前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た野村克也

    2007年・2008年度の楽天選手会長。ニックネームは「必殺仕事人」(野村克也が命名)。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た杉内俊哉

    、前年の手術の影響か開幕スタメンは新加入の小坂誠に譲ったが、3割を超える好調な打撃ですぐにレギュラーの座を取り返した。相変わらずの得点圏打率の高さを記録するなど打線を牽引していたが、5月6日の西武戦で片岡易之が放ったセンター前への飛球を捕球する際にセンターの鉄平と交錯、左足首を捻挫して登録選手を抹消された(後に靱帯損傷と発表)。3か月に及ぶリハビリの末、8月5日に一軍復帰。10月16日の福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第1ステージ第1戦では杉内俊哉から初回先頭打者本塁打を放った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た木佐貫洋

    、開幕戦は「6番・三塁手」で先発出場し、2回にチーム初ヒットを放つなど4打数2安打と好スタートを切った。開幕直後は3割を超える打率と、高い出塁率でチームを支えた。5月13日のオリックス戦では8回に木佐貫洋から代打で決勝タイムリーを放ち、美馬学の先発転向後初勝利をアシストした。しかし、持ち味の得点圏での打撃は精彩を欠き、右肘痛の影響や、銀次、枡田慎太郎の台頭が重なりスタメンを外れることが増え、7月26日に出場選手登録抹消。結局シーズン終了まで1軍に上がることはなく、楽天移籍後最悪のシーズンとなった。契約更改では、年俸半減の3750万円で更改した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た星野仙一

    前述のように野村克也にはその打撃を高く評価されていたが、星野仙一にも「状況に応じた打撃ができる。間の取り方がうまいから弱点が少ない」「あの間の取り方は天才的。若いやつも見習ってほしい」と評され信頼を置かれている。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た美馬学

    、開幕戦は「6番・三塁手」で先発出場し、2回にチーム初ヒットを放つなど4打数2安打と好スタートを切った。開幕直後は3割を超える打率と、高い出塁率でチームを支えた。5月13日のオリックス戦では8回に木佐貫洋から代打で決勝タイムリーを放ち、美馬学の先発転向後初勝利をアシストした。しかし、持ち味の得点圏での打撃は精彩を欠き、右肘痛の影響や、銀次、枡田慎太郎の台頭が重なりスタメンを外れることが増え、7月26日に出場選手登録抹消。結局シーズン終了まで1軍に上がることはなく、楽天移籍後最悪のシーズンとなった。契約更改では、年俸半減の3750万円で更改した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た清水直行

    楽天球団公式戦初安打:2005年3月25日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(千葉マリンスタジアム)、1回表1死に清水直行から右前安打高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た松坂大輔

    若手時代、松坂大輔を得意としており、松坂キラーと呼ばれていた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た礒部公一

    、プロ入り10年目となり、礒部公一に代わる第2代楽天選手会長に就任。5月には「3試合連続お立ち台」を含む5試合でヒーロー。前半戦の得点圏打率は.470と驚異的な数字にまで上昇した。シーズン終盤は怪我が重なり若手にスタメンを譲る場面も見られたが、最終的にはプロ入り後最多の130試合に出場、2年連続となるリーグトップの得点圏打率(打率.386)を記録。野村監督から勝負強さを評価されて「必殺仕事人」と命名された。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た鉄平 (野球)

    、前年の手術の影響か開幕スタメンは新加入の小坂誠に譲ったが、3割を超える好調な打撃ですぐにレギュラーの座を取り返した。相変わらずの得点圏打率の高さを記録するなど打線を牽引していたが、5月6日の西武戦で片岡易之が放ったセンター前への飛球を捕球する際にセンターの鉄平と交錯、左足首を捻挫して登録選手を抹消された(後に靱帯損傷と発表)。3か月に及ぶリハビリの末、8月5日に一軍復帰。10月16日の福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第1ステージ第1戦では杉内俊哉から初回先頭打者本塁打を放った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た日高剛

    初盗塁:1999年4月6日、対オリックス・ブルーウェーブ1回戦(大阪ドーム)、6回裏に二盗(投手:牧野塁、捕手:日高剛高須洋介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示