904件中 41 - 50件表示
  • 阿しゅく如来

    阿しゅく如来から見た高野山高野山

    日本における阿閦如来の彫像は、五仏(五智如来)の一として造像されたものが大部分であり、阿閦如来単独の造像や信仰はまれである。重要文化財指定品で阿閦如来と称されているものには、奈良・法隆寺大宝蔵殿南倉安置の木造坐像、和歌山・高野山親王院の銅造立像がある。阿しゅく如来 フレッシュアイペディアより)

  • 大津城

    大津城から見た高野山高野山

    1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで高次は東軍に属し大津城に籠城した。しかし大津城はもともと琵琶湖の水運を利用して美濃、越前方面から運ばれてくる物資を安全に保管するための城郭であり、攻防戦には不向きであった。9月7日より毛利元康・立花宗茂ら西軍1万5000に城を囲まれ攻防戦が開始された。これに先立ち、京極軍3000は12時間かけて城下を焼き払い、町は荒野と化した。京極軍は家臣赤尾伊豆守、山田大炊以下、奮戦し、7日間持ち堪えたが、9月13日からは近くの長等山から大砲で砲撃を受け、砲弾は眼下に落ちるような勢いで天守その他の建築物を破壊し、城内が混乱した間隙を縫って立花軍が二ノ丸までを占拠した。ここに至り、北政所の側近孝蔵主と高野山の木食応其の仲介による講和が成立する。9月14日に降伏開城した高次は園城寺に入り、剃髪して高野山に上った。しかし、西軍1万5000を大津城に釘付けにした功績は大きく、戦後、徳川家康は高次を召しだし、若狭小浜城8万2000石に加増転封させた。大津城 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾泰伸

    松尾泰伸から見た高野山高野山

    '07 高野山 壇上伽藍、世界遺産3周年記念イベント「高野山町石ウオーク&声明LIVE」松尾泰伸 フレッシュアイペディアより)

  • コウヤマキ

    コウヤマキから見た高野山高野山

    水に強くて朽ちにくいことから、現在でも湯船材や橋梁材として重宝されている。和名は、高野山真言宗の総本山である高野山に多く生えていることに由来する。また、高野山では霊木とされる。コウヤマキ フレッシュアイペディアより)

  • 南海りんかんバス

    南海りんかんバスから見た高野山高野山

    南海電気鉄道の100%出資子会社で、橋本営業所(和歌山県九度山町、橋本市)と、世界遺産の霊場高野山内と護摩壇山や奈良県野迫川村への急行バスを運行する高野山営業所がある。これら2つの営業所は直接自社の路線で繋がっておらず、南海高野線・南海鋼索線を介して接続する。鋼索線運休時や災害による鉄道不通時は、橋本・高野山の両営業所間で車両融通をしながら代行輸送を行う(大阪の南海バスによる応援車もある)。南海りんかんバス フレッシュアイペディアより)

  • 聖痕のクェイサー

    聖痕のクェイサーから見た高野山高野山

    高野山からの指令を受け、「サルイ・スー」の生神女を破壊するために派遣された。水の聖堂、誕生祭での戦いを通じて元素回路を巡る戦いにも身を投じる中で六実と共に神成計画に対抗すべく聖ミハイロフ学園に戻る。その後、遺跡の戦いで汪震とルクレツィアに対峙し、遺跡は奪われるが汪震を破ると共にルクレツィアを絶望から救い出した行動はビッグ・マムに賞賛される。聖痕のクェイサー フレッシュアイペディアより)

  • 安楽川荘

    安楽川荘から見た高野山高野山

    安楽川荘(あらかわのしょう)は、平安時代?近世にかけて紀伊国にあった荘園。高野山領。「荒川」「荒河」とも書く。安楽川荘 フレッシュアイペディアより)

  • 長慶天皇

    長慶天皇から見た高野山高野山

    譲位後2年程は院政を敷いていた証拠があり、元中2年/至徳2年(1385年)9月「太上天皇寛成」の名で高野山丹生社に宸筆願文を納めたが、翌元中3年/至徳3年(1386年)4月に二見越後守宛に下した院宣を最後に史料の上から姿を消している。その後は落飾して金剛理(覚理とも)と号し、禅宗に帰依した模様である。長慶天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 土御門顕定

    土御門顕定から見た高野山高野山

    父・定通の死後、顕定は近衛大将への任官を希望する。自分の擁立者の嫡子の願いゆえ、後嵯峨上皇はこれを承諾するが、西園寺実氏が横槍を入れ、上皇は西園寺家は蔑ろにできないと思い、西園寺公基・公相兄弟を近衛大将に任官させた。除目の結果を聞いた顕定はこれを大いに恨んだ。建長7年(1255年)に入っても、正月1日の元日節会や、同7日の白馬節会、同16日の踏歌節会ではそれぞれ内弁を勤め仕り、2月26日には祈年穀奉幣の行事に参仕するなど、精力的に活動を行うが、4月13日に先の人事を憂えて突如高野山にて出家してしまった。土御門顕定 フレッシュアイペディアより)

  • 宿坊

    宿坊から見た高野山高野山

    宿坊、宿房(しゅくぼう)は、主に仏教寺院などで僧侶や参拝者のために作られた宿泊施設である。僧侶専用の施設は僧房ともいう。本来は僧侶や参拝者のみに特化した宿泊施設だったが、現在では一般観光客も積極的に受け入れる施設も増加し、それに伴い設備やサービスの拡充の傾向が見られ、高野山福智院のように天然温泉を引いた露天風呂を併設する寺院もある。宿坊 フレッシュアイペディアより)

904件中 41 - 50件表示

「高野山」のニューストピックワード