650件中 71 - 80件表示
  • 池田秀氏

    池田秀氏から見た高野山高野山

    秀氏は1595年、豊臣秀次の自刃の際に福島正則、福原長堯とともに検視役を務め、1597年には父とともに朝鮮出兵のため渡海するが翌1598年に父が陣没したので家督を継ぎ、伊予大洲2万石を継承した。関ヶ原の戦いの際は西軍に属し伏見城の戦いなど緒戦において活躍したが、西軍の敗北後は美濃駒野城に篭城するも東軍の徳永寿昌に降伏、所領を没収され高野山に上った。罪を許されて助命されたのちは藤堂高虎に仕えた。子の貞雄はのちに江戸幕府に仕え旗本となっている。池田秀氏 フレッシュアイペディアより)

  • 如願寺 (大阪市)

    如願寺 (大阪市)から見た高野山高野山

    その後 堂宇は縮小したが、230年後の 弘仁8年(817年)、弘法大師が高野山巡錫のみぎり、この霊場に詣で、その衰退を悲嘆され、御杖を立てそれが朽ちないうちに再建の願いを立て上京し、勅許を蒙(こうむ)って来てみると杖は植木の如くなっていた。弘仁11年、諸堂を再建し、この時「如願寺」と寺名を改めた。弘法大師は、脇士不動明王・毘沙門天を御自作安置し、鎮守堂を建立したという。如願寺 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹義直

    佐竹義直から見た高野山高野山

    寛永3年(1626年)3月21日、廃嫡された。「佐竹家譜」によれば、江戸城における猿楽の見物中に居眠りをしてしまい、養父義宣の怒りをかったためという。3月23日、江戸を出発し、4月2日、秋田に到着した。ほどなく城下の一乗院に入り、出家した。寛永5年(1628年)8月3日、秋田を離れ、高野山に上る許可を得る。その後、京都・仁和寺の塔中尊寿院を再興し、住職となる。「源姓佐竹氏総系図」によれば、明暦2年(1656年)閏4月8日に死去、47歳(慶長15年誕生としている)。正室、子女ともにいない。佐竹義直 フレッシュアイペディアより)

  • 海原電鉄

    海原電鉄から見た高野山高野山

    車両は、かつて霊場高野山に登り出雲を走る一畑電気鉄道3000系電車(元南海21000系電車)を短縮したような2扉ロングシートの2両編成であり、先頭車両と後方車両で全長が異なる。先頭車両は乗務員室1D8Dに対し、後方車両はD9D1乗務員室である(Dはドア・数字は窓の数)。車両番号は割り振られていない。海原電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 長慶院法皇の最後

    長慶院法皇の最後から見た高野山高野山

    長慶院法皇は1385年(元中2年)高野山に登り戦勝祈願を込めた後、側近の公卿らを従え、高野聖僧上人に扮して勤皇の士を募るため全国を行脚していた。そのため、長慶院法皇の天皇陵の候補地は全国に多数あるが、確実な決め手のないまま、2月5日、京都市右京区嵯峨天竜寺角倉町の嵯峨東陵(さがのひがしのみささぎ)に決定した。長慶院法皇の最後 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道118号高野橋本線

    和歌山県道118号高野橋本線から見た高野山高野山

    起点:伊都郡高野町高野山(金剛峯寺前交点=国道480号)和歌山県道118号高野橋本線 フレッシュアイペディアより)

  • 泉智等

    泉智等から見た高野山高野山

    1860年(万延元年)、12歳で出家する。1864年(元治元年)の頃より、徳島の芝「秋邨塾」で柴秋邨に漢籍を学ぶ。その後、1868年(明治元年)から1872年(明治5年)まで高野山で、1873年(明治6年)から1877年(明治10年)まで京都で仏教学を学ぶ。泉智等 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道130号桃山丸栖線

    和歌山県道130号桃山丸栖線から見た高野山高野山

    全線にかけて走りやすい道である。また、泉南地域や岩出市から九度山町や高野山へ行く道として利用している。和歌山県道130号桃山丸栖線 フレッシュアイペディアより)

  • 高野寺 (大田市)

    高野寺 (大田市)から見た高野山高野山

    石見観音札所の33番札所であり、「西の高野山(こうやさん)」とも称されますが、寺の名前は高野寺(たかのじ)である。高野寺 (大田市) フレッシュアイペディアより)

  • 鶯梅院

    鶯梅院から見た高野山高野山

    幕末に住職を務めた永野真専はのち高野山に入山し、治山布教の功績を認められ、左学頭を務めた。また、その書は鶯梅院流として世人の高い評価を得た。鶯梅院 フレッシュアイペディアより)

650件中 71 - 80件表示

「高野山」のニューストピックワード