904件中 51 - 60件表示
  • 紀伊国

    紀伊国から見た高野山高野山

    平安時代後期に熊野三山(熊野本宮、熊野新宮、熊野那智の連合体)が成立し、太上天皇(上皇)による熊野御幸がおこなわれるようになると、熊野古道が整備され熊野詣が流行った。その他、紀州の三井寺とされた紀三井寺、空海の高野山金剛峯寺、道成寺、根来寺など大寺大社が紀州の地に建てられた。紀伊国 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉貞幹

    千葉貞幹から見た高野山高野山

    十津川郷士・千葉清宗の長男として生まれる。高野山三宝院で学ぶ。慶応3年12月(1868年1月)、鷲尾隆聚の高野山挙兵に参加。千葉貞幹 フレッシュアイペディアより)

  • 金峯山寺

    金峯山寺から見た高野山高野山

    吉野・大峯は古代から山岳信仰の聖地であり、平安時代以降は霊場として多くの参詣人を集めてきた。吉野・大峯の霊場は、和歌山県の高野山と熊野三山、及びこれら霊場同士を結ぶ巡礼路とともに世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっている。金峯山寺 フレッシュアイペディアより)

  • 声明

    声明から見た高野山高野山

    古義真言宗の声明は江戸時代にかけて衰微・廃絶した。本相応院流・新相応院流・醍醐流は明治中期ごろまでには廃絶した。現在では、中川大進流を継ぐ智山(ちざん)声明(京都・智積院)、豊山(ぶざん)声明(奈良・長谷寺)、南山進流(なんざんしんりゅう・高野山、京都・古義真言宗寺院)に分別される。声明 フレッシュアイペディアより)

  • 高野口駅

    高野口駅から見た高野山高野山

    駅の建設された高野口町名倉は、高野山参詣道が通る要地で、和歌山線の大和二見 - 和歌山(後の紀和駅)間を建設した私鉄の紀和鉄道が設立された当初から駅を要望しており、開業後は貨物の集散も見込めることから、駅の建設が予定されていた。しかし駅の設置に関連しては紛糾があった。この地域を流れていた田原川、盲川、東谷川、宮谷川の4つの河川は勾配が不規則で、大雨のたびに洪水を起こす恐れがあり、地元では改修を企画していたが費用が巨額のため実現せずにいた。鉄道建設に際して、これら4つの川を線路に沿って西へ流して嵯峨谷川に合流させる改修を行うよう、鉄道会社に対して地元から要求が行われた。もともと天井川であったこれらの河川の堤防のために停車場に傾斜が生じるところであったが、川の付け替えを行えば傾斜を除去できる上に洪水対策上も有用であったことから、巨額の経費がかかるものの会社はこれに対しては応じることにした。一方駅西側の大野地区(高野口町大野)の住民は、線路の下を人馬が通れるトンネルを3か所に設けることを要求し、踏切で十分であるとする会社側との協議はまとまらなかった。結果的に1899年(明治32年)8月4日に和歌山県知事に対して工事設計協議会の設置を求め協議を行ったがやはりまとまらなかった。9月12日には審査会の設置を求め、11月24日の審査会の結論は会社側に不利なものとなった。そこで会社は内務大臣に対して不服を唱え、翌1900年(明治33年)3月31日の裁定により会社側の設計が妥当と認められることになった。このように長く地元が設計に納得せず、また県の裁定が会社の不利となるものであったのは、当時の政党間の対立関係が影響したのではないかとされている。高野口駅 フレッシュアイペディアより)

  • 酒呑童子

    酒呑童子から見た高野山高野山

    一行は山伏(修行僧)と偽って酒呑童子の饗応を受け、童子は自分の身の上を語りだす。ここでは童子は「本国は越後の者」と明かし、比叡山にいたが伝教大師(既出。最澄)によってそこを追われ、この峰(大江山)に住んだが、今度は弘法大師に追放された。しかし空海が高野山で亡くなった後、舞戻ってきた、と語りだす酒呑童子 フレッシュアイペディアより)

  • 覚海

    覚海から見た高野山高野山

    醍醐寺定海のもとで出家して灌頂も受けたが、師定海の没後は故郷但馬国にもどり与光寺に住した。その後、高野山に上り寛秀に師事して灌頂を受け、華王院を開創して講学につとめた。この間、山城国随心院の親巌と近江国石山寺の朗澄からも灌頂を受けた。1217年(建保5年)高野山検校に任じられ、金峰山との堺相論に奔走した。覚海 フレッシュアイペディアより)

  • 空海

    空海から見た高野山高野山

    弘仁7年(816年)6月19日、修禅の道場として高野山の下賜を請い、7月8日には、高野山を下賜する旨勅許を賜る。翌弘仁8年(817年)、泰範や実恵ら弟子を派遣して高野山の開創に着手し、弘仁9年(818年)11月には、空海自身が勅許後はじめて高野山に登り翌年まで滞在した。弘仁10年(819年)春には七里四方に結界を結び、伽藍建立に着手した。空海 フレッシュアイペディアより)

  • 紀州征伐

    紀州征伐から見た高野山高野山

    ルイス・フロイスの言を借りると16世紀後半の紀伊は仏教への信仰が強く、4つか5つの宗教がそれぞれ「大いなる共和国的存在」であり、いかなる戦争によっても滅ぼされることはなかった。それらのいわば宗教共和国について、フロイスは高野山、粉河寺、根来寺、雑賀衆の名を挙げている。フロイスは言及していないが、五つめの共和国は熊野三山と思われる。共和国と表現されたように、これら寺社勢力や惣国一揆は高い経済力と軍事力を擁して地域自治を行い、室町時代中期の時点でも守護畠山氏の紀伊支配は寺社勢力の協力なしには成り立たない状況だった。紀州征伐 フレッシュアイペディアより)

  • 興山寺

    興山寺から見た高野山高野山

    天正17年(1589年)木食応其による紀の川から安楽川への用水路整備により、高野山領安楽川荘の農民は水不足が解消しただけでなく、新規に荒廃地を開拓することも可能になった。天正18年(1590年)正月、この大事業の完成を受けて荘内の住民が応其上人の威徳を讃えるため同地にあった八幡宮の境内地に本堂(護摩堂)の造営を始め、同2月には上人坐像が完成、同3月には本堂が完成したものとみられる。同寺は木食応其が俗体のころにもうけた一人娘「こま」の住まい近くに隠棲するため、弟子の遍照院覚栄(のち興山寺第2世)に命じて創建した由縁もある。興山寺 フレッシュアイペディアより)

904件中 51 - 60件表示

「高野山」のニューストピックワード