前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 人権蹂躙

    人権蹂躙から見た高齢者虐待高齢者虐待

    さらに、20世紀末から21世紀にかけての日本では、従来「法は家庭に入らず」の法格言の下であまり干渉されなかった家庭内における虐待等が法律によって規制されるようになりつつある。具体的には、DV防止法(2001年)、高齢者虐待防止法(2006年)などが新たに制定されている。このような法律が近時次々と制定されていることは、ドメスティックバイオレンスや高齢者虐待など家庭内における弱者の虐待をも、「法的意味での人権侵害」と日本社会が捉えるようになってきた現われであるともいえる。人権蹂躙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本高齢者虐待防止学会

    日本高齢者虐待防止学会から見た高齢者虐待高齢者虐待

    日本高齢者虐待防止学会(にほんこうれいしゃぎゃくたいぼうしがっかい、英名 Japan Academy for Prevention of Elder Abuse)は、高齢者虐待防止法の成立を主な目標として活動を展開してきた団体で、高齢者虐待防止に関する学術的及び実践的活動の研究・教育の発展を図るため2003年に設立された学会。日本高齢者虐待防止学会 フレッシュアイペディアより)

  • 経済的虐待

    経済的虐待から見た高齢者虐待高齢者虐待

    高齢者虐待防止法では、養護者による高齢者虐待に当たるものとして、次の定めがある。経済的虐待 フレッシュアイペディアより)

  • ベニー・ヒル・ショー

    ベニー・ヒル・ショーから見た高齢者虐待高齢者虐待

    主演はイギリスのコメディアン、ベニー・ヒル。低速度撮影が特徴で、ヒルズ・エンジェルズ (Hill's Angels) と呼ばれる美女たちを使っての下ネタや、老人虐待ネタなどが目玉だった。特に、チャーリー・チャップリンに捧げたエピソード「ルーマニアより薔薇を君に」 (TV Romania Te Rose) は当時注目された。ベニー・ヒル・ショー フレッシュアイペディアより)

  • あした順子・ひろし

    あした順子・ひろしから見た高齢者虐待高齢者虐待

    順子「男は〜あなたひろしぃ〜♪」ひろし「女は〜君さじゅんこぉ〜♪」2人「切なさが胸に来る♪…」と、武田鉄矢・芦川よしみの『男と女のはしご酒』をジルバのステップで歌い踊りながら良いムードになり、調子づいて迫らんとするひろしを、順子が「気持ちが悪いよ〜!」と叫んで突き飛ばす。ひろしの「女は君さ順子♪」は、歌をしっかり覚えていないせいか「男はあなたひろし♪」と同じメロディで歌っているのが特徴。「おじいちゃん、おしっこに行きましょうね」と両手を繋いだ後、「やだー!」と叫んで張り倒す介護ネタもあったが、老人虐待のクレームからか最近は余り見せない。あした順子・ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 家庭内暴力

    家庭内暴力から見た高齢者虐待高齢者虐待

    家庭内で起こるものとして、配偶者から暴力(夫から妻へ・妻から夫へ)のほか、親から子へ(児童虐待)、子から親へ、長子から下の子へ(兄弟姉妹間の虐待)、孫から祖父母へ(高齢者虐待)といった、さまざまなパターンがある。家族内という閉じた人間関係の中で行われるので外部からは見えにくく、まして犯罪として発覚はしにくいことが多い。家庭内暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 任侠ヘルパー

    任侠ヘルパーから見た高齢者虐待高齢者虐待

    内容はヤクザが研修のために介護施設でヘルパーとして仕事をするという非現実的な設定ながらも、いじめや高齢者虐待、家族の絆などを含む社会問題・教育問題・介護問題を取り入れたシリアスな展開を見せている。また、ヤクザが抱くヤクザへの嫌悪感や介護される側の葛藤、恋愛感情を表に出さない主人公など理想で流れない展開が特徴であり、根底には“お年寄りを騙して稼ぐ今時の極道がお年寄りの世話をして稼ぎ、古き任侠道を取り戻す”という風刺要素もある。任侠ヘルパー フレッシュアイペディアより)

  • 配偶者

    配偶者から見た高齢者虐待高齢者虐待

    1992年以後は、社会的なストレスや単身赴任やリストラから処々の理由で、心身的問題から派生して家庭の中でのドメスティックバイオレンス(DV)が、児童虐待、高齢者虐待などと並び、家庭の抱える深刻な問題の1つとなっている。セックスレス夫婦といった問題も取りざたされる。配偶者 フレッシュアイペディアより)

  • 高齢者

    高齢者から見た高齢者虐待高齢者虐待

    過度の社会保障受益や認知機能や身体機能が低下し、認知症・寝たきりなど疾病に掛かり易い高齢者に対する介護の疲れや社会的負担から、高齢者に対する嫌悪や高齢者虐待 (Ageism) が増えてきた。これを受けて、「年をとった、年寄り、高齢の」といった年齢を強調した表現を避け、「より経験豊かな、先任の」といった価値中立な表現を工夫して用いるような傾向が出てきている。たとえばoldではなく、senior (シニア)、elderly、aged、後期高齢者医療制度の名称や高齢ドライバー標識の意匠変更など。高齢者 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た高齢者虐待高齢者虐待

    現代の一般家庭の一部においても暴力がおこなわれていることがあり「家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)」とよばれている。その中でも配偶者による暴力は「配偶者による暴力」と呼ばれることがある(→配偶者、夫、妻)。児童を虐待することは「児童虐待」とよばれている(→ 親など)。逆に年配の人を虐待することは「高齢者虐待」とよばれている(→ 子など)。暴力 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「高齢者虐待」のニューストピックワード