650件中 61 - 70件表示
  • 竹腰成方

    竹腰成方から見た高野山高野山

    竹腰家の嫡男であり、寛永10年(1633年)、知行地4000石を賜る。寛永15年に前年に起こった味鋺村(現在の名古屋市北区)の水争いにおける水奉行に対する処断で藩主徳川義直と対立し、寛永16年(1639年)6月には病と称し、常滑村庄屋衣川八兵衛宅に引き籠った。正保2年(1645年)、父が没すると家督は弟の正晴に譲り、高野山で出家、霜閑と号する。翌年、藩主より合力米2000俵と屋敷を賜り、旧領のうち200石を本家に返還している。慶安元年(1648年)、藩主より三徳備える人物として評され、三信の名を賜る。寛文6年(1666年)、渥美半島・田原湾岸に石塚新田を開拓する。法名は、龍雲寺殿大安三信嗣法老居士。墓所は榎戸村(愛知県常滑市榎戸)の龍雲寺。竹腰成方 フレッシュアイペディアより)

  • 善名称院

    善名称院から見た高野山高野山

    慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗れた真田昌幸・信繁父子は、女人禁制の高野山に配流の身となった。しかし、妻を連れていたために九度山に移され蟄居生活を送った。善名称院には、その屋敷があったと伝わるが、屋敷は遍照寺の近くにあったという説もある。善名称院 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山海軍航空隊

    高野山海軍航空隊から見た高野山高野山

    1944年8月15日 - 三重海軍航空隊高野山分遣隊として高野山で開隊高野山海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 神谷守孝

    神谷守孝から見た高野山高野山

    天正20年、利家の近習となり、文禄の役で肥前国名護屋城の利家に随身。利家の末男、前田利貞の養育をまかされる。利家没後は、剃髪して高野山に上り、利家の墓の建立を任される。その後、大坂の役に参加し、12000石を給され、人持組頭となり、寛永9年に没する。養子の神谷長治(式部、横山長知の三男)後を継いだ。神谷守孝 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚榛山

    大塚榛山から見た高野山高野山

    南画の大家だった滝和亭に弟子入りし、腕を磨く。法隆寺金堂壁画の修復などを手がけ、評判となった。この名声が広がり、吉野神社、高野山などから招かれ、壁画の修復にあたった。また、細金法研究の第一人者としても知られた。大塚榛山 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮茶室

    神宮茶室から見た高野山高野山

    真松庵 - 1965年(昭和40年)高野山 金剛峯寺神宮茶室 フレッシュアイペディアより)

  • 高野寺

    高野寺から見た高野山高野山

    高野寺(こうやじ)は、北海道函館市にある高野山真言宗の寺院。山号は北南山。高野山金剛峯寺大日堂から下付された藤原期の大日如来を本尊としている。北海道三十三観音霊場1番札所。高野寺 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城館

    葛城館から見た高野山高野山

    建物は1900年建築の木造三階建てで、100年を経過した2001年に国の登録有形文化財に登録されている。大和街道の宿として、また高野山参詣客を対象として建てられた旅館である。現在は営業はしていない。葛城館 フレッシュアイペディアより)

  • 朝光寺

    朝光寺から見た高野山高野山

    朝光寺(ちょうこうじ)は兵庫県加東市にある仏教寺院。山号を鹿野山(ろくやさん)と称する。宗派は高野山真言宗、本尊は2躯の十一面千手千眼観世音菩薩立像である。朝光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤善猛

    後藤善猛から見た高野山高野山

    徳島県出身。京都大学大学院文学研究科(哲学)修了。鳴門工業高等学校、徳島県立脇町高等学校、徳島県立城南高校校長を歴任。その後高野山に登り、大覚寺教学研究室審議委員、洛南高等学校・附属中学校校長。1997年に密教教化賞を受賞。後藤善猛 フレッシュアイペディアより)

650件中 61 - 70件表示

「高野山」のニューストピックワード