904件中 31 - 40件表示
  • 高野聖 (小説)

    高野聖 (小説)から見た高野山高野山

    『高野聖』(こうやひじり)は、泉鏡花の短編小説。当時28歳だった鏡花が作家としての地歩を築いた作品で、幻想小説の名作でもある。高野山の旅僧が旅の途中で道連れとなった若者に、自分がかつて体験した不思議な怪奇譚を聞かせる物語。難儀な蛇と山蛭の山路を抜け、妖艶な美女の住む孤家にたどり着いた僧侶の体験した超現実的な幽玄世界が、鏡花独特の語彙豊かで視覚的な、体言止めを駆使したリズム感のある文体で綴られている。高野聖 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 小辺路

    小辺路から見た高野山高野山

    小辺路(こへち)は、熊野三山への参詣道・熊野古道のひとつ。高野山(和歌山県伊都郡高野町)と熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町本宮)を結び、紀伊山地を南北に縦走する。小辺路 フレッシュアイペディアより)

  • 契沖

    契沖から見た高野山高野山

    契沖は、幼くして摂津国東成郡大今里村(現在の大阪市東成区大今里)の妙法寺の(かいじょう)に学んだ後、高野山で東宝院快賢に師事し、五部灌頂を受け阿闍梨の位を得る。ついで摂津国西成郡西高津村(現在の大阪市天王寺区生玉町)の曼陀羅院の住持となり、その間に下河辺長流と交流し学問的な示唆を受けるが、俗務を嫌い畿内を遍歴して、大和の長谷寺にいたり17日間も絶食念誦し、室生寺では37日間、命を捨てようとしたほどの激しい煉行をした。高野山に戻り、円通寺の快円に菩薩戒を受け、その後、和泉国和泉郡久井村(現在の和泉市久井町)の辻森吉行や同郡万町村(現在の和泉市万町)の伏屋重賢のもとで、仏典、漢籍や日本の古典を数多く読み、悉曇研究も行った。延宝5年(1677年)に延命寺・覚彦に安流灌頂を受ける。延宝6年(1678年)、妙法寺住持分となった後、晩年は摂津国東成郡東高津村(現在の大阪市天王寺区空清町)の円珠庵で過ごした。没後の明治24年(1891年)、正四位を追贈された。契沖 フレッシュアイペディアより)

  • 立川流 (密教)

    立川流 (密教)から見た高野山高野山

    これに対し、真言宗の本流をもって任ずる高野山の僧らは文観を危険視し、1335年(建武2年)に大規模な弾圧を加えた。立川流の僧の多くが殺害され、書物は灰燼に帰した。一長者の地位を剥奪された文観は、京都から放逐され甲斐国へ送られた。その後も文観は、吉野で南朝を開いた後醍醐天皇に付き従い、親政の復活を期して陰で動いた。立川流 (密教) フレッシュアイペディアより)

  • 寺林峻

    寺林峻から見た高野山高野山

    寺林 峻(てらばやし しゅん、1939年8月8日 - )は日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。兵庫県姫路市夢前町生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。日本文芸家協会、日本ペンクラブ会員。実家は高野山真言宗鹿谷山薬上寺で、僧侶の資格を持っている。寺林峻 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田忠之

    黒田忠之から見た高野山高野山

    忠之は生まれながらの大藩御曹司であり、祖父や父とは違い、性格も奔放で我侭であったという。外見は華美で派手なものを好み、藩の財力でご禁制の大型船舶、「鳳凰丸」などを建造したり、自らの側近集団を組織し、倉八正俊、郡慶成らを重用した。一方で「筑前六端城(領内主要6拠点の支城)」城主を始め、父・長政時代からの重臣たちと対立し、忠之は所領減封や改易などの強硬策をとった。ところが寛永9年(1632年)、六端城の一つ・麻底良城主・栗山利章(大膳)によって幕府に「黒田家、幕府に謀反の疑いあり」と訴えられ、黒田家は改易の危機に立たされた。いわゆる黒田騒動である。3代将軍・徳川家光は自ら裁定を下し、栗山の訴えは「精神的に異常であり藩主への逆恨み」と裁断し、のち幕命により倉八は高野山、栗山は盛岡藩南部家へ預けられ追放された。藩主黒田家はお咎めなし(正確には名目上いったん改易後、旧領に再封する形を取った)であったが、このこともあり、長政と懇意の仲であった幕府老中の安藤直次、幕府古老・成瀬正虎らから連署で忠之へ書状が送られ、「御父上のように年寄どもとご相談の上」藩政を進めるように促された。その結果、忠之の側近政治は弱められ、福岡藩の政治は元の重臣を中心とした合議制色が強くなった。黒田忠之 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦いの戦後処理

    関ヶ原の戦いの戦後処理から見た高野山高野山

    西軍から東軍へと寝返った武将の中で加増を受けたのは以下の通りである。京極高次は所領の大津が大坂に近く、はじめは西軍へと参加していたが東軍が岐阜城を陥落させると石田三成からの大垣城守備の命令を無視して大津城へと舞い戻り籠城した。交通の要衝、大津の領主が東軍へと寝返ったという事は西軍としては看過出来ることではなく、立花宗茂など15,000人を大津城攻略に当たらせた。高次は9月15日に西軍に降服し高野山に謹慎させられる事となったが、同日に関ヶ原本戦が起こり結局のところ大津城攻略に割かれた兵は関ヶ原に間に合わなかった。これを評価した家康によって高次は戦後、謹慎を解かれ若狭小浜8万5000石を新たに与えられる事になったのである。関ヶ原の戦いの戦後処理 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山町石道

    高野山町石道から見た高野山高野山

    町石道(ちょういしみち)は、慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町)から高野山(和歌山県伊都郡高野町)へ通じる高野山の表参道である。弘法大師が高野山を開山して以来の信仰の道とされてきた。高野山町石道 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽三山

    出羽三山から見た高野山高野山

    出羽三山の修験道には、かつて、当山派、本山派の修験も存在した。これに加えて月山の祖霊信仰が結びついた、土着の羽黒派修験の3修験の修行道場として共存していた。なお、当山派や本山派では、空海や役小角を出羽三山の開祖としていた。このうち空海開基説は、真言宗湯殿山派諸寺において唱えられている説である。これによると、空海が諸国漫遊の旅を行っている途上、ある川(梵字川。赤川の上流部の名称)を光り輝く葉が流れてきた。それを拾い上げるとその葉には、大日如来を表す5文字の真言が書かれていたため、この川の上流に聖地があると確信して川をさかのぼり、ついには湯殿山にたどり着いたという。湯殿山派諸寺では、湯殿山および空海によって開かれた大網の地を「高野山と対なる聖地」としている。なお、出羽三山の寺社の中には、東照大権現や飯縄権現が勧請される例もあった。出羽三山 フレッシュアイペディアより)

  • 神護寺

    神護寺から見た高野山高野山

    京都市街の北西、愛宕山(924メートル)山系の高雄山の中腹に位置する山岳寺院で、紅葉の名所として知られる。清滝川に架かる高雄橋から長い参道を歩いた先の山中に金堂、多宝塔、大師堂などの堂宇が建つ。神護寺は空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺であり、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院である。神護寺 フレッシュアイペディアより)

904件中 31 - 40件表示