40件中 11 - 20件表示
  • ヤンシー・ブラゾバン

    ヤンシー・ブラゾバンから見た高須洋介高須洋介

    初奪三振:同上、7回表に高須洋介からヤンシー・ブラゾバン フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た高須洋介高須洋介

    は、この年加入した鳥谷敬の台頭もあって、出場機会が前年の約3分の1に激減。も当初出場機会に恵まれず6月10日に前田忠節との交換トレードでこの年から新規参入し、遊撃手の強化が求められた東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。楽天球団として最初の交換トレード移籍で、更に合併編成以外での最初の移籍加入選手となった。楽天では離脱した高須洋介と入れ替わる形で、2番・遊撃手のレギュラーの座を獲得する。規定打席には到達しなかったものの、打率.313を記録した。同年8月27日の対西武ライオンズ戦では、延長10回表に安打を放って西口文也の完全試合を阻止した。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 倉野信次

    倉野信次から見た高須洋介高須洋介

    宇治山田高校では2年夏の大会で県ベスト8、3年夏には同校史上77年ぶりの全国大会出場を狙って決勝まで進出するが、三重高校にサヨナラ負けを喫し甲子園には出場できず。東都の青山学院大では井口忠仁・澤崎俊和・清水将海・高須洋介らと共に黄金時代を築く。東都大学リーグ通算41試合登板、17勝7敗、防御率3.17、154奪三振。3年生春に7勝1敗で最優秀投手とベストナインに選ばれる。倉野信次 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た高須洋介高須洋介

    12月9日 - 【独立】BCリーグの新潟は、前NPB東北楽天ゴールデンイーグルスの高須洋介の選手兼任コーチでの入団を発表2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た高須洋介高須洋介

    【五輪】全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球日本代表の1次選考候補の追加10選手を発表した。唯一、プレオリンピック大会で好投した愛工大の長谷部康平投手がアマチュアから選出された。残る9選手は次のとおり。投手(5人)?武田勝(北海道日本ハム)、成瀬善久(千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、朝倉健太(中日)、渡辺亮(阪神)。内野手(3人)?川崎宗則(福岡ソフトバンク)、高須洋介(東北楽天)、中村紀洋(中日)。外野手(1人)?サブロー(千葉ロッテ)。最終候補選手30人は10月に発表される見通し。(5月7日のできごと参照。)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た高須洋介高須洋介

    高校卒業後は青山学院大学に進学する(2学年上に小久保裕紀、同級生に川越英隆、城石憲之、1学年下に井口資仁、澤崎俊和、2学年下に高須洋介などが所属していた)。大学時代は、部員の中で1番最後まで個人練習している練習の虫だった。この事について、「PL学園時代に比べれば練習が全体練習が少ないから楽すぎるくらいだったが、その後の個人練習の時間でどれだけ野球をしてるかでこの先が決まる」と話している。1993年に小久保裕紀らを擁して春季1部リーグを制し、全日本大学野球選手権大会を優勝して大学野球日本一を勝ち取っている。東都大学リーグ通算86試合出場、286打数70安打、打率.245、7本塁打、47打点を記録。大学時代に振り子打法に切り替えて手応えを感じ坪井は、1995年秋季のリーグでチームメイトの高須洋介に次ぐ打率.409(リーグ2位)を記録してベストナインに選出された。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た高須洋介高須洋介

    10月31日 - DeNAは来季のコーチ陣を発表し、一軍打撃コーチに坪井智哉、二軍では監督に山下大輔、打撃コーチに高須洋介、投手コーチに島田直也、投手コーチ兼育成担当に有働克也、バッテリーコーチ補佐兼育成担当に藤田和男がそれぞれ就任2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た高須洋介高須洋介

    に、前年11月に行われた選手分配ドラフトで新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。球団の初代選手会長・初代主将となる。開幕戦は6番ライトで出場した。開幕から17打席連続ノーヒットだったが4月1日、西武戦(フルスタ宮城)で1番打者として起用されると、岡本篤志から球団第1号本塁打をバックスクリーンに放った。なおかつこれはこの試合の先頭打者ホームランであった。1番で起用されることが多かったが、シーズン終盤は5番に定着。オールスターではチーム唯一の出場をファン投票で果たす。第1戦で3打数2安打2打点と結果を出した。にFA権を取得し、当初「優勝できるチームでプレーしたい」と行使を示唆する発言をしたが、近年の成績不振から最終的には行使せず、残留を選択。球団の選手会長の座は近鉄時代からの同僚でもある高須洋介に譲り、辞任した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た高須洋介高須洋介

    は藤井彰人と正捕手争いを繰り広げる。開幕戦スタメンを奪われ、同年最多勝利を挙げた岩隈久志が先発するときは藤井がマスクをかぶった。6月までは両者が並行して使われたが、7月になると的山が正捕手を奪い返し藤井の出場は1試合もなかったが、8月以降は再び藤井が起用され、スタメン出場は8試合にとどまった。シーズンオフには高須洋介と共に目のレーシック手術を受けて視力回復に成功、トレードマークだった眼鏡が無くなった。同年オフ、選手分配ドラフトでオリックス・バファローズへ移籍。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た高須洋介高須洋介

    1年目、2年目はウエスタン・リーグでも打率1割台だったが、3年目以降改善されには二軍ながら3割を記録して一軍初出場も果たしたが、当時の近鉄は水口栄二・高須洋介・阿部真宏など内野手の層が厚く、近鉄での一軍出場は3試合にとどまり、5打数無安打に終わった。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「高須洋介」のニューストピックワード