120件中 71 - 80件表示
  • 高野山

    高野山から見た近畿三十六不動尊霊場

    金剛峯寺の修行僧が居住のために作った草庵を起こりとする寺院群。近畿三十六不動尊霊場である明王院・南院、新西国三十三箇所観音霊場である宝亀院、西国愛染十七霊場である増福院・福智院・金剛三昧院など117か寺を数え(総本山金剛峯寺と大本山宝寿院はこれに含まれない)、その約半数が宿坊を兼ねている。以下の金剛三昧院(国宝多宝塔)・密厳院(苅萱堂)・成福院(摩尼宝塔)も塔頭兼宿坊。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野山駅

    南海高野線の終着駅極楽橋駅より、南海鋼索線(ケーブルカー)で高野山駅下車。山内へはさらに南海りんかんバスまたはタクシーで乗り継ぎ。バス専用道は女人堂に出る。国道480号を経由して大門へ出る道は時間はかかるが徒歩も可能。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た高野山町石道

    2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。さらに2016年(平成28年)10月24日、高野参詣道(町石道を含み登録名称変更)として黒河道、女人道、京大坂道不動坂、三谷坂が世界遺産に追加登録された。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た新西国三十三箇所

    金剛峯寺の修行僧が居住のために作った草庵を起こりとする寺院群。近畿三十六不動尊霊場である明王院・南院、新西国三十三箇所観音霊場である宝亀院、西国愛染十七霊場である増福院・福智院・金剛三昧院など117か寺を数え(総本山金剛峯寺と大本山宝寿院はこれに含まれない)、その約半数が宿坊を兼ねている。以下の金剛三昧院(国宝多宝塔)・密厳院(苅萱堂)・成福院(摩尼宝塔)も塔頭兼宿坊。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見たヒノキ

    高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。伐採を行った跡地にはこの六種を植えたという。これは森林を人為的に利用しつつ、その森林の自然林的様子や多様性を維持する効果があったとも考えられている。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た大阪管区気象台

    金剛峯寺境内にあるアメダスの観測値で年平均降水量1851.6mm。年平均気温は10.9℃と大阪管区気象台より6℃低い。一般的に温暖な地域が多い和歌山県としては異例で、冬の寒さが厳しく、1月の平均気温は-0.5℃と氷点下になる。極値は最高33.7℃(2014年7月26日)、最低-13.4℃(1981年2月28日)。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た多宝塔

    境内地は国の史跡・世界遺産。建暦元年(1211年)、北条政子の発願による建立。源頼朝と実朝の菩提を弔うための国宝・多宝塔のほか、重要文化財の客殿や経蔵などがある。西国愛染十七霊場17番。境内有料。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た紀伊山地の霊場と参詣道

    2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。さらに2016年(平成28年)10月24日、高野参詣道(町石道を含み登録名称変更)として黒河道、女人道、京大坂道不動坂、三谷坂が世界遺産に追加登録された。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見た南海鋼索線

    南海高野線の終着駅極楽橋駅より、南海鋼索線(ケーブルカー)で高野山駅下車。山内へはさらに南海りんかんバスまたはタクシーで乗り継ぎ。バス専用道は女人堂に出る。国道480号を経由して大門へ出る道は時間はかかるが徒歩も可能。高野山 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山

    高野山から見たアカマツ

    高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。伐採を行った跡地にはこの六種を植えたという。これは森林を人為的に利用しつつ、その森林の自然林的様子や多様性を維持する効果があったとも考えられている。高野山 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示