650件中 41 - 50件表示
  • 金剛峯寺

    金剛峯寺から見た高野山高野山

    金剛峯寺(こんごうぶじ)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある高野山真言宗総本山の寺院。金剛峯寺 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦い

    関ヶ原の戦いから見た高野山高野山

    家康が書状作戦を展開している頃、正則ら東軍先鋒は清洲城に集結したが、その後一向に家康からの音沙汰がなく、正則は、自分たちを捨石にするのかと激怒。家康の娘婿である池田輝政がこれに反発して、口論したと伝えられている。しかし家康の使者・村越直吉が来着し「なぜ早く美濃攻略に掛からないのか」と尋ねられるや、正則ら東軍諸大名は勇躍して美濃へとなだれ込んだ。8月22日に輝政らが河田(現一宮市)より木曽川を渡り、米野村(現笠松町)付近で西軍と激突(河田木曽川渡河の戦い、米野の戦い)。加賀野井(現羽島市)から渡河した正則らも竹ヶ鼻城を陥落させ(竹ヶ鼻城の戦い)、その後東軍はさらに進軍し、翌日、織田秀信が城主の岐阜城を落とした(岐阜城の戦い)。城主である秀信は、正則や輝政の助命嘆願もあって弟の織田秀則と共に高野山へ追放され、彼の地で病没。織田氏本宗家は断絶した。同時期美濃国内では東濃で妻木頼忠が東軍方として西軍についた田丸直昌の家臣らと交戦していたが、遠山友政、小里光明など本能寺の変後に秀吉に服属する事を拒絶して領地を失い、家康に保護されていた東濃の元領主が、旧領復活を狙い妻木軍と組んで西軍方の田丸直昌や河尻秀長の領地に攻めこみ苗木城、明智城などを陥落させ、西濃でも市橋長勝や徳永寿昌らが福束城や高須城など、西軍方の拠点を陥落させていった。さらに犬山城守備の任に就いていた関一政や加藤貞泰、竹中重門が井伊直政の誘いで東軍に降り、郡上八幡城の稲葉貞通も降伏するなど東軍優勢となりつつあった。関ヶ原の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 大国実頼

    大国実頼から見た高野山高野山

    永禄5年(1562年)、樋口兼豊の次男として生まれる。幼名は与七。上杉謙信死後の御館の乱では上杉景勝方として戦う。戦後の天正10年(1582年)、景勝の命により天神山城主小国重頼の養子となって小国氏の家督を相続した。高野山の『越後国供養帳』によると、実頼は天正13年(1585年)8月18日に亡くなった義母(重頼室)の供養を依頼している。大国実頼 フレッシュアイペディアより)

  • 長慶天皇

    長慶天皇から見た高野山高野山

    譲位後しばらく院政を敷いた形跡があり、元中2年/至徳2年(1385年)9月「太上天皇寛成」の名で高野山丹生社に宸筆願文を納めたが、翌元中3年/至徳3年(1386年)4月に二見越後守宛に下した院宣を最後に史料の上から姿を消している。その後は落飾して金剛理(覚理とも)と号し、禅宗に帰依した模様であり、元中9年/明徳3年(1392年)閏10月に成った南北朝合一の際にも後亀山天皇に同行して京に入った形跡は見られない。『大乗院日記目録』によれば、応永元年(1394年)8月1日に崩御。享年52。晩年の地については、吉野に留まったとする説の他、紀伊玉川里(和歌山県九度山町)とする説、和泉大雄寺塔頭の長慶院(大阪府高石市)とする説(後述)、あるいは京に入ったとみて、天竜寺塔頭の慶寿院(京都市右京区)とする説など諸説がある。長慶天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 南海高野線

    南海高野線から見た高野山高野山

    真言宗の霊場高野山への足であり、終点の極楽橋駅からは鋼索線に連絡している。また、大阪府南河内地域西部・和歌山県紀北地域東部から大阪への通勤・通学路線でもある。かつては、南海本線に対して支線的な存在だったが、泉北ニュータウンをはじめとする沿線の宅地開発が進み、南海電鉄の中心路線となっている。南海高野線 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦いの戦後処理

    関ヶ原の戦いの戦後処理から見た高野山高野山

    西軍から東軍へと寝返った武将の中で加増を受けたのは以下の通りである。京極高次は所領の大津が大坂に近く、はじめは西軍へと参加していたが東軍が岐阜城を陥落させると石田三成からの大垣城守備の命令を無視して大津城へと舞い戻り籠城した。交通の要衝、大津の領主が東軍へと寝返ったという事は西軍としては看過出来ることではなく、立花宗茂など15,000人を大津城攻略に当たらせたが高次は9月15日に西軍に降服し高野山に謹慎させられる事となったが、同日に関ヶ原本戦が起こり結局のところ大津城攻略に割かれた兵は関ヶ原に間に合わなかった。これを評価した家康によって高次は戦後、謹慎を解かれ若狭小浜8万5000石を新たに与えられる事になったのである。関ヶ原の戦いの戦後処理 フレッシュアイペディアより)

  • 九度山町

    九度山町から見た高野山高野山

    紀の川の南岸にあり、そこに流れ込む不動谷川の川筋に沿ってできた谷間と、さらにそこへ東から流れ込む丹生川による谷間からなる。高野山への通り道である。九度山町 フレッシュアイペディアより)

  • 南海りんかんバス

    南海りんかんバスから見た高野山高野山

    南海電気鉄道の100%出資子会社で、橋本営業所(和歌山県九度山町、橋本市)と、世界遺産の霊場高野山内と護摩壇山や奈良県野迫川村への急行バスを運行する高野山営業所がある。南海りんかんバス フレッシュアイペディアより)

  • 空海

    空海から見た高野山高野山

    弘仁7年(816年)6月19日、修禅の道場として高野山の下賜を請い、7月8日には、高野山を下賜する旨勅許を賜る。翌弘仁8年(817年)、泰範や実恵ら弟子を派遣して高野山の開創に着手し、弘仁9年(818年)11月には、空海自身が勅許後はじめて高野山に登り翌年まで滞在した。弘仁10年(819年)春には七里四方に結界を結び、伽藍建立に着手した。空海 フレッシュアイペディアより)

  • 雨月物語

    雨月物語から見た高野山高野山

    仏法僧(ぶつぽうそう) - 旅の親子が高野山で、怨霊となった豊臣秀次の一行の宴に遭い、怖い思いをする。巻之三収録。(→)雨月物語 フレッシュアイペディアより)

650件中 41 - 50件表示

「高野山」のニューストピックワード