120件中 51 - 60件表示
  • 高野山

    高野山から見た太龍寺

    「西の高野」と云われる太龍寺、「四国高野」と云われる雲辺寺、「九州高野山」と云われる滝光徳寺、「関東高野山」と云われる浄因寺などがある。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た国道370号

    紀の川沿いの国道24号方面からは、かつらぎ町から国道480号、または九度山町から国道370号で花坂経由国道480号にて山内へ。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た九度山町

    紀の川沿いの国道24号方面からは、かつらぎ町から国道480号、または九度山町から国道370号で花坂経由国道480号にて山内へ。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た国宝

    高野山上にある国宝、重要文化財等の保存・展示が行われており、定期的にテーマを絞った展示会が開催される。なお、現在の日本の国宝の2%は高野山上にある(1083件中、23件)。大正10年(1921年)、開設。入館有料。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野町

    高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地を指す。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た丹生都比売神社

    丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た福智院

    金剛峯寺の修行僧が居住のために作った草庵を起こりとする寺院群。近畿三十六不動尊霊場である明王院・南院、新西国三十三箇所観音霊場である宝亀院、西国愛染十七霊場である増福院・福智院・金剛三昧院など117か寺を数え(総本山金剛峯寺と大本山宝寿院はこれに含まれない)、その約半数が宿坊を兼ねている。以下の金剛三昧院(国宝多宝塔)・密厳院(苅萱堂)・成福院(摩尼宝塔)も塔頭兼宿坊。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た東海近畿地蔵霊場

    金剛峯寺子院の密厳院が管理している地蔵堂(東海近畿地蔵霊場)。金剛峯寺と奥の院のほぼ中間にある。苅萱道心と石童丸の哀話の舞台として知られる。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た伊都郡

    高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地を指す。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見たスギ

    高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。伐採を行った跡地にはこの六種を植えたという。これは森林を人為的に利用しつつ、その森林の自然林的様子や多様性を維持する効果があったとも考えられている。高野山 フレッシュアイペディアより)

120件中 51 - 60件表示