1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 1976年

    1976年から見た高須洋介高須洋介

    2月9日 - 高須洋介、プロ野球選手1976年 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た高須洋介高須洋介

    2007年4月25日のオリックス戦でランス・カーターから死球を受けた。この試合、楽天先発の田中将大が1回裏に、2番手松崎伸吾が8回裏に、いずれもグレッグ・ラロッカに死球を与えていて、オリックス先発の吉井理人が2回表にケビン・ウィットの頭部付近へビーンボールを投げ、5回表には当の山?にソロ本塁打を打たれた後に、高須に死球を与えていた。この経緯より報復死球と捉えた山?はマウンドに詰め寄ろうとしたが、それを止めようとした日高剛のマスクをはたき落としたため、両軍入り乱れる乱闘となった。その中でオリックスのタフィ・ローズが山?を小突いたとして退場が宣告されたが、日高のマスクをはたき落とした山?については審判が見ていなかったということで何ら処罰を受けなかった。仮に目撃していたら退場にしていたと永見武司球審は語っている。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンシー・ブラゾバン

    ヤンシー・ブラゾバンから見た高須洋介高須洋介

    初奪三振:同上、7回表に高須洋介からヤンシー・ブラゾバン フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た高須洋介高須洋介

    2009年シーズンは開幕から投手陣を中心に怪我人が続出した。特にドラフトで獲得した新人投手全員がオープン戦前に故障してしまい、片山博視や青山浩二といった期待の若手もキャンプで出遅れた上、前年活躍した新守護神川岸強も開幕後すぐに体を傷めるなど、投手に関しては就任以来の災厄に見舞われた。さらに野手に関しても、高須洋介やリック・ショートなどが故障でシーズン中に長期間戦線離脱するなど怪我人の多い年となった。スポーツ紙での解説者の順位予想では楽天は軒並み下位予想され、野村はこれに対して「下馬評が低いからやりやすい」とコメント。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た高須洋介高須洋介

    高須洋介は「マーが投げる試合は、打線がなんとかしようという雰囲気になる」と語っている。また、その勝ち運から野村に「マー君、神の子、不思議な子」「不思議の国のマー君」「今日は悪魔の子かと思ったけど、やっぱり神の子」等と評された。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た高須洋介高須洋介

    青山学院大学では1年春からレギュラー(入学当時の主将は小久保裕紀)。同期の澤崎俊和、清水将海、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に全日本大学野球選手権大会優勝を始め多くの輝かしい実績を残した。個人としても、1番・遊撃手の「青い核弾頭」として大活躍し、東都大学リーグ史上唯一である三冠王や、リーグ記録となる1シーズン8本塁打などを記録。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た高須洋介高須洋介

    東農大第二高から東都の青山学院大学に進学。大学では同期の井口忠仁、澤崎俊和、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に黄金時代を築く。ベストナイン受賞2回。清水将海 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示