120件中 91 - 100件表示
  • 高野山

    高野山から見た林間学校

    かつては大阪市・堺市などの多くの小学校の林間学校(移動教室)の行き先となっていたが、1990年代以降は林間学校の目的地の多様化などもあり、減少傾向にある。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た宗教都市

    高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地を指す。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た寺院

    高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地を指す。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見たツガ

    高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。伐採を行った跡地にはこの六種を植えたという。これは森林を人為的に利用しつつ、その森林の自然林的様子や多様性を維持する効果があったとも考えられている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た金剛寺 (河内長野市)

    高野山は明治初年まで女人禁制であったため、対して女性も参詣ができた寺院は「女人高野(にょにんこうや)」と呼ばれている。その別名があるのは、慈尊院、室生寺、金剛寺などである。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た梅干

    梅干(高野山というよりは和歌山県特産)高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た仏教

    地名としての「高野山」とは、八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す(行政上の字名としての「高野山」もおおよそこれと同じ地域である)。8つの峰々に囲まれているその地形は「蓮の花が開いたような」と形容されており、仏教の聖地としては両界曼荼羅のうちの胎蔵曼荼羅の「中台八葉院」に擬せられている。転軸山・楊柳山・摩尼山の三山を高野三山という。なお、高野山という名称の単独の峰はない。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た熊野三山

    2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。さらに2016年(平成28年)10月24日、高野参詣道(町石道を含み登録名称変更)として黒河道、女人道、京大坂道不動坂、三谷坂が世界遺産に追加登録された。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た滝光徳寺

    「西の高野」と云われる太龍寺、「四国高野」と云われる雲辺寺、「九州高野山」と云われる滝光徳寺、「関東高野山」と云われる浄因寺などがある。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た学文路駅

    京大坂道は南海高野線学文路駅。高野下駅からも経路上の河根宿に近い。高野山 フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示

「高野山」のニューストピックワード