若さで灌頂し、弘法大師空海以来の才と称された。覚鑁 フレッシュアイペディアより)

  • 覚海

    覚海から見た高野山高野山

    醍醐寺定海のもとで出家して灌頂も受けたが、師定海の没後は故郷但馬国にもどり与光寺に住した。その後、高野山に上り寛秀に師事して灌頂を受け、華王院を開創して講学につとめた。この間、山城国随心院の親巌(しんごん)と近江国石山寺の朗澄からも灌頂を受けた。1217年(建保5年)高野山検校に任じられ、金峰山との堺相論に奔走した。覚海 フレッシュアイペディアより)

  • 木食応其

    木食応其から見た高野山高野山

    もともとは近江の武士であったが天正元年(1573年)に38歳で高野山において出家し、宝性院の政遍から受戒している(逆に政遍を受戒したという説もあり、未だ詳細は不明、京都は新京極にある誓願寺の勧進聖であったという説も有力)。また高野山入山のおり、十穀を絶つ木食行を行うことを発願している。しかしあくまでも客僧という立場であり、正式な高野山の僧とはならなかった。その後仁和寺で阿闍梨位を受けるなど業績を重ねる一方で連歌の名手でもあり、里村紹巴と親交をもった。木食応其 フレッシュアイペディアより)

  • 神護寺

    神護寺から見た高野山高野山

    京都市街の北西、愛宕山(924メートル)山系の高雄山の中腹に位置する山岳寺院で、紅葉の名所として知られる。清滝川に架かる高雄橋から長い参道を歩いた先の山中に金堂、多宝塔、大師堂などの堂宇が建つ。神護寺は空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺であり、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院である。神護寺 フレッシュアイペディアより)

  • 斯波氏

    斯波氏から見た高野山高野山

    幕府において三管領四職七頭の制ができると、斯波氏は畠山氏、細川氏と管領を出す家柄として重んじられ、他の二家を抑えて三管領筆頭の家柄を有するに至った。斯波義重は1399年の応永の乱における大内氏討伐の功により越前国・尾張国の守護職を与えられ、後に遠江国守護も加えられ、以降斯波氏はこの三ヶ国の守護を世襲するようになる。しかし、義将死後は徐々に衰退への道をたどり、義将の甥である満種は1414年に将軍足利義持の不興を買い、加賀守護職を失って高野山に隠退。1409年に管領職を譲られた孫の斯波義淳もまもなく解任され、足利義教が6代将軍に就任するまで長い間、幕府から冷遇される事となった。斯波氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小辺路

    小辺路から見た高野山高野山

    小辺路(こへち)は、熊野三山への参詣道・熊野古道のひとつ。高野山(和歌山県伊都郡高野町)と熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町)を結び、紀伊山地を南北に縦走する。小辺路 フレッシュアイペディアより)

650件中 21 - 30件表示

「高野山」のニューストピックワード