650件中 51 - 60件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た高野山高野山

    南海電気鉄道株式会社(なんかいでんきてつどう、英称:Nankai Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪の難波から和歌山・関西空港・高野山などを結ぶ大手私鉄。大阪府と和歌山県を基盤としている。総営業キロは154.0km。車両数は704両。一般的には「南海」もしくは「南海電鉄」と略されるほか、「南海電車」の呼称がある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 大山康晴

    大山康晴から見た高野山高野山

    戦後に復員して棋士に戻り、創設された順位戦にB級六段として出場。1947年(昭和22年)に七段昇段。1948年(昭和23年)、時の塚田正夫名人への挑戦者は升田幸三八段と見られていたが、大山はB級1位ながら当時の変則運用によりA級棋士を連破して、A級1位の升田にも「高野山の決戦」(第7期名人挑戦者決定三番勝負第三局)で辛勝して初めて名人挑戦者となる。しかし、名人にはまだ及ばなかった。この年、A級八段に昇段。大山康晴 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ和歌山

    テレビ和歌山から見た高野山高野山

    OPは県内の名所(主に高野山・熊野古道)が数ヵ所映され、「JOOM-DTV テレビ和歌山」のテロップとナレーションで始まる。テレビ和歌山 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信長

    織田信長から見た高野山高野山

    同年に荒木村重の残党を匿ったり、足利義昭と通じるなど、高野山が信長と敵対する動きを見せる。『信長公記』によれば、信長は使者十数人を差し向けたが、高野山が使者を全て殺害した。一方、『高野春秋』では荒木村重探索の松井友閑の兵32名が高野山の領民に乱暴狼藉を働いたために高野山側がこれを殺害したと記している。いずれにしても、この行動に激怒した信長は、織田領における高野聖数百人を捕らえる(高野聖は諜報活動を行っていたともいう)と共に、河内国や大和国の諸大名に命じて高野山を包囲させた。織田信長 フレッシュアイペディアより)

  • コウヤマキ

    コウヤマキから見た高野山高野山

    水に強くて朽ちにくいことから、現在でも湯船材や橋梁材として重宝されている。和名は、高野山真言宗の総本山である高野山に多く生えていることに由来する。また、高野山では霊木とされる。コウヤマキ フレッシュアイペディアより)

  • 5月3日 (旧暦)

    5月3日 (旧暦)から見た高野山高野山

    弘仁10年(ユリウス暦819年5月30日) - 空海が高野山で真言宗総本山金剛峯寺の開創に着手5月3日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 有王

    有王から見た高野山高野山

    『平家物語』によると、師を慕う有王は鬼界ヶ島をおとずれ、変わり果てた姿の俊寛と再会。有王は俊寛の娘の手紙を渡し、それを読んだ俊寛は死を決意して食を断ち自害する。有王は鬼界ヶ島より俊寛の灰骨を持ち帰り、高野山奥院に納め、蓮華谷で出家して菩提を弔ったとされる。有王 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道3号かつらぎ桃山線

    和歌山県道3号かつらぎ桃山線から見た高野山高野山

    この道は高野山へのルートだが、殆どの車は国道370号や国道480号を通るため、比較的交通量は少ない。和歌山県道3号かつらぎ桃山線 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山平野

    和歌山平野から見た高野山高野山

    北を和泉山脈に、南東を紀伊山地(高野山等)に囲まれ、西の和歌山湾(紀伊水道)に注ぎ込む紀の川が主要河川である。北隣には大阪平野がある。和歌山平野 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原成頼

    藤原成頼から見た高野山高野山

    こうしたことからその後も平氏政権とも関係は良好であり、清盛の盟友の藤原邦綱の娘を妻とし、高倉天皇の乳母人となっている。また仁安元年(1166年)には邦綱の譲りを受けて参議に任ぜられている。しかし、承安4年(1174年)に兄光頼の一周忌を受けて出家。以降は高野山に上って隠棲し、高野宰相入道と呼ばれた。藤原成頼 フレッシュアイペディアより)

650件中 51 - 60件表示

「高野山」のニューストピックワード