97件中 21 - 30件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    高須 洋介(たかす ようすけ、1976年2月9日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(内野手)。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見たオリックス・バファローズ

    、開幕戦は「6番・三塁手」で先発出場し、2回にチーム初ヒットを放つなど4打数2安打と好スタートを切った。開幕直後は3割を超える打率と、高い出塁率でチームを支えた。5月13日のオリックス戦では8回に木佐貫洋から代打で決勝タイムリーを放ち、美馬学の先発転向後初勝利をアシストした。しかし、持ち味の得点圏での打撃は精彩を欠き、右肘痛の影響や、銀次、枡田慎太郎の台頭が重なりスタメンを外れることが増え、7月26日に出場選手登録抹消。結局シーズン終了まで1軍に上がることはなく、楽天移籍後最悪のシーズンとなった。契約更改では、年俸半減の3750万円で更改した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た北海道日本ハムファイターズ

    、7月16日の日本ハム戦で球団記録を更新する16試合連続安打を打つなど、シーズン中盤までは好調を維持し、時には3番を任される時もあった。しかし守備では怪我の影響もあってやや精彩を欠き、2年連続二塁手としてのリーグ最多失策(11失策)。後半は怪我もありスタメン落ちや二軍落ちも経験する。しかし粘り強い打撃は健在で、三振は規定打席到達者中最少のわずか38個だった。自己最多の4本塁打・45打点を挙げ、32犠打でリーグ最多犠打。シーズン終了後、痛めていた左足首の手術を行った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た千葉ロッテマリーンズ

    、球団初試合となる3月26日の千葉ロッテマリーンズ戦に「2番・二塁手」としてスタメン出場。1回に球団初安打、3回には球団初二塁打を打ち球団初得点を記録する。以後も田尾安志監督に指名され、酒井忠晴や大島公一を抑えて二塁手のレギュラーを獲得する。しかし夏場に扁桃炎による発熱やアキレス腱痛などの故障で戦線離脱したため、出場数は82試合となる。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た牧野塁

    初盗塁:1999年4月6日、対オリックス・ブルーウェーブ1回戦(大阪ドーム)、6回裏に二盗(投手:牧野塁、捕手:日高剛)高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た山村宏樹

    夏の甲子園では後にチームメイトとなる山村宏樹(甲府工)と対戦したが、4打数無安打に終わった。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た倉野信次

    その後青山学院大学に進学。1年次から二塁手でレギュラー。3年間、1学年上の井口資仁と不動の二遊間を組む。井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た大石大二郎

    1997年のドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名を受け入団。背番号は「4」をもらい、同番号の前任者で引退した大石大二郎の後継者として期待をかけられる。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た石井丈裕

    初本塁打:1999年5月21日、対日本ハムファイターズ9回戦(東京ドーム)、8回表に石井丈裕から左越2ラン高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た内村賢介

    、新加入で正三塁手として期待された岩村明憲の極度の不振や二塁手の内村賢介の成長により、シーズン途中から三塁手として起用されることになった。試合の終盤には守備固めと交代するシーンが多かったが、時折ファインプレーを見せることもあり、三塁の守備は安定していた。打撃面では、3番や5番のクリーンナップを任されることが多かったが3年ぶりに規定打席に到達し、本塁打は1本しか打てなかったものの、安打数も100本を越すなど1年を通して安定した成績を残した。日本ハムのルーキー・斎藤佑樹に相性が良く、13打数8安打で打率.615を記録した。オフにはFA権を行使しての国内球団移籍も視野に入れたが、行使せず残留。「仙台への愛着が一番の理由です。楽天で優勝したいという強い思いを持っている」と語った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示