前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 塩川達也

    塩川達也から見た高須洋介高須洋介

    4月21日の対千葉ロッテマリーンズ戦(フルキャストスタジアム宮城)で、小宮山悟から左打席での公式戦初安打を放つ。課題だった打撃も前年より打率を落とし、渡辺直人が遊撃のレギュラーに、草野大輔が三塁のレギュラーに定着したためス出場機会が激減した。そのため、代走と三塁の守備固めとしての起用が中心だったが、細かな怪我の多い高須洋介に代わって二塁手としても出場するなど、二塁手・三塁手・遊撃手の3ポジションを各20試合以上守り、重要な控えの内野手として開幕から一軍に帯同し続けた。塩川達也 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見た高須洋介高須洋介

    開幕から二軍で結果を残し、7月23日に支配下選手として登録され、背番号は育成時代の「121」から「98」に変更となった。監督の野村克也は俊足を生かすためスイッチヒッターへ再転向させ、さらに赤星憲広にも使わせた重い「つちのこバット」で内野安打を稼ぐ打法を指示した。8月3日に一軍戦初出場。一軍に登録されてからはレギュラーの高須洋介の怪我による離脱もあって「2番・二塁手」として積極的に起用された。47試合に出場し、打率.289、9盗塁を記録。内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • 河原井正雄

    河原井正雄から見た高須洋介高須洋介

    打撃においては、コーチとして2人、監督として奈良原浩(90春、西武?日本ハム?中日)、井口(94秋・リーグ三冠王)、高須洋介(95秋・96春、近鉄?楽天)ら9人11度のリーグ首位打者を輩出している。河原井正雄 フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・メルカド

    ヘクター・メルカドから見た高須洋介高須洋介

    2004年、福岡ダイエーホークスと契約。150km/h左腕との触れ込みで抑え役を期待されて入団したが、ほとんど登板の機会はなかった。同年5月19日の対大阪近鉄バファローズ戦で1軍登板したが、高須洋介に右前安打、藤井彰人に四球を与え、1つのアウトも取れず降板してしまった。出した走者が生還したため投球回数0/3、自責点1が記録され、防御率は計算不能(無限大)である。ヘクター・メルカド フレッシュアイペディアより)

  • 木村謙吾

    木村謙吾から見た高須洋介高須洋介

    ファン感謝祭の紅白戦では最終回、代打で登場。高須洋介から巨大なライトフライを放った。地元出身とのこともありスタンドからは大歓声が起こった。木村謙吾 フレッシュアイペディアより)

  • 中野真博

    中野真博から見た高須洋介高須洋介

    金沢高校では1年上に高須洋介がおり、1年秋の北信越大会で3試合に先発して全て4安打に抑え、チームの第65回選抜高等学校野球大会出場に貢献した。2年生になると夏の県大会で40イニングを投げて被安打23、7失点と安定感のある投球を見せ、打撃面でも打率.615の成績で2季連続となる第75回全国高等学校野球選手権大会へ出場を決めた。本大会では初戦で山村宏樹を擁する甲府工に敗れている。中野真博 フレッシュアイペディアより)

  • 倉野信次

    倉野信次から見た高須洋介高須洋介

    宇治山田高校では2年夏の大会で県ベスト8、3年夏には決勝まで進出するが三重高校にサヨナラ負けを喫し甲子園には出場できず。東都の青山学院大では井口忠仁・澤崎俊和・清水将海・高須洋介らと共に黄金時代を築く。東都大学リーグ通算41試合登板17勝7敗、防御率3.17、154奪三振。3年生春に7勝1敗で最優秀投手とベストナインに選ばれる。倉野信次 フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た高須洋介高須洋介

    は藤井彰人と正捕手争いを繰り広げる。開幕戦スタメンを奪われ、同年最多勝利を挙げた岩隈久志が先発するときは藤井がマスクをかぶった。6月までは両者が並行して使われたが、7月になると的山が正捕手を奪い返し藤井の出場は1試合もなかったが、8月以降は再び藤井が起用され、スタメン出場は8試合にとどまった。シーズンオフには高須洋介と共に目のレーシック手術を受けて視力回復に成功、トレードマークだった眼鏡が無くなった。同年オフ、選手分配ドラフトでオリックス・バファローズへ移籍。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 銀次

    銀次から見た高須洋介高須洋介

    2年連続で春季キャンプ一軍スタートを切ったが、またしても開幕一軍入りはならなかった。二軍では打撃好調で高須洋介の離脱もあり6月29日に初の一軍登録と、その日の試合で初の先発出場を果たす。7月1日のオリックス戦でプロ初安打を放つが、高須の復帰と共に二軍落ち。フレッシュオールスターに選出されるも怪我の影響で辞退した。離脱期間が長く規定打席不足ながら、打率.367と一時はイースタン首位打者の座に立ち、飛躍の一年となった。銀次 フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た高須洋介高須洋介

    離脱した高須洋介と入れ替わる形で、2番・遊撃手のレギュラーの座を獲得する。終盤に自身が離脱したことで規定打席には到達しなかったものの、打率.313を記録した。同年8月27日の対西武ライオンズ戦では、延長10回表に安打を放って西口文也の完全試合を阻止した。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示