904件中 81 - 90件表示
  • 大日坊

    大日坊から見た高野山高野山

    寺伝によれば807年(大同2年)空海が開山し、その弟子である渡海が開基と伝えられる。出羽三山参道のうち大網口に位置している。出羽三山神社では蜂子皇子を出羽三山の開祖としているが、大日坊及び注連寺では空海を開祖としている。大網の名は、湯殿山の本地仏である大日如来と月山の本地仏である阿弥陀如来を掛け合わせた「大阿弥」から来ており、地元では、大網を「空海によって聖地として定められ、清められた地」としており、湯殿山を高野山と対になる聖地としている。大日坊 フレッシュアイペディアより)

  • 南海高野線

    南海高野線から見た高野山高野山

    日本有数の宗教都市・霊場である高野山への参詣輸送路線であり、終点の極楽橋駅からは鋼索線に連絡している。加えて、大阪府南河内地域・和歌山県伊都地域から大阪市内への通勤・通学路線でもある。かつては南海本線に対して支線的な存在だったが、宅地開発による沿線人口の急増、さらには泉北高速鉄道との相互直通運転により、現在は、南海本線と並んで、南海の中心路線となっている。南海高野線 フレッシュアイペディアより)

  • 千住博

    千住博から見た高野山高野山

    2015年末、高野山真言宗総本山金剛峯寺の主殿2部屋の襖絵の制作を手がけることが決定した。千住博 フレッシュアイペディアより)

  • 黒河道 (高野参詣道)

    黒河道 (高野参詣道)から見た高野山高野山

    紀の川沿いの橋本起点に和歌山県北部とその周辺に位置する1000m級の山々のひとつである高野山に通ずる道。町石道、黒河道、京大坂道、小辺路、大峰道、有田・龍神道、相ノ浦道の7高野参詣道のひとつ。黒河道 (高野参詣道) フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀吉

    豊臣秀吉から見た高野山高野山

    後北条氏の支城は豊臣軍に次々と攻略され、本城である小田原城も3か月の篭城戦の後に開城された。秀吉は黒田孝高と織田信雄の家臣である滝川雄利を使者として遣わし、北条氏政・北条氏直父子は降伏した。北条氏政・北条氏照は切腹し、氏直は紀伊の高野山に追放となった。豊臣秀吉 フレッシュアイペディアより)

  • 別所

    別所から見た高野山高野山

    仏教寺院の本拠地を離れた所に営まれた宗教施設。聖とよばれる僧侶が寺院周辺などに集まって修行するために庵や仏堂を設けた場所。比叡山、醍醐寺、高野山ほか全国に所在した。鎌倉時代の東大寺再建の折には全国7か所に東大寺別所が設けられた。「……別所」、あるいは「……別院」などと呼称する。本願寺津村別院など。別所 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原輔子

    藤原輔子から見た高野山高野山

    輔子は夫の亡骸を日野の地に持ち帰り、荼毘に付して供養した後、高野山に納めた。藤原輔子 フレッシュアイペディアより)

  • ゴン (ガイド犬)

    ゴン (ガイド犬)から見た高野山高野山

    高野山の案内犬ゴンは、慈尊院や高野山の参詣者・ハイキング客を案内した犬。ゴン (ガイド犬) フレッシュアイペディアより)

  • 中院流

    中院流から見た高野山高野山

    中院流(ちゅういんりゅう)は、真言宗(東密)の事相(じそう)の法流の一つ。明算(めいざん)(中院阿闍梨)(1021?1106)が派祖。小野流系の法流。高野山に伝わる代表的な事相の法流であるが野澤根本十二流には入っていない。中院流 フレッシュアイペディアより)

  • 玄証

    玄証から見た高野山高野山

    覚鑁の付法弟子である大乗房証印および醍醐寺範果から真言密教を学んだ。高野山月上院に住した。1193年(建久4年)宜秋門院の安産祈願を行い、伝灯大法師位に叙せられた。多くの密教に関する図像・経典類を書写して収集しており、京都高山寺に数多く残されている。玄証 フレッシュアイペディアより)

904件中 81 - 90件表示

「高野山」のニューストピックワード