904件中 21 - 30件表示
  • 泉州石工

    泉州石工から見た高野山高野山

    泉州地方での石工集団の活動を示す最古の例としては古墳時代前期末の堺市二本木山古墳の刳抜式石棺と中期初頭に属する堺市乳岡古墳(百舌鳥古墳群の中の1つである)の長持形石棺がいずれも和泉砂岩製であり、この石材が産出される泉州地方南部で石工が活動し始めた証拠とされる。古墳時代後期においては泉州地方の最大の群集墳である和泉市信太千塚古墳群を始め、この付近の多くの古墳の石室構造にも和泉砂岩が使用されている。また7世紀に建立された泉南市海会寺の礎石にも和泉砂岩が使用されていることが知られている。文献においても9世紀初頭の新撰姓氏録の和泉国神別の条に石作連という氏族が記載されている。しかし、これらの古墳や古代寺院での石材の使用例は供給先がいずれも和泉国(泉州地方)内の限られた狭い範囲であり、はるか後の時代ように数多くの石材製品を他地方に搬出したり、各地に出稼ぎに出たりするような規模の石工集団ではなかったのは明らかである。泉州の石工集団が本格的に活動を開始した時期を示すのは隣国、紀州にある霊場、高野山の中世の五輪塔群である。高野山の西南院には鎌倉時代の弘安期(1278年?1288年)前後の年号日付の有る和泉砂岩の五輪塔4基が存在する。それ以降、和泉砂岩で製作された五輪塔、宝篋印塔が高野山内に多数造立されているようである。有名な戦国大名のものとしては武田信玄の天正元年(1573年)の日付の和泉砂岩製五輪塔も存在する。高野山以外においても、戦国時代から江戸時代にかけては近畿各地に和泉砂岩製の一石五輪塔が搬出されており、かなり離れた近江(滋賀県)地方の琵琶湖沿岸にも和泉砂岩の一石五輪塔が大量に搬入された形跡があると言う。三重県伊勢市荒木田では天正8年(1580年)日付と石屋大工敬白/泉州日根郡鳥取庄の刻印のある和泉砂岩製宝篋印塔が造立されており、形状は高野山の同時期のものと全く同型であるという。さらに、17世紀初めには和泉砂岩石塔は江戸にも搬入されている形跡があると言う。和泉砂岩の石材としての当時の評価についていえば、現在の日本国内で流通している石材で最も高価なものは香川県の庵治石(花崗岩)とされるが、1879年(明治12年)の庵治石産出表によると庵治石は上等の石材だが和泉の石よりは一等下につくとしており、軟質で細密な加工がしやすく、しかも、加工直後には見栄えも良い和泉砂岩は近世には石材として高い評価があったようであり、それを加工する泉州石工への評価をも高める役割を果たしたと言える。また一方、泉州出身の石工集団はその出稼ぎ先や移住先では硬質な花崗岩など現地の石材の加工にも積極的に取り組んだようである。泉州石工 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽保育園 (和歌山市)

    太陽保育園 (和歌山市)から見た高野山高野山

    1月下旬に耐寒訓練で高野山へバスで出かけて、上半身裸の半ズボンで雪の中で綱引きや雪合戦などの雪遊びをする。保育園から裸のまま暖房の無いバスで高野山の寺へ向かい、宿坊で食事後に雪の中で遊んだりして過ごす。吹雪で氷点下8度の時でも、上半身裸の半ズボンに長靴を履いて手袋をして1時間ほど雪遊びをする。その後、保育園に帰り冷水シャワーを浴びる。雪遊びのときだけでなく、保育園から往復する長い時間すべて暖房の一切無い中で裸のまま過ごし、保育園に到着しても冷水シャワーをする。1日中温かい場所ですごさせることは無いため、寒さだけでなく忍耐力も必要である。太陽保育園 (和歌山市) フレッシュアイペディアより)

