84件中 71 - 80件表示
  • 高野山

    高野山から見た国道24号

    紀の川沿いの国道24号方面からは、かつらぎ町から国道480号、または九度山町から国道370号で花坂経由国道480号にて山内へ。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た皇室

    弘法大師の御廟と灯籠堂がある(世界遺産)。参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数は正確には把握できないものの、20万基以上はあると言われている。戦国大名の6割以上の墓所がある。奥の院の入り口は一の橋と中の橋の2箇所があるが、正式には一の橋から参拝する。一の橋から御廟までは約2kmの道のりとなっている。その途上には「弥勒石」などの七不思議と呼ばれる場所がある。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た林間学校

    かつては大阪市・堺市などの多くの小学校の林間学校(移動教室)の行き先となっていたが、1990年代以降は林間学校の目的地の多様化などもあり、減少傾向にある。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た宗教都市

    高野山(こうやさん)は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た仏教

    地名としての「高野山」とは、八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す(行政上の字名としての「高野山」もおおよそこれと同じ地域である)。8つの峰々に囲まれているその地形は『蓮の花が開いたような』と形容されており、仏教の聖地としては「八葉蓮台」という大変良い場所であるとされている。転軸山・楊柳山・摩尼山の三山を高野三山という。なお、高野山という名称の山は無い。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た熊野三山

    平成16年(2004年)7月7日、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界文化遺産に登録された。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た両界曼荼羅

    弘法大師・空海が曼荼羅の思想に基づいて創建した密教伽藍の総称であり、高野山の二大聖地の一つである(ほかの一つは奥の院)。金堂は高野山全体の総本堂で高野山での主な宗教行事が執り行なわれる。ほかに大塔、御影堂、不動堂などが境内に立ち並び、不動堂は世界遺産に登録されている。また、弘法大師伝説のひとつである飛行三鈷杵がかかっていたとされる「三鈷の松」や、高野四郎(俗称)と呼ばれる大鐘楼も伽藍に存する。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た海南市

    大十バスが、海南市より奥の院まで、高野マリンライナー号を夏季の土日祝日のみ1日1往復運行している。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野街道

    高野街道 - 大阪方面から続く高野参詣道。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た日本の仏教

    高野山(こうやさん)は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。高野山 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「高野山」のニューストピックワード