904件中 61 - 70件表示
  • 野中寺

    野中寺から見た高野山高野山

    野中寺(やちゅうじ)は、大阪府羽曳野市にある高野山真言宗の仏教寺院。別称は中之太子。山号は青龍山。本尊は薬師如来。創建は飛鳥時代。野中寺 フレッシュアイペディアより)

  • 紀伊清水駅

    紀伊清水駅から見た高野山高野山

    駅の東を2016年10月に世界遺産に追加登録された高野参詣道の黒河道が通り、当駅から高野山奥之院まで歩いて行ける。この道は周辺の村々の産物を高野山に届ける「雑事のぼり」で使われたが、高野七口のなかでも最も起伏が激しく、健脚向けのルートである。紀伊清水駅 フレッシュアイペディアより)

  • 洛南高等学校・附属中学校

    洛南高等学校・附属中学校から見た高野山高野山

    高2・高3の夏休みに高野山学習合宿がある。洛南高等学校・附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大山康晴

    大山康晴から見た高野山高野山

    戦後に復員して棋士に戻り、創設された順位戦にB級六段として出場。1947年(昭和22年)に七段昇段。1948年(昭和23年)、時の塚田正夫名人への挑戦者は升田幸三八段と見られていたが、大山はB級1位ながら当時の変則運用によりA級棋士を連破して、A級1位の升田にも「高野山の決戦」(第7期名人挑戦者決定三番勝負第三局)で辛勝して初めて名人挑戦者となる。しかし、第7期名人戦は2勝4敗1千日手で敗れる。この年、A級八段に昇段。大山康晴 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛三昧院

    金剛三昧院から見た高野山高野山

    金剛三昧院(こんごうさんまいいん)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある仏教寺院・宿坊。高野山真言宗別格本山。本尊は愛染明王。仏塔古寺十八尊第11番霊場。西国愛染十七霊場第17番霊場。金剛三昧院 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦い

    関ヶ原の戦いから見た高野山高野山

    讃岐の生駒氏に関しては関係史料が少ないが、阿波と似た様な状況にあり、生駒親正は生駒一正を東軍に付けており、岐阜城の戦いでは家康より感状を受領する程奮戦しているが、本国では蜂須賀氏と似たような状況であり、毛利氏の意向を受けた豊臣政権の圧力を受けて同じように剃髪して高野山へ一時追放され、讃岐を占領され、後に復権した。占領中に生駒氏の軍は西軍に編入されて田辺城攻めに使われた。このような状況は関ヶ原の戦いの結果が出るまで続いた。関ヶ原の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た高野山高野山

    南海電気鉄道株式会社(なんかいでんきてつどう、)は、大阪ミナミの難波と和歌山・関西空港・高野山などを結ぶ鉄道を経営する大手私鉄。総営業キロは154.0km。一般的には「南海」もしくは「南海電鉄」と略されるほか、「南海電車」の呼称がある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上縫

    尾上縫から見た高野山高野山

    高野山で得度したと称し、日曜日には庭の弘法大師像を拝むことを習慣にしていた。多くの証券マンも訪れて一緒に祈り、高野山や小豆島への参指旅行にも同行した。尾上縫 フレッシュアイペディアより)

  • 高野町

    高野町から見た高野山高野山

    高野山真言宗の聖地高野山を中心とする町で、貴重な文化財・建造物・名所が数多く存在する。2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録され、日本のみならず世界中から多くの観光客が訪れている。高野町 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本市

    橋本市から見た高野山高野山

    紀の川中流に位置し、かつては材木運搬、高野山宿場町として栄えた。橋本市 フレッシュアイペディアより)

904件中 61 - 70件表示

「高野山」のニューストピックワード