37件中 21 - 30件表示
  • 武田勝

    武田勝から見た高須洋介高須洋介

    3月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で、先発した江尻慎太郎が負傷退場したことを受けて登板。同年より楽天の監督に就任した野村の目の前でプロ初登板初勝利を記録した。同年7月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、高須洋介の打球を左手に受けて指を骨折して1ヶ月間チームを離れたが、8月に復帰して初セーブも記録。同年は29試合に登板して5勝2敗1セーブ・防御率2.04の好成績を残した。同年10月24日の日本シリーズ第3戦においてシリーズ初登板初先発を果たすと、5回1失点に抑えて勝利投手となった(史上4人目)。武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弥

    西村弥から見た高須洋介高須洋介

    高須洋介や渡辺直人の故障により、一時スタメンのチャンスを与えられるが、結果を残せなかった。西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見た高須洋介高須洋介

    は同じくこのシーズンから日本球界に復帰した松井稼頭央と共に主力として期待されたが、開幕から打率.169、OPS.421、失策6と攻守に精彩を欠き、5月14日に出場選手登録を抹消。復帰まで1ヵ月半を要したが、復帰直後の6月29日のソフトバンク戦(Kスタ宮城)において、延長10回裏に馬原孝浩から日本球界復帰後初の適時打となる逆転サヨナラ二塁打を放った。しかし、その後も調子が上向くことはなく、内村賢介が二塁手のスタメンに固定された影響で、それまで正二塁手だった高須洋介が三塁手に定着。押しだされるようにスタメンの座を失い、守備代走要員となった。9月16日の西武戦(西武ドーム)の代打で二ゴロ併殺崩れの間に出塁し、ホーム突入時に銀仁朗と交錯して肋骨を骨折。打率.183、本塁打なし、OPS.475という成績でそのままシーズンを終えた。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎哲也

    岩崎哲也から見た高須洋介高須洋介

    初奪三振:同上、7回表に高須洋介から岩崎哲也 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た高須洋介高須洋介

    代表的な例は、元ロッテの落合博満(二塁手→三塁手→一塁手)、元大洋の山下大輔(遊撃手→二塁手)、高木豊(遊撃手→二塁手→一塁手)、元阪神の藤田平(遊撃手→一塁手)、今岡誠(遊撃手→二塁手→三塁手→一塁手)、元中日の立浪和義(遊撃手→二塁手→三塁手)、元ヤクルトの池山隆寛(遊撃手→三塁手)、元広島の野村謙二郎(遊撃手→三塁手→一塁手)、元西武の石毛宏典(遊撃手→三塁手)、元日本ハムの田中幸雄(遊撃手→一塁手)、元ダイエーの小久保裕紀(二塁手→三塁手→一塁手)など。現役選手ではヤクルトの宮本慎也(遊撃手→三塁手)、楽天の高須洋介(二塁手→三塁手)、二岡智宏(遊撃手→三塁手→一塁手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2月9日

    2月9日から見た高須洋介高須洋介

    1976年 - 高須洋介、プロ野球選手2月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た高須洋介高須洋介

    全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権兼北京オリンピック野球日本代表の1次選考候補の追加10選手を発表した。唯一、プレオリンピック大会で好投した愛工大の長谷部康平投手がアマチュアから選出された。残る9選手は次のとおり。投手(5人)?武田勝(北海道日本ハム)、成瀬善久(千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、朝倉健太(中日)、渡辺亮(阪神)。内野手(3人)?川崎宗則(福岡ソフトバンク)、高須洋介(東北楽天)、中村紀洋(中日)。外野手(1人)?サブロー(千葉ロッテ)。最終候補選手30人は10月に発表される見通し。(5月7日のできごと参照。)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 伊万里市

    伊万里市から見た高須洋介高須洋介

    高須洋介 - 東北楽天ゴールデンイーグルス選手 ※ただし幼少時に伊万里より転出伊万里市 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た高須洋介高須洋介

    はギルバートの退団に伴い、ほぼレギュラーの座を獲得する。打率は2割を少し上回る程度だったが、安定した守備で高須洋介などのライバルを凌駕した。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た高須洋介高須洋介

    4年次となったに急成長し、春季は12試合出場、打率.489(47打数23安打)、主将を務めた秋季は13試合出場、打率.404(52打数21安打)で1995年秋・1996年春の高須洋介(青学大)以来となる2季連続首位打者となり、ベストナインにも満票選出された。強肩・俊足を兼ね備え、プロの注目を浴びることとなった。同年秋の日米大学野球選手権、IBAFインターコンチネンタルカップ、2006年アジア競技大会に日本代表として出場。東都大学リーグ通算87試合出場、290打数85安打、打率.293、10本塁打、40打点。長野久義 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示