84件中 31 - 40件表示
  • 高野山

    高野山から見た九度山町

    紀の川沿いの国道24号方面からは、かつらぎ町から国道480号、または九度山町から国道370号で花坂経由国道480号にて山内へ。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野町

    高野山(こうやさん)は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た大名

    弘法大師の御廟と灯籠堂がある(世界遺産)。参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数は正確には把握できないものの、20万基以上はあると言われている。戦国大名の6割以上の墓所がある。奥の院の入り口は一の橋と中の橋の2箇所があるが、正式には一の橋から参拝する。一の橋から御廟までは約2kmの道のりとなっている。その途上には「弥勒石」などの七不思議と呼ばれる場所がある。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野山駅

    南海高野線の終着駅極楽橋駅より、南海鋼索線(ケーブルカー)で高野山駅下車。山内へはさらに南海りんかんバスまたはタクシーで乗り継ぎ。バス専用道は女人堂に出る。国道480号を経由して大門へ出る道は時間はかかるが徒歩も可能。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野山町石道

    平成16年(2004年)7月7日、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界文化遺産に登録された。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見たヒノキ

    高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。伐採を行った跡地にはこの六種を植えたという。これは森林を人為的に利用しつつ、その森林の自然林的様子や多様性を維持する効果があったとも考えられている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た南海鋼索線

    南海高野線の終着駅極楽橋駅より、南海鋼索線(ケーブルカー)で高野山駅下車。山内へはさらに南海りんかんバスまたはタクシーで乗り継ぎ。バス専用道は女人堂に出る。国道480号を経由して大門へ出る道は時間はかかるが徒歩も可能。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見たアカマツ

    高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。伐採を行った跡地にはこの六種を植えたという。これは森林を人為的に利用しつつ、その森林の自然林的様子や多様性を維持する効果があったとも考えられている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野山海軍航空隊

    太平洋戦争当時、海軍航空隊があった。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た鉄道唱歌

    明治33年(1900年)に大和田建樹が作詞発表した「鉄道唱歌第五集 関西・参宮・南海篇」では、高野山は3番を割いて歌われている。吉野山などと共に、建樹の歴史好みが強く影響しているものと見られている。なお、当時は現在の南海高野線が開業しておらず、高野山へは橋本駅から約12kmの山道を歩いて向かう必要があった。高野山 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「高野山」のニューストピックワード