97件中 31 - 40件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た清水将海

    その後青山学院大学に進学。1年次から二塁手でレギュラー。3年間、1学年上の井口資仁と不動の二遊間を組む。井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た酒井忠晴

    、球団初試合となる3月26日の千葉ロッテマリーンズ戦に「2番・二塁手」としてスタメン出場。1回に球団初安打、3回には球団初二塁打を打ち球団初得点を記録する。以後も田尾安志監督に指名され、酒井忠晴や大島公一を抑えて二塁手のレギュラーを獲得する。しかし夏場に扁桃炎による発熱やアキレス腱痛などの故障で戦線離脱したため、出場数は82試合となる。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た鈴木平

    初打点:同上、7回表に鈴木平から左犠飛高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た田尾安志田尾 安志

    、球団初試合となる3月26日の千葉ロッテマリーンズ戦に「2番・二塁手」としてスタメン出場。1回に球団初安打、3回には球団初二塁打を打ち球団初得点を記録する。以後も田尾安志監督に指名され、酒井忠晴や大島公一を抑えて二塁手のレギュラーを獲得する。しかし夏場に扁桃炎による発熱やアキレス腱痛などの故障で戦線離脱したため、出場数は82試合となる。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た小林宏之 (野球)

    、開幕直後は絶好調で鉄平に代わって3番に座ることもあった。3月31日のロッテ戦にて球団新記録となる、高須自身の1号ソロホームランを含む1試合5安打をマーク。4月17日のソフトバンク戦で2打席連続2点タイムリーで計4打点、6月24日の西武戦では逆転2ランを含む3安打5打点と大暴れした。後半戦でも9月19日のロッテ戦で9回裏に小林宏から「逆転サヨナラ3ラン」を放つなど勝負強さを発揮した。最終的に打率は.268に終わったものの、自己最多となる6本塁打、48打点を記録した。守備面では2006年以来となる自身二度目の二塁手部門での守備率1位(.992)を達成。6月10日には出場選手登録日数が9年に達し、プロ13年目にして海外FA権を取得した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た平井正史

    初安打:同上、5回表に平井正史から左前安打高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た枡田慎太郎

    、開幕戦は「6番・三塁手」で先発出場し、2回にチーム初ヒットを放つなど4打数2安打と好スタートを切った。開幕直後は3割を超える打率と、高い出塁率でチームを支えた。5月13日のオリックス戦では8回に木佐貫洋から代打で決勝タイムリーを放ち、美馬学の先発転向後初勝利をアシストした。しかし、持ち味の得点圏での打撃は精彩を欠き、右肘痛の影響や、銀次、枡田慎太郎の台頭が重なりスタメンを外れることが増え、7月26日に出場選手登録抹消。結局シーズン終了まで1軍に上がることはなく、楽天移籍後最悪のシーズンとなった。契約更改では、年俸半減の3750万円で更改した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た大島公一

    、球団初試合となる3月26日の千葉ロッテマリーンズ戦に「2番・二塁手」としてスタメン出場。1回に球団初安打、3回には球団初二塁打を打ち球団初得点を記録する。以後も田尾安志監督に指名され、酒井忠晴や大島公一を抑えて二塁手のレギュラーを獲得する。しかし夏場に扁桃炎による発熱やアキレス腱痛などの故障で戦線離脱したため、出場数は82試合となる。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た中野真博

    中野真博 - 高校・大学で野球部の後輩、第66回選抜高等学校野球大会で完全試合を達成。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た澤崎俊和

    その後青山学院大学に進学。1年次から二塁手でレギュラー。3年間、1学年上の井口資仁と不動の二遊間を組む。井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

97件中 31 - 40件表示