1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • 秋葉原的萌えクィーンコンテスト

    秋葉原的萌えクィーンコンテストから見た高須基仁高須基仁

    第1回の決勝大会は2011年1月8日に秋葉原UDXにて開催された。実行委員長を高須基仁が務め、特別審査員として森永卓郎と山口一臣が参加し、さらに審査員として大野俊一、柳沢超、鎌田紘子、山口ひかりらが加わった。決勝大会には12名が参加し、特技の披露やゲームへの参加を行った。特技の披露では、フリップ芸、審査員への往復ビンタ、モダンバレエ、料理、歌、手品など、各参加者から多彩な芸が展開された。グランプリを獲得した天使と悪魔のCafe&Bar pray所属のちゅちゅには賞金10万円が贈呈され、副賞としてオリジナル楽曲のCD発売と、ダンスゲーム『エクスビート』への出演も決まった。なお、決勝大会ではライブも行われ、腐男塾、ミルキィホームズ、SUPER☆GiRLSなどが楽曲を披露した。秋葉原的萌えクィーンコンテスト フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た高須基仁高須基仁

    この他、江田憲司、高須基仁、佐々部清、逢坂誠二、森永卓郎らが、拓郎から特に大きな影響を受けたと話している。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田咲

    奥田咲から見た高須基仁高須基仁

    サンケイスポーツ(4月16日・8月6日・・9月10日・10月8日・2013年1月7日、産業経済新聞社) - 高須基仁の激ヤバ!AV嬢奥田咲 フレッシュアイペディアより)

  • 掛川市

    掛川市から見た高須基仁高須基仁

    高須基仁(出版プロデューサー、モッツ出版代表取締役)掛川市 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立掛川西高等学校

    静岡県立掛川西高等学校から見た高須基仁高須基仁

    高須基仁(写真集編集者)静岡県立掛川西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 田代まさし

    田代まさしから見た高須基仁高須基仁

    2010年5月に胆石の手術を行った頃から急激に痩せだし、夏頃には頬がこけるまで激痩せしていた。田代は出版プロデューサーの高須基仁からこの事について問われると「ジムに通ってダイエットしている」と答えたが、2010年8月に札幌で行われた地下格闘技大会でMCを務めた時にはろれつが回らない上に手の震えも止まらず、選手の名前を忘れたりと明らかに集中力を欠いていた。これらの事を不審に思った高須から「まだ薬物をやっているのか?」とその場で問い詰められたが田代は「やってません」と否定したという。またこの頃から出演するラジオ番組にも「(田代が)何を喋っているのか全然わからない」とリスナーからの苦情が相次いでいた。逮捕前日にはテリー伊藤からも数々の挙動不審を問い質され、「まだ薬をやっているの?」と聞かれ否定こそしたものの高須から薬物使用の事を問い詰められた時と同じくテリーに視線を合わせようとしなかった。このように、一部の関係者からは逮捕前から薬物再使用の疑いを持たれていた。また、前回の出所直後には刑務所ネタにも気さくに応じて突っ込みを入れたりしていたが、逮捕直前にはラジオ番組で盟友の南部虎弾や中村有志たちから放送直前に発売された「帰ってこいマーシー」について「早く“黒羽に”帰ってこい!」「これ、“ムショに”帰ってこいよっていう刑務官のラブコールでしょ!?」と突っ込まれて「もう止めろっ!」と激昂するなど明らかに様子が変わっており、これらの挙動不審ぶりに疑いを持つ者も多くいた。田代まさし フレッシュアイペディアより)

  • サンデージャポン

    サンデージャポンから見た高須基仁高須基仁

    作家、「ロス疑惑」の容疑者。裏ファミリーのドンである高須基仁の紹介で、殺人事件のニュースを報じる際にVTR出演していたが、太田ら出演者は「どう扱っていいか分からない」と、終始困惑していた。サンデージャポン フレッシュアイペディアより)

  • オジサンズ11

    オジサンズ11から見た高須基仁高須基仁

    高須基仁(亀田家問題)オジサンズ11 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示

「高須基仁」のニューストピックワード