  • 福岡藩

    福岡藩から見た高野山高野山

    大膳も寛永9年(1632年)6月、忠之が幕府転覆を狙っていると幕府に上訴した。藩側は「大膳は狂人である」との主張を行い、寛永10年(1633年)2月、将軍徳川家光が直々に裁いた結果、忠之の藩側の主張を認め、所領安堵の触れを出し、10年に及ぶ抗争に幕を閉じた。大膳は騒動の責を負って陸奥盛岡藩預かりとなり、十太夫も高野山に追放された。なお、十太夫は島原の乱で黒田家に陣借りして鎮圧軍に従軍したが、さしたる戦功は挙げられず、黒田家復帰はならなかった。のち上方で死去したという。十太夫の孫・倉八宅兵衛に至り、ようやく再仕官を許されている。なお、この時に盛岡南部藩へ預かりとなった栗山大膳は、藩祖・黒田如水所用の兜も一緒に持参した。現在、もりおか歴史文化館に所蔵されている。福岡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 青龍寺 (青森市)

    青龍寺 (青森市)から見た高野山高野山

    青龍寺(せいりゅうじ)は、青森県青森市にある高野山の青森別院。青龍寺 (青森市) フレッシュアイペディアより)

  • 松長有慶

    松長有慶から見た高野山高野山

    松長 有慶(まつなが ゆうけい、1929年(昭和4年)7月21日 - )は日本の宗教家。高野山真言宗の僧侶。僧階・大僧正。高野山・補陀落院住職。高野山大学名誉教授、元同大学学長。21世紀高野山医療フォーラム名誉会長。高野山真言宗総本山金剛峯寺・第412世座主、高野山真言宗管長。全日本仏教会会長(2008-2010年)。松長有慶 フレッシュアイペディアより)

  • 五條県

    五條県から見た高野山高野山

    1870年(明治3年)、宇智郡五條村(現五條市)に置かれていた五條代官所に五條県が設置された。その後、紀伊国内の高野山領、大和国吉野郡十津川郷を管轄した。しかし、翌年の第1次府県統合により廃止された。なお、五條県知事の四条隆平は引き続き奈良県知事を務めている。五條県 フレッシュアイペディアより)

  • 大国実頼

    大国実頼から見た高野山高野山

    永禄5年(1562年)、樋口兼豊の次男として生まれる。幼名は与七。上杉謙信死後の御館の乱では上杉景勝方として戦う。戦後の天正10年(1582年)、景勝の命により天神山城主小国重頼の養子となって小国氏の家督を相続した。高野山の『越後国供養帳』によると、実頼は天正13年(1585年)8月18日に亡くなった義母(重頼室)の供養を依頼している。大国実頼 フレッシュアイペディアより)

  • 苅萱

    苅萱から見た高野山高野山

    加藤左衛門尉繁氏は、妻と妾の醜い嫉妬心(上辺は親し気に振る舞いながら髪の毛が蛇と化して絡み合う様子)を見て世の無常を感じ、領地と家族を捨てて出家し、寂昭坊等阿法師、苅萱道心(かるかやどうしん)と号して、源空上人(法然)のもとで修行し、高野山に登った。苅萱 フレッシュアイペディアより)

  • 善福寺 (大阪市)

    善福寺 (大阪市)から見た高野山高野山

    鏡如庵大師堂(きょうにょあんだいしどう)は、宝暦2年(1752年)3月に高野山岩本院 法資法道が大坂夏の陣(元和元年・1615年)の戦死者の霊を弔うために創建されたと言う。鏡如庵とも称する。鏡如庵大師堂のあった付近は、大坂冬の陣(慶長19年・1614年)では、真田幸村が真田丸を築き、激戦があった。大坂冬・夏の陣ともに激戦地であった。善福寺 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 真田十勇士 (本宮ひろ志)

    真田十勇士 (本宮ひろ志)から見た高野山高野山

    関が原の合戦に参加する為、徳川秀忠の軍が上田城に迫るが、幸村と四勇士を中心とした真田勢はこれに屈せず、秀忠は関が原に遅参する。しかし、西軍は敗北し、幸村親子は高野山で得度し、九度山中での隠居生活を家康に命じられた。真田十勇士 (本宮ひろ志) フレッシュアイペディアより)

904件中 21 - 30件表示

「高野山」のニューストピックワード