105件中 71 - 80件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見たパシフィック・リーグ

    、開幕を一軍で迎えたが、開幕から11打席連続無安打の不振。ケーシー・マギーの加入や藤田一也・銀次のブレイクの影響で、スタメン出場こそ例年より減少したものの、出場した試合では持ち前の勝負強さを随所で発揮した。しかし、6月14日に出場選手登録を抹消されると、シーズン終了まで二軍でプレー。チームはパシフィック・リーグでの初優勝・日本シリーズへの初進出を決めたが、高須自身は右ヒジのクリーニング手術を受けたこともあって、ポストシーズンでも出番がなかった。結局、日本シリーズ期間中の10月29日に、球団から戦力外を通告。これに対して高須は、同シリーズの終了後に、学生野球の指導者になるための講習会(11月9日)や第1回12球団合同トライアウト(同月10日)へ参加した。なお、一部報道では戦力外通告の際に球団でコーチやフロントへの転身を打診したとされているが、本人はトライアウトの当日に「オファーがなければ指導者にもなれない」として報道を否定。さらに、「『自分の中で納得できたら』という思いから、今後への勉強を兼ねてトライアウトを受けた。トライアウトの結果にはこだわっていない」と話している。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た必殺仕事人

    高須 洋介(たかす ようすけ、1976年2月9日 - )は、佐賀県伊万里市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。2018年より東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍打撃コーチを務める。愛称は「必殺仕事人」(野村克也が命名)。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た投手

    佐賀県伊万里市で出生後、幼稚園からは名古屋市名東区上社に移る。名古屋市立猪高小学校に進学し、部活で本格的に野球を始める。名古屋市立猪高中学校では中心選手として投手と三塁手を兼任、県大会3位の好成績を収めた。中学3年途中で石川県金沢市に転居。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た出塁率

    、腰痛の影響で出遅れ開幕一軍ならず。4月4日の西武戦で一軍登録後、4試合連続でタイムリーを放つ。以後、2番セカンドとして定着、離脱者が増えた8月からは3番にも座った。最終的に、リーグトップの得点圏打率(.378)、二塁手部門守備率1位(.992)、出塁率5位(.373)などの好成績を残し、自身初の規定打席到達となった。オフには野村克也率いるイオン日米野球2006に出場した。6月10日の広島戦で小指を骨折。取材で「今でも指が完全に曲がらない」と語った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:1回 (2007年)高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た2013年の日本シリーズ

    、開幕を一軍で迎えたが、開幕から11打席連続無安打の不振。ケーシー・マギーの加入や藤田一也・銀次のブレイクの影響で、スタメン出場こそ例年より減少したものの、出場した試合では持ち前の勝負強さを随所で発揮した。しかし、6月14日に出場選手登録を抹消されると、シーズン終了まで二軍でプレー。チームはパシフィック・リーグでの初優勝・日本シリーズへの初進出を決めたが、高須自身は右ヒジのクリーニング手術を受けたこともあって、ポストシーズンでも出番がなかった。結局、日本シリーズ期間中の10月29日に、球団から戦力外を通告。これに対して高須は、同シリーズの終了後に、学生野球の指導者になるための講習会(11月9日)や第1回12球団合同トライアウト(同月10日)へ参加した。なお、一部報道では戦力外通告の際に球団でコーチやフロントへの転身を打診したとされているが、本人はトライアウトの当日に「オファーがなければ指導者にもなれない」として報道を否定。さらに、「『自分の中で納得できたら』という思いから、今後への勉強を兼ねてトライアウトを受けた。トライアウトの結果にはこだわっていない」と話している。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た横浜DeNAベイスターズ

    からまで、横浜DeNAベイスターズの二軍打撃コーチを務めた。2018年から、一軍打撃コーチとして楽天に復帰。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見たリハビリテーション

    、入団1年目。開幕一軍を果たすが、当時の正二塁手水口栄二の壁は厚く3試合の出場にとどまる。2年目のは守備と犠牲バントを認められ116試合に出場。しかしオフに右肘靱帯再建手術を受け、翌1年はリハビリに費やす。復帰後も後遺症に悩まされ入団3年目、4年目の出場は一桁台にまで落ち一時期プロをあきらめかける。入団5年目から楽天へ移籍するまでの3年間は、再びポジション争いに参戦したが定位置確保とはならなかった。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た骨折

    、腰痛の影響で出遅れ開幕一軍ならず。4月4日の西武戦で一軍登録後、4試合連続でタイムリーを放つ。以後、2番セカンドとして定着、離脱者が増えた8月からは3番にも座った。最終的に、リーグトップの得点圏打率(.378)、二塁手部門守備率1位(.992)、出塁率5位(.373)などの好成績を残し、自身初の規定打席到達となった。オフには野村克也率いるイオン日米野球2006に出場した。6月10日の広島戦で小指を骨折。取材で「今でも指が完全に曲がらない」と語った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た神戸総合運動公園野球場

    初出場・初先発出場:1998年10月3日、対オリックス・ブルーウェーブ27回戦(グリーンスタジアム神戸)、9番・二塁手で先発出場高須洋介 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「高須洋介」のニューストピックワード