650件中 81 - 90件表示
  • 慈悲山廃寺

    慈悲山廃寺から見た高野山高野山

    観音寺を末寺としていたが、観音寺は慈悲山寺が衰えて高野山の末寺となったことから、観音寺が高野山の一字をとって高神山へ改称した1691年以前には寺運衰退していたと考えられている。慈悲山廃寺 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海修験

    鳥海修験から見た高野山高野山

    『鳥海山史』では宗旨を修験であったと推測しているが、元禄2年(1689年)7月の仁賀保大和守へ宛てた『差上申一札之事』において高野山心南院の配下であると述べていることから、矢島口とは系統が別であったと考察している。別当の極楽寺は近世に廃れたと伝えられる。鳥海修験 フレッシュアイペディアより)

  • 福楽寺 (鈴鹿市)

    福楽寺 (鈴鹿市)から見た高野山高野山

    三重県の無形民俗文化財となっている、「伊奈冨神社の獅子神楽」を行うときは、当山に初奉納する習わしが、伝承されている。また、高野山の管長となった土宣法龍が、6歳のとき当寺で修行したという記録が残されている。福楽寺 (鈴鹿市) フレッシュアイペディアより)

  • 専誉

    専誉から見た高野山高野山

    和泉国大鳥郡(現・大阪府堺市)において石垣氏に生まれる。天文11年(1542年)に出家し、専誉と称する。天正12年(1584年)に根来寺学頭に就任。羽柴秀吉による根来焼き討ち後、高野山・醍醐寺・和泉国分寺に移る。その後、豊臣秀長に招聘されて長谷寺に入山。慶長9年(1604年)5月5日、75歳で入寂。専誉 フレッシュアイペディアより)

  • 本覚讃

    本覚讃から見た高野山高野山

    妙法蓮華三昧秘密三昧耶経の冒頭の偈から抜粋し作られた。本覚思想を要約したものなので、天台宗の勤行で唱えられる。また、修験道でも般若心経や真言、不動経など並んで修行時によく唱えられる。高野山真言宗でも金剛峰寺奥の院の御廟橋を渡る際に唱える。本覚讃 フレッシュアイペディアより)

  • 北条時定 (時房流)

    北条時定 (時房流)から見た高野山高野山

    建長2年(1250年)12月27日には頼経の後を継いで将軍となっていた九条頼嗣の近習番頭に任じられた。康元元年(1256年)10月23日に出家して高野山に住んだという。弘安元年(1278年)閏10月15日に死去。北条時定 (時房流) フレッシュアイペディアより)

  • 田能村直入

    田能村直入から見た高野山高野山

    また竹田の意志を継ぎ、煎茶の普及に尽力した。文久2年(1862年)、売茶翁百年忌に淀川下流の青湾にて「青湾茶会」という煎茶席を主催。このとき百幅の肖像を画きその場で頒布している。1200人が来場し活況だったという。この模様は『青湾茶会図録』にまとめられている。また慶応元年(1865年)には青湾茶寮を営み、高野山でも茶会を催した。田能村直入 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道・奈良県道734号高野辻堂線

    和歌山県道・奈良県道734号高野辻堂線から見た高野山高野山

    起点:和歌山県伊都郡高野町高野山(桜峠下交差点=国道371号、和歌山県道・奈良県道53号高野天川線)和歌山県道・奈良県道734号高野辻堂線 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦俊良

    三浦俊良から見た高野山高野山

    1929年、高野山地蔵院住職・高柳氏を師僧として得度。三浦俊良 フレッシュアイペディアより)

  • 安達時盛

    安達時盛から見た高野山高野山

    弘安8年(1285年)6月10日、高野山において死去した。享年45。兄の泰盛が霜月騒動で滅ぶ5ヶ月前のことである。安達時盛 フレッシュアイペディアより)

650件中 81 - 90件表示

「高野山」のニューストピックワード