37件中 11 - 20件表示
  • 藤井彰人

    藤井彰人から見た高須洋介高須洋介

    進学先の近畿大学では、まだ内野手への未練を残していたが、同学年の内野手には二岡智宏がいて、さらに1学年下に山下勝充もいたため、捕手に専念する。3年時には宇高伸次とバッテリーを組み、二岡、山下らと共に春のリーグ戦、秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮大会、全日本アマチュア野球王座決定戦の五大会で優勝し、史上初のアマチュア五冠を達成。8月にはインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となる。この時のメンバーには後に近鉄・楽天でチームメートとなる高須洋介や、巨人へ入団した二岡、上原浩治、高橋由伸らも名を連ねていた。関西学生リーグ通算81試合出場、296打数85安打、打率.287、5本塁打、56打点。最優秀選手2回、ベストナイン5回受賞。藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

  • 小窪哲也

    小窪哲也から見た高須洋介高須洋介

    2007年11月19日、プロ野球の大学生・社会人ドラフトで、広島東洋カープに3巡目で指名された。指名挨拶を受けた翌日のスポーツ新聞ではプロでの目標である「2000本安打達成」と書いた色紙を片手にたい焼きを食べる写真が使われた。11月23日、推定契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約し、入団。入団会見では大学の先輩、高須洋介のような勝負強い選手になることを目標に掲げた。背番号についてはルーキー時「12という番号は投手っぽくてあまりピンと来ませんね。将来は一桁か25番がいいですね」と述べており、2010年からは4番に変更された。小窪哲也 フレッシュアイペディアより)

  • ウィークエンドスポーツ・ズミスポ!

    ウィークエンドスポーツ・ズミスポ!から見た高須洋介高須洋介

    ラジオの王道『そっくりさんネタ』コーナー。2007年度のコーナータイトルは「リックと高須」。主にスポーツ関係のネタであることと、一番面白かったネタは次回からのコーナータイトル(タイトルは勝利ネタから斉藤一美が思いついたままにその場で決める)に昇格するチャンピオンシップ形式をとることにより、リスナーの投稿魂をくすぐる名物企画。2007年度シーズン最終回と同時に一度終了したものの、2008年度シーズンを始める際に、斉藤が熱狂的なリスナーからの一通のメールに心を動かされて復活、2009年から「斉藤一美 うるわしの夜」でも行われるようになった。2007年度シーズンの途中までは、「ズミスピ」コーナーに内包。斉藤自身の渾身のネタは『阪神・アッチソンと藤田まこと』。ウィークエンドスポーツ・ズミスポ! フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た高須洋介高須洋介

    に、前年11月に行われた選手分配ドラフトで新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。球団の初代選手会長となる。開幕戦は6番ライトで出場した。開幕から11打席連続ノーヒットだったが4月1日、西武戦(フルスタ宮城)で、岡本篤志から球団第1号本塁打をバックスクリーンに放った。1番で起用されることが多かったが、シーズン終盤は5番に定着。オールスターではチーム唯一の出場をファン投票で果たす。第1戦で3打数2安打2打点と結果を出した。にFA権を取得し、当初「優勝できるチームでプレーしたい」と行使を示唆する発言をしたが、近年の成績不振から最終的には行使せず、残留を選択。球団の選手会長の座は近鉄時代からの同僚でもある高須洋介に譲り、辞任した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た高須洋介高須洋介

    2月9日 - 高須洋介(佐賀県、野球)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た高須洋介高須洋介

    1年目、2年目はウエスタン・リーグでも打率1割台だったが、3年目以降改善されには二軍ながら3割を記録して一軍初出場も果たしたが、当時の近鉄は水口栄二・高須洋介・阿部真宏など内野手の層が厚く、近鉄での一軍出場は3試合にとどまり、5打数無安打に終わった。シーズンオフの球団合併に伴う選手分配ドラフトではオリックス・バファローズに所属する事が決まったが、オフ中に菊地原毅との交換トレードで上村和裕と共に広島東洋カープに移籍した。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校野球選手権大会

    第75回全国高等学校野球選手権大会から見た高須洋介高須洋介

    高須洋介(金沢?青山学院大学?近鉄?楽天)第75回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た高須洋介高須洋介

    青山学院大学時代は「PL学園時代に比べれば練習が全体練習が少ないから楽すぎるくらいだったが、その後の個人練習の時間でどれだけ野球をしてるかでこの先が決まる」と話しているように、個人練習は部員の中で1番最後まで練習している練習の虫だった。(この個人練習が青山学院大学で重点的になったきっかけは「自分たちで練習する時間が欲しい」という小久保裕紀の提言がきっかけで、それ以降、全体練習を減らし、個人練習を増やすという青学大の伝統になっている。)坪井の2学年上に小久保裕紀・同級生に川越英隆・城石憲之・1学年下に井口資仁・高須洋介・澤崎俊和などの選手に恵まれながら練習し、1993年に小久保裕紀らを擁して春季1部リーグを制し、全日本大学野球選手権大会を優勝して大学野球日本一になっている。東都大学リーグ通算86試合出場、286打数70安打、打率.245、7本塁打、47打点。1995年秋季のリーグで打率2位になりベストナインに選ばれた。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た高須洋介高須洋介

    7月2日 - ガリバーオールスターゲーム2007のファン投票最終結果発表。ファン投票で初選出されたのはパ・リーグでは田中将大先発投手、松本輝中継ぎ投手、福盛和男抑え投手、嶋基宏捕手、高須洋介二塁手、鉄平外野手、山崎武司指名打者(以上楽天)、セ・リーグでは林昌範中継ぎ投手(巨人)、栗原健太一塁手(広島)、青木宣親外野手(ヤクルト)の10選手。田中は1999年の松坂大輔(当時西武、現ボストン・レッドソックス)以来、8年ぶりの高卒新人選手でのファン選出。楽天からは最多の8選手が選出された。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た高須洋介高須洋介

    千葉ロッテマリーンズに入団して以来、ロッテの1軍では2004年に一度だけ三塁手を守った(攻撃中にベンチ裏で味方選手の素振りしていたバットが、三塁を守っていた今江敏晃の頭部に当たるというアクシデントがあったため)以外は9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。2軍やオールスターでは二塁手なども経験しているが、移籍時に一部スポーツ紙で「2005年に二塁を守った」という記事が掲載されたのは誤りである。巨人に移籍後は、二塁・三塁守備を習得して「内野守備・走塁のスペシャリスト」(2006年前半は仁志の打撃不振から事実上の正二塁手として起用された)として期待され、3ポジションで持ち前の守備力を発揮したが、打撃不振や故障により実力を十分に発揮することができなかった。楽天では本職である遊撃手(主に相手の先発投手が右投げであった場合)の他にも、細かい怪我の多い高須洋介の守備負担を減らすために二塁手を務めることもあった。また、守備コーチとしての役割も期待されている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示